クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしなりくんの家訪問ポタ【後編】
天気が悪そうだったので、本日は家でのんびりする事に決めたていたのですが、
ずっと天気はもっていたものの、夕方になり今まさに雨が降ってきました。

スロースターターのわが家は確実にこの雨に被弾していたと思われ、
自転車で出かけなくて良かったです。

そしてまたまた間があいてしまって申し訳ありませんが、
以下「おしなりくんの家訪問ポタ」の続きになります。

今回でようやく最終回になりましたので、よろしかったらお付き合いくださいませ。
ちなみに前編は→こちら、中編は→こちらになります。

*********************************************

おしなりくんの家の大人気に、おしなりくん宅は速攻おいとまする事になり、
次に目指したのは以前はポタの目的地として設定してた事もある
「東京スカイツリーインフォプラザ」です。

その時は休館日の為に入れずにリベンジを誓ったものの、
時の経過とともにそんな誓いもケロッと忘れていましたが、
おしなりくんの家まさかの(失敬)大混雑で何もおかまいもされなかった
フラストレーションで、その存在を思い出し、急遽行ってみる事になりました。

インフォプラザはおしなりくんの家からそこそこ近く、
立地的には最寄り駅の目の前、つまり更にスカイツリー寄りの好立地になります。

肝心のブツが完成もしていない今から商店街、街中と至るところで
じりじりと感じるスカイツリー需要と思われる人出もあり、
後発のおしなりくんの家でもあの賑わいなので、
いち早くスカイツリーの情報センターとしてデビューしていた
インフォプラザもさぞかし人で賑わっているに違いない。

と思って向ったのですが、着いてみると、

東京スカイツリーインフォプラザ

意外と閑散?(゚∇゚ ;)

入口の様子をみるとシャッターが閉まっている時
たいして違わないような人の出入りというか趣です。

(なぜか)おそるおそる中に入ってみると、
まず10畳位のスペースに受付とスカイツリーの歩み的なありがちなパネル展示、
そしてこれまたありがちな模型があり、

模型

まず受付をするように促されます。

都道府県と人数だけ聞かれる簡易アンケートのような受付を済ませ、
どれ位の規模の施設かようわかりませんが、
いよいよ(すっかり忘れていましたが)悲願の施設を巡りに出発です。

様子から見るとまず隣の部屋があり、その後奥行きにもよりますが、
数部屋を経て、2階や3階にもインフォ空間が広がっているのでしょうか?

期待をこめてまずは東京スカイツリーの歴史の入口でもある隣の部屋に行きましたが、

まさかの施設終了。

スカイツリーの歴史ってたった狭い2部屋で
収まる程度のものだったんかい。


・・・まあ、考えてみればまだ建ってもないので、
その程度の浅い歴史なのかもしれませんね。(--;)

こちらの部屋の方は受付のある部屋より少々大きめではありますが、
似たり寄ったりの広さで、前方の中央部に普通のテレビが置いてあり、

インフォプラザ


「まあ、いろいろあったけどこれで学べや。」

とばかりに、スカイツリーのプロモーションビデオ(全放送約5分)が
そのテレビからエンドレスで流れています。

テレビに向っては約30席程度の数の椅子が整然と置いてあり、
何となく高校の文化祭とかの休憩所を思い出す雰囲気です。

休憩所と言えば、何をやるにもメンドクサイという無気力なクラスが
最後に行き着く催し物(?)ですが、ちなみに無気力系の私も高校の時は
クラス全体も無気力だったので、休憩所を催した記憶があります。

次の年からあまりに休憩所の申請が多いので(つまり学校自体が無気力)
残念ながら休憩所は却下されできないようになりましたが・・・

このスペースでそんな甘酸っぱくもない思い出を思い出しました。

プロモーションビデオの内容はさておき、作りがどうも学習的といいますか、
観ていてあまり面白おかしい作りでもないので、
約5分観ているのが限界的な感じなのですが、
この部屋は1度入るとどこか離れがたい雰囲気があります。

何せ涼しい。

この休憩鑑賞スペースに私達が入っていった時は、
鑑賞人数も私共を含めて6人だったのですが、
このゆるい雰囲気とよく効いた冷房が人を惹きつけるのか、
気がつくと急に人数がどんどん増えていっていました。

それでもなぜ過疎状態から急に人数が増えたのか謎ですが、
丁度3時位だったし、人間が休憩したい時間だったんですかね?

それともバスツアーが到着した時間だったのでしょうか??

混雑して来た中でいつまでも冷房に身を委ねているのもなんなので、
人数が増えて来たのを機会に私共も休憩鑑賞スペースから足抜けする事に決め、
しかしこれではただ休息に来たようなものになってしまうので、
(ビデオの内容は一つも頭に入らなかったし)
せめて壁に展示してあるスカイツリーの歩み的パネルを見ていく事にしました。

スカイツリーパネル

当初スカイツリーは610m(予定)で世界一の電波塔になるはずだったのに、
その後、どこかの国が610m以上の電波塔をスカイツリーより早く建てると決まり、
無理くり上の方の線(アンテナ)を伸ばし634mにして、
世界一の電波塔(予定)の地位を奪還したという経緯がありますが、
その戦いの跡がくっきりと残った訂正の為に上から貼ったと思われる
“634m”と書かれた後付けの紙に歴史を感じます。

スカイツリーパネル

634mに伸ばしてもどうせすぐにどこぞの国かに抜かれるのはわかり切った事ですが、
一瞬でも世界一位という称号が欲しいという涙ぐましい努力の跡です。

そしてこの“スカイツリー”という名前、最近は認知度も増え上手く嵌った感がありますが、
この東京スカイツリーという名は5種類位名前の候補を絞って、
その候補から国民投票(?)で決めるという方式を取ったようです。

そう言えば、私もネットで投票を募っているところを見た覚えがあるような気がします。

得票数32,699票で1位に選ばれたのはもちろん「東京スカイツリー」ですが、
超僅差31,185票で2位だったのが「東京EDO(江戸)タワー」

なんかちょっと危ないところだった?スカイツリー。(゚∇゚ ;)


EDOタワーに投票した方には申し訳ありませんが、
個人的にはスカイツリーで良かったような・・・^^;

そんな風にざっくりとスカイツリーの歴史を勉強した後は、
そろそろ空いているかもしれんと、再度おしなりくんの家に押しかけてみたのですが、
むしろさっきよりも混んでいる感じの大盛況ぶりだったので、お邪魔するのをあきらめ、
空を見上げると天候も微妙に雨雲が増え怪しくなって来た事ですし、
くろばいくんの家方面に帰る事にしました。

しかしこのままポタメシを食べずに、どころかポタ飲みもせずに帰るのは
何とも寂しく、わが家の慣例にもない事です。

空模様は至極怪しいが、取り合えず雨が降っていない事に欲が出まして、
途中の浅草でお茶を飲んでいく事にしました。

どうせならスカイツリー繋がりの場所に行こうと、
寄り込んだのはスカイツリーが見える喫茶「アサヒスカイルーム」

このお店は浅草のランドマークタワーである有名なうん・・・炎のオブジェビルの隣にある
ビールの形をしたアサヒビール本社の22階部分にある喫茶スペースです。

前にも一度来た事があるお店なのですが、
22階からその近辺の街を一望できるのが魅力、
目の前を隅田川も流れているので、景色もなかなかいいです。

それでも前回来た時はスカイツリーもさほど育っていなかった頃なので、
その時スカイツリーが見れたかどうかは覚えていませんが、
ここまで成長した今なら堂々としたスカイツリーが目の前に見えるはず・・・

このお店はレジにて先に注文するシステムなので、
注文と支払いを済ませ、席に付きました。

眺望が売りのひとつなので、窓際にぐるっとカウンター席があるのですが、
残念ながらその窓際はいっぱいで空いておらず、中央部分の席へ。

前面の眺望はこんな風に良かったのですが、

眺望


しかし肝心のスカイツリーは・・・どこだ??


あれ?1階にあったポスターにも“スカイツリーが見える喫茶店”との
堂々とした謳い文句が書いてあったのに、もしかしてJARO?(゚∇゚ ;)

疑いを持ちつつキョロキョロと角度を変えて見回したところ、
私達の席からだと柱の陰に隠れて見えなかっただけで、
柱の奥をのぞいてみるとドーンとデカいスカイツリーが!疑ってスマン。

スカイツリー

角度的には私達の座った場所からギリギリでしたし、
全ての席から見えるわけでもなくある一定の席しか見えないようですが、
かなり大きくスカイツリーが見る事ができます。

無事スカイツリーを発見できたのはいいとして、
そんな風に窓の外を見ていると不吉なものも同時に目に付いてしまいました。

こ、これは霧とか水蒸気?・・・と思いたかったのですが、雨です。Σ(゚д゚;)

細かい雨が急激に落ちてきているではありませんか!

ぬかった、さくった、油断した~!!

いや、雨雲が出ていた時点で多少は覚悟していたので、
雨が降ったのは不本意ですが仕方がない事です。

が、大問題は、

サドルにサドルカバー(レジ袋)を装着して来なかった事
です。

先日、タイヤ店でタイヤを交換してもらいに行った時に、
タイヤ店のご主人と世間話をしていて、

「ブルックスの革のサドルは伸びちゃうので、
絶対濡らしちゃダメですよ。」


とご主人からアドバイスを受け、それまで雨が降りそうな時にはレジ袋を被せて
サドル保護に努めていた自分達の方法は、恥ずかしくて見目が麗しくないだけで、

間違いじゃなかったんだ!

と自信を深め、この日も嬉々としてレジ袋を持ち歩いていたのに、
肝心の時に装着してくるのを忘れてしまいました。

って、意味ないじゃん。

代表であわてて相方が装着に行きましたが、
何せここは22階、雨は今まさに降り注いでいます。

とてもじゃないけど間に合わなかったようで、

「装着はして来たけど、サドルはすごい濡れちゃってたよ。」

と暗い顔をして戻って来ました。

こんな事ならいつもの地下駐輪場に置けばよかった。
駐輪場までちょっと遠いので、つい横着をしたばかりに・・・orz

しかも!窓の外を見ると、相方が行って帰ってくる僅かな間に

雨は止んどるやんけ。

この後は雨が降ることもなかったので、
運悪く嫌がらせ的な通り雨の砲弾を浴びたようです。

せめて自転車に乗っている時だったら尻ガードできたのにぃ。。。・゚・(ノД`)・゚・。

あまりのタイミングの悪さに2人してちょっとブルーになりましたが、
気にやんでも濡れたサドルが元に戻るわけもないので、
雨も止んだ事だし開き直ってのんびり喫茶して行く事にしました。

この喫茶スペースは喫茶と言ってもアサヒビールのビルなので、
ビールも提供しており、昼間でも結構ビールを頼まれている方が多いようです。

しかし自転車に乗ってきた以上、私共はアルコールを摂取する事ができないので、
もちろんお茶にする事にしたのですが、こんなメニューもあったので注文してみました。

どどーーんと「アフタヌーンティー」

アフタヌーンティー

女性が好みそうなこのアフタヌーンティーとやらは、私も大好物なのですが、
皿にちょっとずついっぱい乗っているという仕様は、
お得好きの相方的にも“お得”と認定するらしく、
男性でありながら相方もアフタヌーンティーは大好きだったりします。

とわが家は2人ともアフタヌーンティーが好きなので、
機会があれば頼むのですが、ホテルで頼んだりするとわが家物価で意外と高い。

ホテルのお値段設定にもよりますが、現品が一人3,000円程度、
更にサービス料が加算されるのは常なのですが、
こちらのアフタヌーンティー(らしき)セットは、

なんと2名分で1,800円(紅茶付き)ぽっきり。

このお店も普通の喫茶スペースという認識なので、
サービス料なる「なんじゃそりゃ」な価格加算もナッシング。

メニューにも“2人1,800円”と書いてあったのですが、
アフタヌーンティーとしては破格の安さに、何かの罠かもと疑いが芽生えて、
「これは二人分のお値段ではないですよね?!」と訊いてしまいました。

改めてよく見ると3段構えのアフタヌーンティーが多いところに対し、
こちらのアフタヌーンティーは2段構えですし、
2人分とは言え同じものが2つ用意されていない場合もあり、
盛りだくさん感もあまりないですが、3段構え盛りだくさんのアフタヌーンティだと、
途中から食べるのが楽しくなくなる場合が多いので、量的にはこの位が丁度いいかも。

味はやはりちょっと手作り感が薄く、スコーンもなんか普通の味とは違うような・・・

そう疑問を抱きならがも食していると相方が、

「・・・このスコーン、なんか甘食のような味だね。」

ソレダ。

本場のイギリス的ではなく、ちょっとジャパンナイズされた甘食・・・じゃなくてスコーンでしたが、
これはこれで斬新なスコーンとして美味しかったです。

さて、まるで現実を逃避するようにのんびりと飲み食いしましたが、
とうとう現実を受け入れる時間になってまいりました。

お店を出てついに雨に濡れちまった愛車とご対面ですが、
雨自体はすぐ止み、その後降っていませんでしたので、
愛車の車体は何事もなかったようにすっかり自然乾燥されていました。

ベロンチョ

車体だけ見たら雨が降った事実さえ知らなければ、
雨が降ったと思わなかったであろう位の美しい乾きっぷり。

しかし雨が降った事実を知ってしまっているので車体は家に帰ってから詳しく拭くとして、
問題は相方が「手遅れだった」と判断したこのレジ袋の下、ブルックスのサドルです。

一刻も早くケツ熱で乾燥させなければ!


とレジ袋を引っ剥がしたのですが、思った以上に何事もなく・・・

サドル

こちらも自然乾燥完了??(゚∇゚ ;)

よくよく見ると2,3箇所位まだ黒くなっているように感じる場所もありますが、
伸びたり縮んだりヘタったりしてもおらず・・・

見えないミクロの世界ではダメージがあったかもしれませんが、
見た目は濡れてもいないので、何の問題も感じず乗って帰れました。

そしてそのまま第二波の雨が来ないうちに家方面に帰ったのですが、
先程の610mから634mに変更されたスカイツリーの高さの訂正張り紙を見た時から
どうしても気になっていた事が一点ありまして・・・

それは「THE610BEERはどうなったのか?」

という事です。

東京スカイツリーの登場と共に早々便乗関連商品として、
スカイツリーの高さを名前とした「610BEER」なるビールが発売されていました。

枕橋近くの枕橋茶屋で提供しているのですが、いつか飲んでみたいと夢見たまま、
ポタ時は飲めないし、なかなか電車で来る機会もないしで飲めていませんでした。

しかしこの610BEER早々作成してしまったのがアダとなったのか、
そんな事情でスカイツリーは610m改め634mとなり・・・

結果610という数字がスカイツリーとは無関係になった以上、
「610BEER」の立場は一体?状態です。

そのところがどーしても気になり、枕橋茶屋の前を通るのをいい事に、
外にあるメニューの看板でその辺の事を確認しようとしたところ、
運よくも見本として現物のビールも置いてあったのですが、
その現物のビールのラベルにはなんと!

しっかりと「THE634BEER」って書いてある!

どうやらさり気なく610→634に変更する道を選ばれたようです。

どこぞの国かの思惑により、610BEERを飲む事から634BEERを飲む事が
悲願に変更されざるを得なくなった私共ですが、610BEERが永遠に幻になるのなら、
「そっちを早く飲んどきゃ良かった」と思わないでもありません。
おそらく味は一緒でしょうが・・・

ところで610BEERにちなんでお値段も610円だったような気がするのですが、

634BEERになったら634円への値上げを
敢行されたのでしょうか?


その辺もやらしく気になるところなので、いずれ電車で来た時に調査したいと思います。

その後は順調にお家近くに帰り着いたのですが、
雨が落ちてこなさそうなのをいい事に食材の仕入れにスーパーに寄り、
ベロンチョとくろまるくん同時負傷という取り返しのつかない事故に遭いました。

その事故の状況は→こちらです。

まだくろまるくんのリペア液も入手しておらずリペアもしておりませんが、
早々にリペアをしたいと思ってはいます。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント

アサヒスカイルームの眺めは良いですね。ここは穴場的なところですかね?
アフタヌーンティーは一人900円であれだけならばやっぱり穴場ですかね??
サドルは何かクリームでも塗るんですか? 皮のサドルは格好いいけど手入れが大変ですね! ぽち
【2010/07/11 22:01】 URL | KIKU #- [ 編集]

ブルックスの・・・
リベットが1ヶ所取れちゃって、ないように見えますが?
・・・タイヤ交換直後の写真にはあるように見えます。
【2010/07/11 22:14】 URL | Bパパ #nIKzdV/. [ 編集]

うん・・・・じゃなくで
良いですねー
ちなみに革製品はいったん硬くしっぼた布で水拭きしてから
満遍なく湿り気が行き渡った頃合でクリームを塗ると水分と一緒に
クリームの油分が浸透していって馴染みがよくなります。
ピッカピカになります。
【2010/07/11 22:35】 URL | まっつん #- [ 編集]

おはようございます
22階からは遠かったですね。
今の時期の突然の雨はレザーのサドルには大敵ですね。

やっぱりレザーのサドルはカッコいいです。
エイジングしていく楽しみもありますね。

ポチポチ☆
【2010/07/12 06:22】 URL | ひろじ~ #- [ 編集]

KIKUさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

スカイルームは前に行った時もそこそこ混んではいるものの、
座れない程でもないので穴場的スポットかもしれませんね。
内容はちょっとコンパクトになりますが、一応アフタヌーンティーで
あのお値段は破格なのでその点ではかなーり穴場ですね。

サドルはブルックスの専用クリームを塗っています。
うちの場合は気が向いた時に塗るだけなのでお手入れは
あまり大変ではないのですが(それじゃいけないのかも^^;)
濡れないようには気を使います。
ポチありがとうございました。
【2010/07/12 22:03】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

B パパさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

> リベットが1ヶ所取れちゃって、ないように見えますが?

写真を見ると確かに1箇所取れているように見えますね。
反射してしまってそう見えますが、実際にはちゃんとついています。
紛らわしくて、すみませんでした。(汗)
【2010/07/12 22:07】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

まっつんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

このビルは何度見ても別の何か(自主規制)に見えてしまいます。^^;

うちの場合このまま普通に専用クリームを塗っちゃいますが、
水拭きしてから塗った方がいいんですね。
確かにその方が汚れも取れそうですね。今度やってみます。
アドバイスありがとうございました。
【2010/07/12 22:10】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

こんばんは
インフォプラザなんてあるんですね、知りませんでしたが
まだ建っていないせいかちょっと寂しい感じがしますね(^_^;

アフタヌーンティーセットって確かにホテルとかだと結構高いのに
2人で¥1800は破格な気がしますね
量的には少ないかもしれませんが、おいらはコレでも多いかな~と(^_^;
【2010/07/12 22:11】 URL | ひろポン #- [ 編集]

ひろじ~さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

さすがに22階では間に合いませんでした。^^;
今回は見える感じのダメージはなかったのですが、
これからの時期は特にもう少し気をつけなければ駄目ですね。

レザーは汚れたり傷ついたりしても何となく味になるのがいいですね。
合わない人は合わないようですが、わが家には乗り心地も上々です。
ポチありがとうございました。
【2010/07/12 22:14】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

ひろポンさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

インフォプラザは最初は空いていたのですが、時間とともに人が増えてきました。
展示的にはまだ寂しい感じでしたが、完成したらこの建物はどうなるんでしょうね。

ここのアフタヌーンティーはかなりお値段的には破格でした。
量は他に比べると少ないですが、ひろポンさんにはこれでも多いですか。
きちんと食事の量を管理されているんですね。
【2010/07/14 22:35】 URL | くろばい #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。