クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサヒスーパードライエクストラコールドを体験しちゃいました
わが家のお得ターミネーターである相方。

もしや彼はお得の支配するお得戦国時代の未来から、
いち早くお得を普及させる為に現代に派遣されて来たお得ターミネーターではないか?

という程、お得を発見する能力に長けています。

彼は安価や無料で楽しみお得気分を満喫するのが好きなようですが、
よくよく考えると(勝手に貰ってくる)余計なものが家にたまっていく以外、
特にこれと言った実害はあまりなく・・・

最近は私も、

罪なくお得を楽しんでいるのだから、むしろ家計的には優秀だし、
賞賛・・・はあえてしないけど推奨すべきことでは?


と徐々にターミネーターに洗脳される考えるようになってきました。

正直、お得の才能にあまり恵まれなかった私には、
まだまだ手放しで受け入れがたいところもありますが・・・(--;)

そして、そんなお得ターミネーターの彼が、今回拾ってきたイベントは、

「アサヒスーパードライエクストラコールド体験会」

古くは発泡酒コールドの先駆け氷結・淡麗生(そして先駆けて失速したけど)
ハイネケン・エクストラコールドと、わが家は何かとコールド系ビールが好き。

凍るか凍らないかまで冷やされたビールの喉越しは特に夏には最高、
暖かいお部屋で飲めば冬でも最高、当然、春秋も最高。

このイベントは特にペアとかではなく個人で申し込み、
魅惑のイベントだけに当たり、はずれがあるわけですが、
普段から頻繁にこういうイベントに参加していた相方が有利だったのか、
(実はアサヒさんの他のイベントにも参加していたらしい)
はたまたお得に掛ける情熱が私とダンチなのでお得神様が相方に微笑んだのか、
数週間程前、相方のみに当選のメールが来ました。

でもまあ、今ひとつお得に徹する事のできない私と違い、
お得キャリア組みの相方は一人でもしっかり存分にお得を満喫できる子なので、

「私一人が当選するよりはよかった。」

とむしろホッとしたのですが、やはり一人で飲むのはつまらないと思ったのか、
相方は私のキャンセル待ちを申し込んだようです。

エクストラコールド試飲チャンスにキャンセルなんかないんじゃ?

と、まったく期待していなかったのですが、
意外にも急なキャンセルが出たらしく、木曜日の夜に参加の打診がきました。

急な繰上げ当選は、このところ落選連絡続きでブルーだったし、
○○コールドビールファンの私には勿論嬉しい事ではあります。

が、

次の日は「SLもおか」に乗るために
早朝から出かける予定なのにどうすんだ?オイ。


実はSL整理券を入手する時に、このイベントの事をすっかり失念していて、
うっかり土曜日にチケットを取ってしまい、相方は、

「せっかくのチャンスに思いっきり飲めなくなるから、
SLを日曜日にすればよかった!・゚・(ノД`;)・゚・」


と嘆いていたのですが、なにせターミネーターな相方。
どうせどんな事情があろうと満足の行く程度は飲むだろうし、
運転手の私が素面なので相方が多少二日酔いでもいいか。と思っていました。

しかし繰上げ当選メールで状況は一変、

ただでさえ朝の弱いわが家が6時出予定なのに、
2人で飲んでたらどうなるんじゃい。(゚∇゚ ;)


お恥ずかしい話、私もアルコールが入ると自分の理性に自信が持てない性質です。

しかしせっかくのコールドチャンス、ふいにするわけにもいかんので、
ここは享楽的感情に身を任せ、思い切って参加する事にしました。いいんか?

開催時間は19時半から、場所は新宿3丁目駅から直結しているビルにあるお店で、
エレベーターの横にはこんな貼紙が貼ってありました。

会場

開場は19時からだったものの、開催時間ギリギリに行ったのですが、
すでに他の皆さんはほぼ来場、きっちり着席されているようで、
あわててこのような名札を受け取り、

名札

私も相方も着席しました。

目の前には、これからマジモードでお勉強会をするようなモニターが設置してあり、

あれ?いきなり乾杯で飲みに入るんじゃないの?(゚∇゚ ;)

と内心思っていた私は密かに動揺を覚えましたが、平静を装って着席、
どうやらまず今回頂く「アサヒスーパードライエクストラコールド」が何たるかを説明されるようです。

なるほど、その辺の商品知識があった方がいいかもしれんね。

しかし説明時間は予定20分と聞き、

長っ!

まずはこれまでのアサヒビールさんのの歴史から始まり、

って、そこから?!∑(゚∇゚|||)

と本音では思いましたが(口にはださんかったけど)
「いろいろあったんっすね・・・」的な悲喜こもごもな歴史がなかなか面白かったです。

スライド

「創立、低迷、そして大ヒットブランドスーパードライが出来るまで」
という壮大な歴史絵巻(パワーポイントですが)だったのですが、
途中、アサヒスーパードライが出てから勃発した各社の「DRYビール戦争」時の、
各社のCMの映像などもあり、

「そう言えば、あったねぇ。ビールDRY戦争。(笑)」

と懐かしく思ったり・・・

現代に追いついたところで今回試飲させて頂く、エクストラコールドの説明になりまして、
エクストラコールドというのは、10度程度の提供温度が基本だったイギリスで、
その温度では「濃い」等の理由で若者が飲まなくなった為に、
若者取り込みの為に冷たくしたのが始まりだそうですが、
何せ基本10度だったビールなので、冷たくするといっても、
2℃から-2℃までをエクストラコールドビールと言っているそうです。

10℃から2℃に変われば「Oh!SO COOL」でしょうが、
元々日本は冷たくして飲む文化なので、そこはも少しハードルを上げて、
0℃から-2℃のビールをエクストラコールドとして、
今後、飲食店で提供していくそうです。

しかし意外に思ったのは、日本人のビールの「どの温度のビールが一番美味しく感じるか」
というアンケートを取った時に、なんでも一番美味しいと感じる多数の温度は5℃だそうで、
ビールは冷たきゃ冷たい方が美味しいと思っていた私共は、

自分達って少数派だったの?!

と初めて気が付き、その辺もびっくり。

でも、だからエクストラコールドって今ひとつ流行らなかったのか。

私達が超お気に入りで足しげく通っていた上野の淡麗氷結生を提供するお店も、
今ひとつ盛り上がりに欠け、さらりと撤退しちゃうし。

なんか妙に納得しました。

その後は更にエクストラコールドを提供する為のビールサーバー「アイスタワー」の商品開発説明があり、
理数系の話になったので、私にはまったく理解できませんでしたが、
なんだか普通のサーバーと違ってスゴイという事は良くわかりました。

そして全ての説明合計時間40分を経て、待望の試飲会ですが、
エクストラコールドビールは一旦、氷水でグラスを冷やしてから、
こちらの光り輝く、スタイリッシュな専用サーバーで注いでいきます。

アイスタワー

個人的にはグラスを凍らせたグラスに注ぐ方が好みなのですが、
それだと水分が出て、ビールの味が損なってしまうので、
氷水スタイルを取っているそうです。

エクストラコールドビール

おお、泡が旨そうにクリーミー。

グラスを持っていると、さすがエクストラコールドだけあって、
普通の生ビールだと得られない冷たさが手に伝わってきます。

温まらないうちに早速飲んでみると、

喉越し冷たく、爽やか。

何杯でも行けちゃう系の味です。

しかしこんな冷たいエクストラコールドビールを飲んでいると、
一つ不可解な疑問が・・・

エクストラコールド好きのわが家は、以前、“スーパードライ エクストラコールド”
という名のビールをアサヒビールさんのお膝元(?)浅草で飲んだ事があるのですが、
その時のエクストラコールドビールはこんなに冷たくなかったような・・・

サーバーが新規開発される前の旧型タイプだったからだろうか??

今回でのイベントでは、太っ腹にも特に杯数の制限はなかったので、
ほぼ一気に飲み干した相方は早速お替りに行き、
ここで素朴な疑問をぶつけてみたのですが、
やはり飲んだお店はこのサーバーの旧タイプで提供されていたお店だったようです。

確かにこんなにサーバーが輝いてなかったもんなぁ。

このスタイリッシュサーバーから希望者はサーブ体験させてもらえるのですが、
せっかくだから病の相方は、せっかくだからとサーブ体験。


アイスタワー

↑この写真の状態では誰が誰だかわかんないすが、相方です。

最初、45度位に傾け、徐々に起こしながらビールを注ぎ、
そこまではなんとか成功しましたが、最後に泡を入れる作業で、
失敗して溢れさせてしまっていました。^^;

更にイベントでは、相方がネットで知ってめちゃめちゃ気になっていた、
この夏、スーパードライ1缶に一枚ついているシールを48枚集めると、
応募者が漏れなく貰えると言うハズレなしの全員プレゼンと企画、

エクストラコールドクーラー

家庭でスーパードライをエクストラコールドのように冷やす機械、
「エクストラコールドクーラー」のお試しが行われました。

相方はこの夏、これを頂こうと燃えていたので、
まずどのようなものか、様子を見せてもらうのにいい機会です。

コールドクーラー

大きさは500mlが入れられる大きさなので、
小さくもなく、かといってさほど大きくもなく、
ちょっとわが家の狭いキッチンに置くのは気になる感じですが、
どこかにしまってしまえない事はない感じの大きさです。

あらかじめ冷凍庫で食塩水を冷やしておき、それをINしてビールを冷やしていくのですが、
その時点で、面倒くさがりの相方は「こいつは面倒かも。」という顔をしました。

そして350mlの缶なら3分、500mlの缶なら5分、クルクルと回します。

そう言えば、昔似たような商品がありましたが、
その時は、ハンドルを手動で回すシステムになっていましたので、
自動(電池使用)でできるのは、楽になっていいですね。

そしてこの機械でクルクル冷やしたスーパードライは、
試飲させて頂きましたが、

確かに冷たい。

冷たい・・・ですが、冷ビール好きのわが家は、普段から冷蔵庫の自由裁量で野菜室にしたり、
冷凍庫にもなるみたいなサービススペース(?)をビール専用ルームにして、
冷たい温度に設定して冷やしているので、その温度とあまり変わらない・・・ような。

食塩水を冷やすと言うひと手間も加味し、相方はすっかり熱が冷めてしまったようですが、
お家でパーティーをやるご家庭には、あると楽しいかもしれません。

ビールと一緒に出された軽食は上品な感じのもので、
どれも美味しく頂いたのですが、

エクストラコールドビール

最後に参加者の女性の皆さんがフードコーナーで沸いていたので、
みて見ると、デザートに新たにプリンが投入されたようで、
このプリンは和三盆プリンらしいです。

和三盆プリン

私は女性の中では新しいスーツに疎い方なので(食べ物については保守派だし)
知らなかったのですが、ぐるナイの「ゴチになります」でも
お土産として紹介された一品らしい・・・

早速、わが家もご相伴に預かりましたが、
普通のプリンよりも柔らかい甘さがして、食感もクリーミーで美味しいです。

うちは甘いものをつまみにビールを平気で飲むような家庭なので、
ビールのお供にもgoodでした。

そして時間制限と共に、相方は4杯半、私は3杯半を飲み、
イベントは終了したわけですが、お土産にこちらの新商品を頂きました。

アサヒスリムボトル

アサヒスーパードライの「SLIM BOTTLE」

入れ物をスタイリッシュにする事で、
最近、酒に購買意欲の少ない若者の取り込みを狙ったものらしいですが、
若い時はそれなりに酒に掛ける情熱を惜しまなかった世代としては、
やっぱりビールはシュポッと缶を空ける音を響かせるのが、
心地よい飲み方でしょう・・・と思わないこともありません。

スリムなので量が少ないのかな。

と思っていたのですが、これがキチンと350mlあります。

早速、昨日、SLの(長い)旅から家に戻った時に頂いたのですが、
このボトルから直接飲むと、

なんかカッコよくね?

昔、いきがって(?)バドワイザーを飲んだ時の記憶が蘇ってきます。

味は、通常のスーパードライよりもすっきりした味に感じましたが、
これはボトル飲みマジックなのだろうか?

さて、今回頂いたスーパードライエクストラコールドはこれから提供店舗数を増やし、
最終的には専用バーを造りたいという事でしたので、
出来たあかつきには、行ってみたいと思っていますが、
一番残念なのが、最高にエクストラコールドが旨く感じるであろう、
真夏のポタ時にアルコールNGの自転車では、エクストラコールドは愚か、
ビールは飲めんという事です。

できれば、ノンアルコールでエクストラコールドビールとか発売してくれんかなぁ。

もし荒サイの「さくら」さんあたりで夏に提供してくれれば、
うちもしょっちゅう飲みに行くと思うし、
結構、売れると思うのですが、いかがでしょうか?

そして昨日は、寝不足にも関わらず、なんとか5時起きをし、
SLに乗ってきました。

汽車

なんだかんだと夜中に程近い時間に帰ってきたのですが、
昨日はテンション高くはりきり過ぎたせいか、気力と体力を使い果たし、
今日は相方も私も抜け落ちてしまいました。

今日は、明治神宮まで「CYCLISH LIFE」に行く予定でしたが、
この状況で行けるのやら・・・です。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
こんばんは
いまさらながらBさんのリサーチ力(お得レーダーの感度の高さ)には恐れ入ります。
「アサヒスーパードライエクストラコールド体験会」、そのようなお得なイベントがあるとは、存在すら知りませんでした(田舎にいるためかもしれませんが(笑))

そのパワーでキャンセル待ちも繰上げ当選させてしまうのですね(驚)

でもくろばいさんの当選できっとアサヒさんはかなりの宣伝になったと思います。

料理も洒落た感じで楽しそうなイベントでしたね

ぽちぽち
【2010/05/16 19:20】 URL | ひろじ~ #- [ 編集]

こんにちは
結局一年中ビールが美味しいのですね!? 私はお酒が苦手なのでよく分かりませんが、お好きな人はその為に運動をしているようですね。
名札はBさんはどうなってたのでしょうか?? まさか“B”だけ??
瓶ビールをラッパ飲みしている友達がいましたが、バドワイザーとか、それとスーパードライのスリムボトルは同じ感覚なのでしょうか??
【2010/05/16 19:47】 URL | KIKU #- [ 編集]

ひろじ~さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

本当に相方のお得レーダーはすごいと思います。
どこからともなく拾ってくるし、一緒にいる時も
私が完全見逃しているお得情報をなんなくキャッチするんですよね。
ある意味才能じゃないでしょうか?(笑)

私ごときでは宣伝になるかはわかりませんが^^;
美味しいビールのみ放題の楽しいイベントでした。
ポチありがとうございます。
【2010/05/17 21:10】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

KIKUさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

昔はビールと言えば夏限定だったような気がしますが、
今は一年中ビールが美味しいですね。
確かにポタ後のビールは最高です。
ポタ中に我慢しているだけに、旨さが倍増するんじゃないでしょうか。

相方は私も知らない別の顔を持っているようなので、
Bではなく別の名前でした。
コロナビールでしたらそのままラッパ飲みをしますが、
通常のビール瓶でラッパ飲みするとは、剛毅なお友達ですね。
缶ビールもいいですが、ラッパ飲みするとなんか洒落た感じがしますね。
私は昔のバドワイザーを思い出しました。
【2010/05/17 21:15】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。