クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芝ざくらドライブin栃木【後編】
1時間程の渋滞を経て愛犬と共に目的地「芝ざくら公園」に到着。

最近(グルメ的やせっかくだから的理由により)並ぶのは慣れてきたので、
1時間程度の並びなら特に苦痛ではなかったです。

芝ざくら公園の芝桜は徐々に坂になる(してある?)場所に
規則正しくどとっと植えてあるのですが、
予想通り芝桜以外の目ぼしい観光的ブツはほとんどなく・・・

強いて言えば、芝桜の丘の隣にある湖の畔に
季節がら鯉のぼりの軍団を泳がせている位。

湖

余計なお世話ですが、芝ざくらオフシーズンのこの公園の状況は
どんなんなっちゃってるのか、予想ができるだけに心配です。

ところで今まで芝ざくらの開花シーズンを意識したことがなく、
芝桜という花は存外長期間に渡って咲いているものだと(根拠なく)思っていましたが、
実は満開時期は意外と短く、芝ざくら祭り期間は約1ヶ月程あるものの、
満開時期は約2週間程度のようでした。

道の駅で貰った資料によると、この日は芝桜素人目には一見綺麗に咲いているようでしたが、
若干満開時期は過ぎ、葉が目立ち始めているという項目に当てはまるようです。

とは言え、私共はこの状況しか知らんし、元々芝っぽい植物だと思っていたので、
特にイマイチ度もなく、ジュータンのように綺麗に咲いているように見えました。

芝ざくら横

そんなピンポイントにこの時期だけ賑わうと思われるこの公園ですが、
繁盛期だけなのか、それとも過疎期ももれなく営業しているのか、
農産物の特売所やお食事処、出店等が出ていて(この日は)大変賑わっていました。

売店

さて、芝桜を見るには緩やかとは言え、丘を登ったり降りたしなければならんのですが、
わが家には性格の都合で文字通り下には置けない、
自称お姫様犬(客観的にはチンピラ犬)の愛犬を担がなければならんのです。

最近はペットOKのホームセンター等もあり、
愛犬を店内まで連れて行く事も多いのですが、
お店が用意してくれているペット専用カートに乗せると、
比較的行動が自由になり、人に吠える、他のワンちゃんに因縁をつけ喧嘩を売る等の
「どこのチンピラだよ?」的な迷惑行為をしでかすので、
大勢の人やワンちゃんがいる場所では必ず拘束、抱っこするようにしています。

抱っこしているとなぜか大人しくなるのでいいのですが、
うちの愛犬は5kgもあるので人間の方は結構辛い。

人間工学における飼い主の体への負担などをさらりと無視して、
愛犬自身が持つ抱かれ方の美学を優先する為に(つまり自分が楽な抱っこのされ方)、
愛犬を長時間抱いているとヘンなところに力がかかり、どっと疲れます。

先日、思いの外買い物が長期化し、結果長時間抱っこし通した時は、
3日間ぐらい腕と肩の痛みが取れませんでした。

そんなこんなで体も心も懲り懲りしていたので、
購入した秘密兵器がこちら。

袋の愛犬

「犬専用抱っこ紐」

抱っこ・・・というよりも、似てないカンガルー親子のようなマヌケな絵面になっていますが、
本人も抱っこと同じような感じらしくこの袋の中にinしておくと大人しいし、
人間の方が肩にちょっと負担がきますが、腕に体重がかからないので、
長時間抱っこする時には素手よりは楽です。

どうあっても5kgの塊には違いないので、重いことは重いですけどね。^^;

今回は相方がカンガルー化し、愛犬を担いで芝桜ゾーンを見て回ったのですが、
縦に長いこの芝桜ゾーンを一度に見渡す事ができる見晴台があったので、
こちらへ上ってみました。

見晴台

上から一望した芝桜の景色はこんな感じ、

芝ざくら上

そして丘を下まで下って下から見上げるようにして見るとこんな感じです。

芝ざくら下

芝桜というと個人的には濃いピンクという印象がありますが、
濃いピンクの中に白や薄ピンクの芝桜などが配色されていて綺麗です。

小さい花というイメージもあったのですが、
花も大きさも小さいものから大きいものまであるようで、
大きなものは結構しっかりとした花でした。

芝ざくら

美しく植えてはありますが規模的には写真1枚に収まる程度なので、
見学はあっという間に終了。

花の後は、当然団子的なものがくるべきでしょう。

と言う訳で、この後、栃木グルメが控えており、賑わう売店に背を向けて帰ろうと思いましたが、
やっぱりここまで来て何も腹に入れずに帰るのは、わが家のせっかくだから精神に反する行為なので、
カロリーが少ない「味噌おでん」を食べていく事にしました。

味噌おでん

ここの味噌おでんは2本で100円。

デフレ味噌おでんではありますが、特に何の変哲もない普通の味噌おでんに見えます。

実際、おでんも味噌も普通の味噌おでんなのですが、
しかし一見普通に見えても食べ物というのは、各都道府県により微妙な違いがあるもので、
この味噌おでんを購入した時に我が耳を疑うような質問をされました。

「きな粉はかけますか?」

え?何に??(゚∇゚ ;)


この質問は、こんにゃくに味噌をかけた状況でされたのですが、
どうやらこの地方では味噌おでんにはきな粉をトッピングするようです。

しかしその独創性は他県の人間には受け入れられない事も多いらしく、
わざわざ注文時に確認している・・・らしい。

基本、食物においては昭和の頑固オヤジのように保守的な私は、

味噌おでんの味噌にきな粉ぉ??

と思い、即座に「ノーサンキュー」とお断り文句が喉まで出掛かりましたが、
後方から相方が送る“せっかくだからの怨念”をヒシヒシと感じました。

はっ!そうだ!∑(゚∇゚|||)

ここでうっかり断ると、食に対してもせっかくだから力で革新的相方に、

「なんで、きな粉かけてもらわなかったの?!」

と、きな粉を掛けてもらわなかった事をリーマンショッククラスの大損のように
言われる事は目に見えています。

そんな風に言われると、たかがきな粉で大変な大損をこいてしまったように
思えてきてしまうのが「せっかくだから」の恐ろしいところです。

危ない、危ない。

思い直して、ここはきな粉をトッピングしてもらう事にしました。

そして相方と一本ずつ食べたのですが、

きな粉は特になくてもいい!
別にあってもいいけど。

元々味噌おでんというのは、無味のこんにゃくを味噌の力のみで食べる食物だけあり、
味噌の味は濃く、パンチが効いています。

そこにあまり味のしないきな粉を少々トッピングしても、
味噌の味に完全に負けてしまって、ほとんどきな粉味が感じられません。

私はあってもなくてもいいものは、なくていい派なのですが、
お得好きの相方にとっては、何かが上に乗っているだけで得した気分になるらしく、

「きな粉はあった方がいいね。・・・栄養にもいいし。」

とご満悦。

栄養云々言っている部分は後付感ありありですが、
あってもなくてもいいものは、あった方が断然お得派の彼としては、
きな粉トッピングがお気に召したようです。

というこの地方でしかおそらくできない、不毛なきな粉の有り無し談義はさて置き・・・

世の中には備えあっても憂いがあるという事もあるようで、
「この時に味噌おでんだけでも食べておいてよかった~」と、
後々思うことになるのです。

味噌おでんを食べた後は、用は済んだとばかりに芝ざくら公園を後にし、
待望の栃木グルメです。

宇都宮から程近いこの場所に来たからには餃子を食べて帰るのが
“正しい宇都宮あるある”なのかもしれませんし、実際そうする事も多いのですが、
この時はちょっと浮気心が出まして、洋食系のお店に行く事にしました。

あらかじめ検索しておいたお店は益子付近にあり、
無事到着すれば、丁度、市貝町からの帰り道でいい感じのはずでしたが、

これが見つからない。

カーナビ・ナビ子に言わせると近くまで来ているのは確かなのですが、
何故か周りを見回してもお店が見当たりません。

あきらめ切れず、大回りして元に戻りもう一周同じ道をめぐりましたが、
やっぱり見つからず・・・

こういった残念な事は、知らない土地ではままある事、
こんな時に用意していて良かった第二候補(のグルメ処)

人間、気持ちの切り替えが大事なので、
第一候補はなかった事として、第二候補のお店に行ってみる事にしました。

第二候補のお店も益子にあるのですが、この日は益子はゴールデンウィーク陶器市を開催しており、
益子の陶器メインストリートは凄い混雑、アンラッキーな事に第二候補のお店は、
ナビ子によるとこの大混雑のメインストリート沿いにあるようで、
私達もなし崩し的に渋滞に巻き込まれました。

益子の陶器メインストリートは意外に道幅が狭く、
人が車道にも若干はみ出ている形で歩いていますので、
人の多さと車との渋滞に気をとられているうちに、
ナビ子が勝手に案内を終了。


「えっ?!今の道のどの辺にお店があったの??(゚∇゚ ;)」状態。

しかしもう一度、あの混雑の中に突撃する気にはなれず・・・
こんな時に用意していて良かった第三候補(のグルメ処)

今度のお店は益子から離れ、むしろ家の帰り道から少々遠ざかる方面ですが、
いいかげん腹も減ってきた事だし、贅沢は言っていられません。

そして走る事数キロ、さすがに第三のお店は見つかりました。

が、

今度のお店は入り組んだ住宅地にあり、かなりストレスのたまる経路だったのですが、
着いてみると夜の営業時間まで、あと約1時間もあります。

住宅地で1時間暇を潰すのもなんだし、実はちょっと入りにくいオーラのあるお店だし、
という事でこちらのお店も断念。

3箇所も続けざまに断念せざるを得ないなんて、
やはり近くまで来て宇都宮餃子を食べなかった故の、

餃子様の祟りじゃー!

と真剣に思いました。

私も相方も空腹でどうかしていたのです。(--;)

栃木のグルメなお店は4件調べてきたので、残すところはあと1件になります。

調べている時は、まさか4件目に手を出す事になると思わなかったんで、
実は4件目の検索の仕方はおざなり・・・

帰り道かどうかとか特に考えずに、ただ旨そうな店を候補に入れてきたので、
場所も把握していなかったのですが、お店の住所を見ると帰り道とは真反対の“宇都宮”でした。

やはり餃子様は餃子を食えとおっしゃっているに違いない。

今度のお店が見つからなかったら、何の迷いもなく素直に宇都宮で餃子を食べて帰ろうと、
半ば餃子を食べるつもり満々で宇都宮まで戻って来たのですが、
4軒目のお店は無事見つかりました。

餃子様は特に餃子を食えとはおっしゃってもいなかったようです。

餃子様の呪い(?)を潜り抜け4軒目にしてたどり着いたのは、
宇都宮の丘(つうか山?)の途中にある眺めのいいこ洒落たカフェ「AGカフェ」さん。

AGカフェ

到着した時は、芝ざくら公園を出てから2時間以上経過し、
すっかり夕食の時間になっておりました。

この努力と執念を他のところに注げば、もう少しまともな自転車ライフを
送れるような人間になれるんじゃ?と思わないでもない。

丁度、私達が着いたのは、夜の営業時間が始まる時刻だったですが、
評判のお店らしく、同時に数組のお客さんが入店。

私たちもいそいそと入店しましたが、お店の中はめちゃめちゃこ洒落ています。

AGカフェ店内

すぐ前が森なのでテラス席に座ればおそらくマイナスイオン度は最高、
私達はお店の中でしたが、窓越しから見える森だけでも十分癒されます。

料理は前菜、魚、メイン、デザート、コーヒーが付いたコース料理が
2,200円とかなりリーズナブル。

体重とダイエット的にはトゥーマッチとはわかっていても、
お得に負けて私も相方もうっかりコース料理を注文してしまいました。

まあ、お昼的なものはきな粉かけ味噌おでんしか食べてないしいいかなぁ。と。^^;

暫しご歓談後、前菜が到着。

お値段がお値段なのでアレなんだろうな。

と思っていましたが全然アレではなく、たっぷり4種盛、

前菜

筍などの季節物が使われた前菜は、味付けも好みで美味しかったです。
何のムースかは鈍感舌ゆえに不明でしたが、ガラスの器のムースもやけに美味でした。

しかし唯一の欠点は密かにボサノバなんて流れちゃってるオシャレなカフェなんで、
店内の照明もムーディーでどうにも薄暗い。

ご飯を食べるのは何の問題もないのですが、
写真を撮る時は「もっと光源を!」と思うのです。

魚料理は正式名は失念してしまいましたが「カジキマグロと野菜のグリル」(仮名)

魚

オシャレで高そうな小型の鍋で鍋ごとグリルされていますが、
これが野菜の美味しさが閉じ込められている感じで美味しかったです。

なんかこんな感じの料理だけで2,000円近く徴収されるお店があるような気が・・・

そしてメインは相方がハンバーグ、

ハンバーグ

私がプラス315円でウニのパスタにしました。

ウニパスタ

ハンバーグは小ぶりなんですが、肉がギュッと詰まっている感じです。
上にはトロトロで黄身が濃厚な半熟の卵が乗っています。

ウニパスタはウニの香りするクリームパスタ、
ウニがたくさん入ったソースが細麺と良く合い美味しいパスタでした。

ハンバーグにはライス、パスタにはパンを付けたのですが、
ライスは健康に良好そうな黒豆ご飯、パンもモッチモチの熱っ熱で地味にいい仕事していました。

そしてデザートの盛り合わせはシフォンケーキと
柑橘系のゼリーon柑橘系のシャーベット。

デザート

柑橘系なのはわかりますが、そこから限定できないのが鈍感舌の哀しいところです。

こちらもさっぱりして美味しかったです。

しかしこれで2,200円(片方は315円増でしたが)は安い!

つーかあまりに申し分なさ過ぎる。

宇都宮全体が安いのか、このお店が特別なのか、
東京の物価と照らし合わせると若干遠い目になります。

このお店は昼間にカフェで来ても良さそうなので、
宇都宮周辺に来る機会があったら、また是非行ってみたいなぁ。と思います。

でも餃子をないがしろにすると餃子様のお怒りが・・・

最後のカフェが予想以上に良かったので、
足取りも軽く再び新4号にてしょう油の街市に帰り、
その日のうちにゴールデンウィークの愛犬のお世話の任を解かれ、
4日ぶりにようやくマンションに帰ってきました。

最近、両親が旅行に行き過ぎるので、どこへ行くのだか聞かなくなったのですが、
お土産がこちらだったのでどうやら伊勢の方に行ってきたようです。

赤福

一時期盛り上ってた賞味期限切れ騒動の時はどうなる事かと思いましたが、
やっぱり赤福は旨いっす。

赤福

そう言えば、私は(大)昔赤福が食べたいが為に上野まで買いに来た事があります。

パチモンは数あれど、赤福しか出せない味があるのは強いですね。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
こんにちは
芝桜はあれだけの面積で植わっていると壮大ですね。 私は芝桜は大好きでよく見に行きますが、ここまでの面積は始めて見ました。埼玉の羊~公園も有名ですが、同じような規模なのでしょうね!
しかし、まさか第4候補まで行くとは・・・・ お疲れ様でした。
結果から見れば不幸中の幸いなのでしょうがネ!
でもこの料理食べている時は、おてんば娘(チンピラ)さんは車でお留守番??  ポチ☆
【2010/05/08 14:50】 URL | KIKU #- [ 編集]

こんばんは
苦労の末に辿り着いた4件目のお店は大当たりでしたね。
餃子様の祟りどころか、餃子様のご加護だったようですね。
うに大好きな私にはウニパスタはとても魅力的です。

「犬専用抱っこ紐」、いいですね~
最近うちのわんこは抱っこが大好きなのでひとつ検討しようかな~
【2010/05/08 19:26】 URL | ひろじ~ #- [ 編集]

こんばんは^^
この日もグルメ満載で目の毒ですね(笑)
伊勢は小学生の時の修学旅行で行きました
赤福は定番ですよね
美味しそう♪
【2010/05/09 21:32】 URL | ひろポン #- [ 編集]

KIKUさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

私もこんな一面の芝ざくらを見るのは初めてだったのですが、
色も何色かあって綺麗ですよね。
埼玉県の秩父の公園は有名のようですね。
最初はそこへ行こうと思ったのですが、
栃木の方が道が空いていて走りやすそうなので、
この市貝町の公園にしました。

まさか第4候補まで使うとは思っていなかったのですが、
用意しておいて良かったです。
飼い主がグルメっている間は愛犬は車の中でお留守番です。
戻ったらご褒美(オヤツ)は要求されますけど。^^;
全体的には飼い主泣かせの困ったちゃんなのですが、
車でのお留守番は平気の犬なので、その辺は助かっています。
ポチありがとうございます。
【2010/05/10 13:24】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

ひろじ~さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

3軒目がダメだった時は餃子様の祟りだと戦慄しましたが、
あんないいお店が開拓できました。
他のお店は宇都宮ではなかったので、宇都宮を愛する宇都宮餃子様の
お導きだったのでしょうか?
ウニパスタ、ウニの香りと濃厚なソースで美味しかったですよ。

うちの愛犬も「抱っこする?」と言うと大喜びするほど抱っこが大好きです。
抱っこだったらいつまででも平気みたいですが、
うちの犬は腕に体重を掛けるヘンな抱かれ方が好みなんで、
人間の方がかなり参ります。^^;
抱っこ紐、今のところ長時間はしていないのですが、
抱っこで長時間よりも断然楽なような気がします。
【2010/05/10 13:31】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

ひろポンさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

わが家はグルメ命なので、どこに行ってもグルメです。(笑)
伊勢と言えばやっぱり赤福ですよね。
昔から変わらぬ味で美味しかったです。
【2010/05/10 13:38】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/11 00:03】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。