クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉めぐりスタンプラリーポタ最終章【その4:感動(?)のフィナーレ編】
とうとう大晦日ですね。

相方が年末の休みに入って4日目にして、昨日ようやく自転車に乗ることができましたが、
結局、ポタメシ食って、ブルーレイディスクを買って来ただけの
短距離ポタで済ませて帰ってきてしまいました。

あまり年末の実感はなかったのですが、
30日にもなるとお正月準備が街のいたるところで進んでいて、
年末気分を掻き立てられますね。

そして明日からは元旦早々はた迷惑にもうちの両親が旅行に行くために、
しょう油の街にてお留守番をしなければならないのですが、
寸前になって正月番組用のビデオのHDDが空いていない事に気づき、
大晦日になってバタバタと懸命に保存するものはディスクに移し、
ディスクに保存するまでもないものは、速攻で見て消去しております。

空けなければならない時間はあと数時間、今年も終了まであと数時間・・・
今もお笑い番組を見ながらブログを書いてますが、がんばります。

つうか暮れも押し迫って今更なにやっとんのん。自分達。

と、いろいろ押し迫っている時になんですが、
図らずも(無駄に)長々とかかってしまっている「紅葉スタンプラリーポタ(最終章)」は、
今年のうちに清算しておこうと思います。

ちなみにその1は→こちら、その2は→こちら、その3は→こちらになります。

*************************************************

しもふり君改めしーちゃん(つーか初めからそっちの名前だろ)とそして「霜降銀座商店街」と別れを告げ、
天候不良や諸事情が重なり、思いの外長期に渡り行う羽目になった、
都立庭園スタンプラリーの最終地「六義園」に向かいました。

最寄駅は同じ駒込駅なので六義園は霜降銀座商店街から近い場所にあり、
自転車を漕ぎ始めて興が乗る間もなく程なくして到着、時刻はちょうど18時になったところで、
日はとっぷり暮れ六義園はライトアップ時間真っ盛りでした。

六義園

わが家はナイトライド気質なので、なんの意図もなく必然的にこのライトアップ時間になっちまったのですが、
この庭園ライトアップは意外に人気があるのか、夜だというのに入園する人も多く賑わってました。
庭園ライトアップ期間は11月27日から行っていたようですが、

六義園

この日12月12日は最終日(13日)の一日前だったので、そのせいもあって人がいたのかも。

先程、旧古河庭園と六義園2庭園分のチケット同時購入で
地味に50円程安くなるという“園結び”チケットを旧古河庭園で購入し、
400円を先払いしていますので、入園チケットの引き換え券というハガキをチケット売り場に出し、
このように印鑑を貰って六義園のチケットを貰います。

六義園

チケットと同時にこの引き換え券代わりのハガキはこのまま頂けるようですので、
心から欲しいかどうかは別として、お得好きの相方としては50円引きになるだけではなく、
ハガキを「貰える」という事実も彼のお得心を刺激するようです。

何せ必要無用に関わらず無料製品を貰わずにはいられないのが、お得好きってもんらしいので・・・(--;)

そして入口付近に早速置いてあるスタンプ台でスタンプを押印、

スタンプ台

よく見るとこのスタンプ台には「都立庭園カレンダー」の見本がありました。
他の庭園には見本はなかったのですが、もし見本を見る機会があったら・・・こんなに必死にならなかったかも。

スタンプラリー

ついに苦節(って程苦労はしてないけど、そう言えば)3週間、
やっと5つのスタンプを集め都立庭園スタンプラリーポタフィニッシュです。

長かった。最初はこんなのちょろく終わるだろうと思っていただけに、なんか余計に長く感じました。

早速、5つスタンプが押されたこの台紙を再びチケット売り場に行き渡すと、

台紙

このように確認印を押してくれ、ケチられたり勿体つけられたりする事なく、
あっさりと景品(?)である非売品の都立庭園カレンダーを頂きました。
ちなみにこの血と汗と涙のスタンプ台紙も戻ってきます。

カレンダー

これが各1,000円の都立庭園入園料という実質的な経費と、
プライスレスの汗と涙と労力を引き換えに頂いたカレンダーだと思うと、いろんな意味で感慨深いです。

でも考えてみれば、2冊もいらねーーーっ。

そして何度考えてもやっぱり2冊もいらねーーっ。

一緒に回った人間が家族であろうとなかろうと、台紙1枚につききっちり一冊頂ける仕組みなので、
2枚の台紙を提出した以上、もれなく2冊もらえちゃうのですが、
現物は想像より存外デカかったので、狭いマンション内で飾るとことかないし。

(勝手に)卓上サイズだと思っていたので、相方の会社の机に飾ればいいと思ってましたが・・・

それに中の写真は各庭園を旬の時期の各庭園を写していて綺麗と言えば綺麗なのですが、
予算の都合上か使われている紙がツルツルではなく、
よく新春特大号の雑誌についているようなザラザラした紙のカレンダーで、
その辺付録感が否めないところが、がっかりポイントです。

いや、タダで頂いておいて言いたい事を言いまくるのはなんですが・・・(--;)

しかしスタンプラリーは感動のフィニッシュを迎え、気持ちは入口付近で最高潮になり、
そこまででまあ目的は果たしましたので、私的にはその後はどうでもいいような気分だったのですが、
わが家にお得監査員の相方さんがいる限り、もちろん入園料を払ったからには、
きっちり回収するのがわが家に(私含む)課せられた当然の義務です。

必然の流れで庭園をひと回りする事にしました。

ここ六義園という庭園は元々徳川五代目将軍綱吉の側用人柳沢吉保が開園させ、
その後、紆余曲折あり明治期に三菱財閥の創始者、岩崎弥太郎氏が購入した庭園らしいです。

柳沢吉保と言えば水戸黄門等の番組で、将軍様の寵愛をいい事に調子に乗りまくり、
よく黄門様から「おのれ~柳沢吉保め~」みたいな恨み言を言われているイメージがありますが、
実際はどうなんでしょう。

庭園は当時の原型をどの程度とどめているかどうかはわかりませんが、
一時の権勢を欲しいままにした柳沢さんが作り、
その後、あの三菱財閥の岩崎氏が所有しただけあって規模は広いです。

庭園内はデカイ池を中心にお庭があったり茶屋があったりとところどころが交差して、
ライトアップ中とは言いましても、あくまでライトアップされているのは紅葉等の木々なので、
庭園内は全体的に薄暗く、歩いていても何が何やらどこがどこやらです。

六義園

ようわからんながらも、ここは人の流れに逆らわず庭園内を巡ろうと、
ひとさまの後ろをさりげなくついて行きました。

途中、どういうテーマなのかは不明ながら青い光が波のように流れてくる
美しい光の演出的なものもありましたが、

六義園

IMG_1160_R.jpg

他の場所は大抵見所と思われる木にぼんやりとライトが当たっているだけなので、
写真は何十枚も取りましたが、こんな有様でしか撮れませんでした。

六義園

六義園

軽食などが飲み食いできる茶屋があり、

六義園

しかしこれから飲み食いする予定があるので、後ろ髪引かれる思いでも寄りませんでしたが、
そこに庭園の土産品としては不自然な小岩井農場クッキー」が販売されているのを発見。

その不自然に売られているクッキーを見て、スタンプラリーポタ2箇所目で行った清澄庭園の
記憶と疑問よみがえってきました。 

小岩井農場クッキーと言えば、そう言えば清澄庭園の即興喫茶店で食したクッキーなのですが、
クッキーセットもケーキセットも一律500円というアバウトなお値段設定ゆえに、
相対的に考えると割高感が否めないクッキーでした。

その不可解な割高感はさておき、清澄庭園で「なぜ岩手県の小岩井農場?」とうっすら疑問に思ったのですが、
その謎がまさか数週間をはさみ六義園で解けることになるとは!

販売の謳い文句を見ると“岩崎弥太郎氏ゆかりのクッキー”とあります。

元々小岩井農場は共同創始者の頭文字を取って命名されたそうで、
創始者の一人で“岩”の部分が弥太郎氏の弟の岩崎彌之助氏になるそうです。

つうかそれこそ地名じゃなかったのか?小岩井。(゚∇゚ ;)

しかしそう言えば清澄庭園もばっちり買い取ってました。岩崎弥太郎氏。

そしてそのコネ繋がりでか!小岩井農場クッキー。

しかし六義園、清澄庭園と立派な庭園を手中に収めるなんて、
(しかも清澄庭園は社員の福利厚生的なもので買い取ってなかったけ?)
岩崎弥太郎氏は半端ないお金持ちだったんでしょうね。今で言えば日本のビルゲイツって感じ?

思いがけずそんな積年の(?)謎が解けつつも、広い六義園を回っていたのですが、
日があるうちなら違うでしょうが、ぼんやりとライトが当たっている景色は、
どこを歩いても似た様なものでして、特に“こらえ性”という性分を
母のお腹にうっかり置き忘れてきた私は密かに、速攻de飽きる。

それでもすぐに出るのは、せっかくだから病の相方に気の毒だと思い、
しばらくおとなしく付き合っていましたが、相方がしっかりきっちり1周回り切る気だと悟ると、
「冗談じゃねぇ、付き合いきれねぇ。」と思い、言葉巧みに相方を誘導して、
なんとか途中からショートカットに成功しました。

途中で騙されたと気づいた相方はちょっとブツブツ文句を吐いてましたが、
まあ、後の祭りといいますか、出口まで来ちまえばこっちのもんだといいますか・・・

それでも1時間近く薄ぼんやりとした庭園にいたんだから、
私としても精一杯耐えたと理解してくれ。

その後、庭園を出てついに念願の「カレーポタ第一弾」です。
この冬の(食の)ポタテーマと決めていながら、充分真冬の12月半ばになっても、
第一弾すら開催されずにずるずると来ておりました。

が、

この日ようやく第一弾を実行する運びとなりました。
記念すべき2009シーズン冬季カレーポタ第一弾のお店は、
駒込駅から程近い焼きたてナンと本格カレーのお店「shanti」(北店)

六義園

北店というからには他にも店舗があり、後から調べると本店は更に六義園の近くにあるようですが、
相方チョイスでなぜか北店に行きました。

北店は(って他のお店は行ったことがないんですが)一階はオープンキッチンと客席が2席程度、
二階は3~4席程度の小さなお店でしたが、
この日は休日のせいか、それとも支店だからなのかあまりお客さんが入っておらず・・・

入る時はちょっとびびりましたが、何がなんでもカレーポタを決行しようと決めていたので、
店内に入りカレーセットを注文、私も相方もカレーとタンドリーチキンとシークカバブがセットになっている
お得な「タンドリーグリルセット」にし、片方は100円増しでチーズナンにしました。

カレーは昼のランチセットとディナーとでは、値段が雲泥の差というお店もありますが、
ここは昼と夜でさほど価格に差がないところがいい感じです。

ただ夜は飲みものは付いていないので、相方はインド料理の定番「マンゴーラッシー」を
私はこれまた定番の「チャイ」を別途注文。

マンゴーラッシー

チャイ

こちら「タンドリーグリルセット」(980円)です。

カレー

このセットのラインナップでこのお値段はなかなかお安い。

カレーは選べるので、保守的な私は迷った場合大抵それを選ぶという“チキンカレー”
際物好きの相方は“ほうれん草とエビのカレー”をチョイスしましたが、
ほうれん草とエビのカレーは変わったスパイスが入った特徴のある味でした。
保守舌の私はチキンカレーの方が美味しかったですが、
せっかくだから舌の相方はほうれん草の方が気に入ったようです。

どーんと来た焼き立てナンも美味しいですが、
中にチーズの入ったチーズナンもボリュームがあってチーズとろとろで美味しいです。

チーズナン
 
これだけ食べても十分1品として通じる旨さなので、ガツガツ食べちゃいました。

しかし最近はチョコナンとかも出ていますが、ナンはかなり可能性を感じる食品ですね。
餡とかカスタードクリームとか入れても美味しそうですし、
ジャムや蜂蜜を塗っても美味しそう。
勇気を持って味噌汁に入れても美味いかも。(パイオニアになる気にはなれんが・・・)

このお店はオープンキッチンなのでインド料理の作り方が見ることができましたが、
このシークカバブ(おそらく別名シシカバブ)は、

IMG_1256_R.jpg

相方に言わせるときりたんぽのように中央に穴が開いているのが常々不思議だったそうですが、
鉄の棒にひき肉を巻きつけて焼いているんですね。
相方はそれを見てやたら感動していました。

私は今までの人生で中でシークカバブの穴の事は考えた事もなかったのですが、
きりたんぽのように穴が空いているのが疑問だったというのなら、
シークカバブもきりたんぽと同じような工程で作成されていると思わなかったのだろうか?

私的にはそっちの方が疑問です。

カレーポタ第一弾は、まずは手堅く本格インド料理を食べ無事終了しましたが、
気づいた事はこの本格カレーを冬の間の毎食のポタメシにするのは存外辛いかも。

本格インド料理は私も相方も好きなのですが、
国民食がカレーとパスタとラーメンというようなふざけた食べ物カオスの島国に住んでいるので、
正直同じ系の味が続くと飽きるといいますか。

そこで更に気づいたのですが、幸いこの国にはカレーパスタやらカレーラーメンやらがあるので、
そちらの方にはこの冬は手を伸ばして、カレーポタを展開して行こうと思っています。

ところでこの必然的に2冊GETしてしまった「都立庭園カレンダー」(非売品)ですが、
私は正直そうは思わなかったのですが、相方が強気で言うには、

「欲しい人がいるに違いない!」

と根拠もなく強く主張していたので、さりげなくも消極的に募集させてもらいましたが、
予想通りどなたも欲しい方がいらっしゃらないまま、とうとう年明けとなってしまいました。

私は「普通いらんだろうなぁ。」と思いましたが、
相方的には少々ショックだったらしく・・・

2冊の庭園カレンダーと共に新年を迎えようと思います。

それでは恐らく今年最後のブログ更新となりますが、
今年はこんな拙いブログへの訪問ありがとうございました。

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。m(__)m

わが家は今年こそは「初日の出ポタ」にチャレンジしようと性懲りもなく思っていますが、
恐らく寒さと眠気の前に挫折するんだろうなぁ。^^;

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事

この記事に対するコメント
カレンダーください♪
くろばいさん Bさん こんばんわ

 今年はお会いできませんでしたが、ブログは毎日楽しませていただきました。庭園カレンダー、まだ希望者がいなければ是非ください。
 今年(というかまだ来年)のカレンダー、わが家的には不作で困っていたところでした。うちの相方は金融機関勤務なので、例年は業者献上のカレンダーに事欠かなかったのですが、どうやらこの不況は献上カレンダーにも波及しているらしく、ろくなのがありません。
 とくに、一枚で1月~12月を無理やり入れて、紙代をはしょったものとか、写真の使用料をケチったのか下手な画家(としか思えん)の絵でごまかしていたり(本当はワタシの審美眼に問題があるのかもしれませんが)。とくに、12月分をぜんぶ一枚で処理したのは、書き込みとかできんのですね。
 受け渡しはメールをください。たぶん、都心に出る途中だと思いますので。よろしくお願いしますv-283
【2009/12/31 16:57】 URL | 横山 #- [ 編集]


わたしもよく六義園にいきますが、全景を見るには昼間の方がよろしいようです。ライトアップは見せたいポイントのみ強調していますが、この庭園は全体のバランスが良いと聞きます。カレンダーの件は、ご両親の家に掛けるというのも一手ですね。
【2009/12/31 19:33】 URL | kincyan #sSHoJftA [ 編集]

初日の出
こんばんは!
初日の出は6時50分ころだから、夜更かしついでにこのまま起きていて出かけちゃえばいいのでは?

江ノ島は6時51分だから、我が家からは6時ちょっと過ぎに出れば間に合いそうです
富士山も綺麗に見えるといいな♪

良いお年をお迎えください
【2009/12/31 21:21】 URL | 美パパ #nIKzdV/. [ 編集]

横山さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

横山さんとお会いしのは、もう去年の話なんですね。
それを思うと1年は本当に早いです。

庭園カレンダー貰っていただけますか!
ありがとうございます。
もちろんどなたも応募がないのでご安心(?)ください。

しかし最近の不況はカレンダー事情にまできてるんですね。
…とは言え、正直に言わせていただくとこの庭園カレンダーも
あまり高価そうなカレンダーではないのですが、よろしいでしょうか?^^;
一応、一枚で1ヶ月というのと、予定が書き込めるスペースがあるとのは
クリアしてますので、よろしかったら貰ってやってください。

受け渡し方法については、メールを送らせていただきます。
【2009/12/31 21:57】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

kincyanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ライトアップは木々を痛めるといけないのか、
やっぱり控えめでして、青い波のライトアップ以外、
どこも同じ景色に見えたといいますか・・・^^;
昼間の庭園の方が性にあっているようです。
ナイトライダーですけど・・・。(汗)

カレンダーの件は横山さんに貰っていただけそうです。
ちょっと積極的にアピールをしてみてよかったです。(笑)
【2009/12/31 22:03】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

美パパさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

家にいると絶対寝てしまうので、このまま除夜の鐘を聞きに行き、
家に戻り一時休息、その後初日の出を見に行こうという作戦を計画しました。
問題は除夜の鐘を聞いて戻ってきて、初日の出を見に行く
根性が残っているかどうかです。^^;

江ノ島からの初日の出キレイでしょうね。
キレイな日の出が見えるといいですね。

美パパさんもよいお年を!
【2009/12/31 22:08】 URL | くろばい #vPV7jKPQ [ 編集]

今年はありがとうございました。
こんばんわ。
ころばいさんのおうちは、すごくフットワークが良く行動的ですね。
大晦日でも、しっかりポタって、食べ歩き、お得を実践してますね。
うらやましいです。
うちは、ワンコの散歩以外は、ゴロゴロの一日でした。
明日晴れていたら、うれしいですね。
今年は、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
【2010/01/01 01:31】 URL | shue #UPQ2hALk [ 編集]

あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

小岩井牧場・・・小岩井って地名だと思っていたのですが、設立者の頭文字からできているんですね~
 カレーポタリング・・今年もがんばってくださいね!
 私も日本風のカレーも好きですが、インドの漢方薬みたいな香りがする個性的なカレーも大好きなんです。
 最近、在日インド人の数が増えてきているので、インド料理屋さんが大阪ではとても増殖しています。

 ナンって、パンの一種なので、デザート風にしたものや、総菜パン風にしたも;・・・いろいろヴァリエーションがあるんですよね~

それでは今年も更新頑張ってくださいね☆ポチ
【2010/01/01 07:29】 URL | たーちゃん #mQop/nM. [ 編集]

shueさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

いえ、うちはぜんぜんフットワークが良くないんですよ。^^;
お互いヘタレなので、「行きたい」という気持ちは持っていても
実行できない事が多くてお恥ずかしいです。
あっ、でも食べ歩きに関してはフットワークが軽いかもしれませんね。(笑)

うちもお正月明けはダラダラムードで本日は寝正月でした。

こちらこそ昨年はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。m(__)m

【2010/01/02 22:24】 URL | くろばい #- [ 編集]

たーちゃんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

あけましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

私も小岩井農場はずっと地名だと思ってたのすが、
違うという事で驚きました。

>  カレーポタリング・・今年もがんばってくださいね!

ありがとうございます。
今年の冬はインド風からカレー蕎麦まで手を変え品を変え
カレーポタにいそしもうと思っています。

最近ビジネスの交流が盛んになってきた為か、
在日インド人の方も多くいらっしゃいますよね。
東京でもかなりいらっしゃるようです。
ナンというのはそんなにすでに種類があるんですね。
私はチョコナンとチーズナン、あとは惣菜のナン的なものは食べてことがありますが、
デザート風にしたナンはまだ経験がありません。
あの味はなんにでも合いそうなので(ナンだけに)
カレーポタで新しいナンの味に出会えるのも楽しみです。

ポチありがとうございました。
【2010/01/02 22:50】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。