Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自転車グッズ

NASAなOUTLAST GLOVE

8
わが家的にはこの数週間いろいろありましたのは、度々書いておりますが、
今週の火曜日から平常シフトに戻ったのですが、
戻った途端、祭りが終わった気分に陥ったというか、燃え尽き症候群になっちまったというか、
なんだか思考が回らず、やる気も起きず精神的に脱力しております。

昨日は急に温くもなったし、フライングで5月病だろうか?←こんなことだけ先取りか?

先日のポタの時にニューアイテムとして中国耳あてを紹介しましたが、
そのあまりにも意外だった優秀さの陰に隠れて、
もうひとつのニューアイテムを導入したのを忘れておりました。

その自転車ニューアイテムとは、こちらカラー軍手・・・に見えるかもしれませんが、
「OUTLAST GLOVE」というたいそうな名前の付いた手袋です。

OUTLAST GLOVE

ンな事言ったってカラー軍手にしか見えねー。

とお思いかも知れませんが、ご安心下さい。私も思いました。

が、

999円という、単なるカラー軍手とは一線を画す高価格からいっても、
もちろんこいつは只者ではございません。

このOUTLASTとは、あの米国NASAの為に開発された温度調節素材。

OUTLAST GLOVE

この一見、普通のカラー軍手にしか見えない布にどんなスゲー原理があるのか不明ですが、
皮膚の表面温度を維持して快適な温度帯が得られる画期的な温度調節素材・・・だそうです。

使われている素材として記載されているのもアクリル・ポリエステル・ナイロン・毛・ポリウレタンと、
極めて普通の地球上の素材なんですが、その配合に温度調節の秘密があるのだろうか?

つまり暑い時は吸熱、寒い時は放熱してくれるそうですが、
暑いも寒いもそれぞれの感覚だと思いますが、どうやってその人にとっての“暑い寒い”の機微を
たかが布切れが(失敬)がわかってくれるというのでしょう?
頭の悪い私にはその辺はどうも解せません。 

権威に弱い私は、このNASAが開発とか(よく見るとNASAの為に開発であってNASA開発ではない)
にも弱いので、様々な謎をもものともしないでついお買い上げしてしまいました。

うーん。つけてみてもやっぱりカラー軍手にしか見えん。

OUTLAST GLOVE

そして先日のポタはナイトライド必至だったので、このカラー軍手・・・じゃなくて、
OUTLAST GLOVEを初使用してみる事にしたのですが、
テーブルの上に置いておいたOUTLAST GLOVEを手にとって相方が、

「なんかNASAとか書かれると一気に胡散臭くなるよね。」

って、そ・こ・が私のお買い上げポイトなんだよ。

私のお買い上げポイントを胡散臭いとかいうなーーーーっ!・゚・(ノД`;)・゚・

そしてこれまた先日購入した自転車用のこちらのグローブ、

グローブ

母のママチャリを借りて初使用した時は、まだギリギリ昼間だった事もあり、
どれぐらい保温性があるのか測りかねていたのですが、
カレーポタな月曜日に夕方から使用してみると、すでにその時点で一枚では指先が冷える事が判明、
帰り道はこのOUTLAST GLOVEをインナーとして使う事にしました。

グローブを購入する時にあまり大きめなものを購入しなかったので、
2重手袋ができるのか心配でしたが、そこはいささかむりくり押し込みまして、
ぴっちりもっさり感があるものの、なんとか2重手袋にする事には成功。

体感的には不快ですが、初使用には都合のいい事に、
1月のナイトライドは刺すような寒さです。

さあ、NASA(の為)の力を見せつけて一気に放熱するんだ!!

と思ったものの、やっぱりなんか指先がちょっと冷たいような・・・(゚∇゚ ;)

これだけ寒いと、たぶん普通のカラー軍手を二重にしても指先は冷たいと思うのですが、
普通のカラー軍手と同じでは、あんまNASAの意味が・・・

この時は2重にしてしまったので、つい“暑い”と勘違いして吸熱しちゃったんでしょうか?
何せ判断するのが所詮布だし、間違いも多かろう。

短距離しか乗らなかったので放熱する暇がなかったのかも。

もう少し距離を走れば、そのNASAな真価を発揮してくれると信じています。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事
自転車サイクリングポタリンググローブ

- 8 Comments

There are no comments yet.

とし  

2010-01-21 23:26

わかりますNASA(笑)
自分もキャノンデールの高級アルミはNASAボーイングでしか使用されていないと言われうっかり購入してしまいました(笑)

EDIT  REPLY    
くろばいさん、こんばんは!

片山R  

2010-01-21 23:37

くろばいBさんではありませんが・・・私も胡散臭く感じました。(爆)
凄いぞ凄いぞと宣伝している割りには大した事がなかった・・・
なんてな経験はゴマンとしているので、チョイと猜疑心が強くなっているかも?です。(苦笑)

次回はじっくりと試されて・・・改めてのリポートを期待しておりますです、ハイ♪(笑)

EDIT  REPLY    
おはようございます

ひろじ~  

2010-01-22 06:57

「NASAの為に開発された・・・」、もしかしたらものすごい秘めた性能があるのかもしれませんね~

それとも・・・

爪を隠したままで終わってしまう鷹か・・・

この手袋の秘めた性能を期待して、次のレポをお待ちします~

EDIT  REPLY    
NASAなグローブ

shue  

2010-01-22 10:55

そのグローブ、ちょっと気になりましたが、やはりすっげーってほどでは無いんですね。
僕は先日ワークマンで、冬季作業用グローブなるものを買ってきました。
長野県のワークマンで扱っている所を見ると、かなり防寒効果が優れていると読み購入しました。
作業用なだけあって、平の部分は滑らない加工になっていて、甲の部分は風が通らない
仕組みになっていて、具合がよさそうだなと思い・・・・
使用感は、滑らなくて具合がいいのですが、やはり軽井沢の空の下では惨敗でした。
ものの5分で手の感覚はゼロ!
やはり春を待つのが一番ですね。

EDIT  REPLY    
としさん、こんにちは

くろばい  

2010-01-22 23:41

コメントありがとうございます。

NASAって聞くとなんか惹かれてしまいますよね。
NASAとボーイングってこれまた安全で最先端、
買っておいて間違いないイメージなのでたまらんですね。

EDIT  REPLY    
片山Rさん、こんにちは

くろばい  

2010-01-22 23:44

コメントありがとうございます。

片山Rさんも相方と同じで胡散臭い派(?)なんですね。
確かにNASAとか○○賞と聞くとかなーり期待度は高くなりますので、
期待通りじゃなかった時のがっかり度は高くなるかも。
今回の短時間ポタでは“温度調整”までにいたる時間がなかったかもしれないので、
もう少し長距離に行った時に真価を発揮してくれるものと思います。(たぶん)

EDIT  REPLY    
ひろじ~さん、こんにちは

くろばい  

2010-01-22 23:48

コメントありがとうございます。

温度調整をしてくれる素材なんてさすがNASAな感じですが、
今のところまだ1度短距離で試しただけなので、爪を隠されているようです。
長く距離を走った時にこそ温度調整を作動してくれるものと思いますので、
次の長距離ポタの時は期待したいと思います。

EDIT  REPLY    
shueさん、こんにちは

くろばい  

2010-01-23 00:14

コメントありがとうございます。

前回使った時は短時間だったので、まだ温度調整の真価は
発揮していないと思いますが、短時間の時には普通の軍手と変わりないような・・・
次に期待します。

作業用のグローブってかなり防寒性がありそうですが、
それでも寒い時には役に立たないんですね。
ホント手袋もマフラーも不要な春に早くなって欲しいですね。

EDIT  REPLY    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。