クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真岡鉄道でSLに乗ろう!【エピソード1】
この話は今年5月15日に真岡鉄道のSLに乗った時の話になります。
ちょっと過去の出来事になりますが、すみません。^^;

ちなみに【エピソード0】は→こちらになります。

**********************************************

睡眠不足の体にムチ打ち、何とかSL発車時刻の10時37分までに
「下館」駅まで辿り着けそうな時間に家を出る事ができましたが、
(前回の記事でSL発車時刻を8時40分と書いてしまいましたが
10時37分の誤りでした。自分でもよくわからない勘違いをしてしまい、すみません。^^;)
あくまでそれは車が順調に走ってくれればという事が前提になります。

まず車を停める場所として予定している「益子駅」まで目指しましたが、
ちょっとでも渋滞に巻き込まれたら即アウト、整理券の1,000円はおろか、
夢の世界をたち切って出てきた事もまったくの無駄になりますので、
ドキドキしながら車を走らせました。

都内から茨城県の益子までは、丁度いい感じにひかれている高速はないのですが、
その代わりまっすぐで走りやすく、おまけに都内を抜けた後はあまり混んでいない、
というかむしろ空いている事が多く、しかもタダの道、新4号で行くことになります。

新4号は、こんな時に限って混んでいる・・・という事もなく、
私たちの期待を裏切らず、この日もそこそこ(どころでなく)空いていまして、
新4号マジックでむしろ想定より全然早く益子駅まで到着する事ができました。

が、困った事が一つ・・・益子駅正面には到着したものの、
想定していた大きな駐車場が見当たらないのです。

駅には駐車場がまったくないわけではないのですが、

停めておいていいのか、悪いのか、どちらかというと悪いだろ。

という感じの駐車スペースが数個・・・

特に利用料金の記述もなく「どうしてもの時のみ仕方なく可」という様相を呈しています。

車を停めたら少なくとも益子から下館に行き、
そこからSLに乗り換えて帰ってくるまで、長時間にわたり停めていなければなりません。

こんな駅の真ん前の特等席に陣取って、サクっとレッカー移動されたり、
SLに乗ってご満悦な面で帰ってきたら、穴があったら入りたい程の
大騒ぎになっていたりしたら洒落になりません。

想定より早く着けたとは言え、あまり駐車場を決められずにオロオロしているわけにもいかず、
どうしたもんか、と思っていると、目の前には渡りに船的な“観光案内”の文字が。

さすが観光スポットとしても有名な焼き物の街、
迷える観光客の為に、益子駅の横には観光案内所が設置されているようです。

短時間なら問題はなさそうなので、取りあえず駅の真ん前の駐車場に停め、
観光案内所で駐車場の場所を聞くことにしました。

観光案内

案内所に入ってみると土曜日の朝だからか、
まったく活気がかの字もみなぎっていない感じでしたが、
幸い観光案内係のお姉さんは来ているようでして、そのお姉さんに聞いてみると、
どうやら私たちが求めていた大きな駐車場は、駅正面の反対側の位置にあるらしいのですが、

「土曜日は空いてるんで、どこに停めてもいいですよ。^^」

との事・・・

ど、どこでも自由なの??駅前なのにぃ?!(゚∇゚ ;)


・・・大きい。

なんて大きいんだ、益子!

下手すると15分250円とかのぼったくり破格な駐車料金を
支払う羽目になっている東京に住む身がなんとなくバカらしく感じました。
ある意味人の住むところじゃないかもね。東京って。(--;)

お姉さんのお言葉では、おそらく仮で今車を停めてある
駅真ん前のこの駐車場でも「好きにしろ」的なニュアンスにも受け取れましたが、
その後、自転車の出し入れ組立もある事ですし、出来れば広いスペースの方がいいので、
駅の裏側にあるという大きな駐車場に移動することにしました。

踏切を渡り、丁度駅正面の裏側にあった駐車場は、
ネットで得た情報の通りなんか広い。

いや、車を駐車できる数からいうと、すごく大型駐車場というわけではないのですが、
停めてある車が絶対的に少ないので、相対的に広く感じます。

しかも駐車料金お支払いの為の発券機などもなく・・・つまり無料?

駅前の駐車場がタダなんてうまい話は、さすがにあまり聞いた事がないので、
わが目を疑いましたが、タダなもんはタダのようです。

デカいよ。益子さん、いや益子兄さん。

「ただより怖いもんはない」という世知辛い人生を送ってきた身としては、
かえって恐縮すること然りな程のデカさです。

そんな狐につままれた気分で車を置きまして、
電車に乗るには反対側に改札はなく、このなんとなく趣のある歩道橋を渡り、

益子駅歩道橋

再び反対側の改札に行かねばならぬようなので、
歩道橋を渡り益子駅正面に出ました。

前もって乗換案内で調べてきたところ、益子発9時19分の電車に乗ると、
SL出発時刻に丁度いい時間に、SL発車駅の「下館駅」に到着できるようです。

でも9時19分までは、30分以上時間がありましたので、

「益子にいるよりも、早く下館に行って準備した方がいいかも。」

と、電車を早める為に時刻表を見ると、
時刻表はやたらすっかすかで余白が多く、この30分の間は、

電車が1本もねえ。(゚∇゚ ;)

どうやら運行状況は大体1時間に1本、運が良ければ2本のスローペースで、
ちなみにこの時間は1時間1本ペースの時間のようです。

まあ、乗換案内で検索した時にうっすらとは勘づいていたのですが、
ここまで運行がスカスカだったのは、ちょっと想定外・・・(--;)

ですが、1時間に1本というとその1本の重みは絶大、
これを逃したらDEATHという1本です。

電車の時間まではどこかで暇を潰すとして、
先に万が一にも列車に間に合わない事がないようにと、
前もって切符を購入しようと料金表を見たのですが、

料金表

740円?!なんか高くね??∑(゚∇゚|||)

数えてみると益子から下館間は10駅のようですが、
10駅で740円というのは、運賃設定としてはちょっとお高めではないだろうか??

しかし益子下館間は所要時間は約50分掛かるようですし、
1駅1駅の距離がやたらめったら長いのかもしれません。

わが故郷しょう油の街市の駅も1駅の距離が長く、
都内だったらその間に2、3駅作られそうな距離がありますし・・・

でもそのしょう油の街市に比べても、真岡鉄道のお値段は高すぎはしないか??

と腑に落ちませんでしたが、ここで腑に落ちても落ちなくても、
料金が是正されるわけでも無いので、2枚分の乗車券を購入しました。

切符

ところでついでに疑問に思ったのですが、
この真岡鉄道の路線図は、なんかあまりに省略し過ぎてやしないか?

路線図

・・・いや、余計なお世話ですが。

別に駅が全て書いてある先程の料金プレートがあるからいいちゃーいいんでしょうが、
益子下館間の9個の駅はない事になっているし、
この路線図の世界観だと新宿とかまでもやたらと近そうです。
実際は新宿までの間には結構距離も駅もあると思うんですよね・・・まあ、いいか。

さて、切符を手に入れまして、電車の時刻までの約30分強、
手持ち無沙汰になってしまったので、
その間に駅及び駅周辺を少々散策してみようと思いました。

益子駅というのは、なんとなく和洋折衷の明治時代の建物のような趣がある駅だと思ったのですが、

益子駅

その趣故か「関東の駅百選認定駅」に認定された駅のようで、
駅には奥ゆかしくひっそりと認定プレートが貼ってありました。

駅プレート

しかしこの「関東の駅百選」、わが家のよく行く場所だと荒川電鉄の「三ノ輪橋駅」も同じく
選ばれているのですが、同じような「古き良き」というような匂いのする駅なので、
主にそう言った趣向の駅が選ばれるものなのでしょうか?

そして、駅前には焼き物の街をアピールするようにデカい壺(たぶん益子焼)


益子焼

焼き物に造詣が深くないので、この壺にどれぐらいの価値があり、
また作るのはどれ位の苦労があるのかさっぱりわからず・・・
単なるデカい壺としか認識できない自分の浅さが残念でなりません。

季節がもう5月半ばだったので、私も相方もあまり厚着をして来なかったのですが、
今年の5月はまだまだ寒かった上に、益子というのは関東でも少々北に位置する為か、
ちょっとフラフラしているだけで少々寒くなりまして、時間があればお茶でも飲みたかったし、
実際それぐらいの時間はあったのですが、駅前の通常繁華街があるべきところは、
想定外な程に寂れて静かな佇まいで、喫茶店は愚かコンビニもなさそうな程の健全さ。

唯一風を防げてお茶というか缶コーヒーを飲めそうなのが、
先程駐車場を聞いたお姉さんがいた観光案内所です。

いや、なんか健全すぎるだろ。・・・いいけど。

どうやらどこのどなたでも休める待合室も併設してあるようなので、
缶コーヒーを買い、そちらに行って暇を潰すことにしました。

待合室

待合室はまるで喫茶店のような休憩スペースですが、
もう少しすると食事も販売する場所にもなるようで、

売店

待合室から見える売店は今は「準備中」の看板がかけてありましたが、
中でいろいろ食事の下ごしらえをしているようで、芳しいおにぎり等の匂いが・・・

慌てて家を出てきたので、ほどんど何も食べて来んかった私共には、
この芳しさはソフトな拷問という感じでしたが、恨めしく缶コーヒーを啜って我慢しました。
・・・まあ、我慢以外の何も出来ないんですけどね。

待合室は観光案内所併設だけの事はあり、観光資料も山ほど置いてありましたので、

資料

益子に戻って来てポタをする時の場所を想定したり、チェックしたりしているうちに、
サクサクと時間は過ぎ、気がつくと電車の時間10分前になりました。

重要な1本に乗り遅れたら洒落にならんので、資料はそのままいただき、
早めにそそくさと駅のホームへと向かいます。

何せ1時間に1本の貴重な電車です。
混雑は必至だろう、と思ったのですが、
ホームには私共と、女子学生さんが2人・・・これ以上増える気配もありません。

そしてその若干ガランとしたホームの中には、
この場所には不釣合いにもズラッと自転車が・・・

レンタサイクル

見るとバッテリーがあり、電動自転車のようです。

・・・わかる、レンタサイクルニストとして日々活動している我々には、
この同じ銘柄が一定の数並ぶ、この自転車達の正体が!

貴様らの正体はレンタサイクルだっ!!

って、よく見るとカゴの部分に“レンタサイクル”ってしっかり書いてあるじゃん。(--;)

レンタサイクルを発見すると、いろいろ貸出条件等を探りたくなるのが、
(自称)レンタサイクルニストの哀しすぎる性。

周りを見回すと案の定貸出条件が書いてある貼り紙を発見しました。

レンタサイクル表

料金は2時間400円(1時間超過ごとに100円)
1日800円


確かに電動というアドバンテージもあり、全車両チャイルドシート付きという
親切設計でもあるが、数々のレンタサイクルを見てきた
(自称)レンタサイクル二ストの我々としては、

若干割高と言わざるを得ない。

あんなに車には寛大な益子兄さんはどこに行ったんだい?

時間もまだ早いためか(それともいついつまでもこうなのか)
きっちり全車両揃っているように見えるし、あまり貸出されている気配ってヤツを感じないのですが、
貸出される事を想定して毎日マメに充電をしているのだろうか?

もし充電をしていなかったり、充電不足で途中で切れたりしたら、
電動自転車っていうのは、無駄に重いただ(以下)の自転車だしなぁ。

そんな事をぼんやり思っていると、ホームに電車が入ってきました。

真岡鉄道

・・・まったく話が進まなくてすみませんが(汗)、続きます。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
こんにちは
なんだか妙に派手?な電車ですね。(ディーゼル車?)仮面ライダーアマゾンみたいだ。
益子の駅はなんだか私の実家の千葉の山奥?のいすみ鉄道的な乗り物なのでしょうか?
人がいないから列車の本数がへり、列車の本数が少ないから人が離れてますます列車を利用する人が減ってくる。
先日もいすみ鉄道存続が決まりましたが、なくなる寸前まで行きましたので。こういった寂しい列車はみんなで応援したいですね。でも会社の経営が苦しいから料金も高くそれがまた人離れを加速しています・・・ ぽち
【2010/08/09 07:16】 URL | KIKU #- [ 編集]


こんばんわ~(*´艸`)

いつもいつも、くろばいさんの話は、その時々のちょっとした心の動きなどもよく分かり
非常に楽しく、参考になります。

しかし、駐車場がそっくりそのままタダってのは、益子君豪気ですね~。
まぁ、確かに、1時間に1本とかいう路線で、駅前にコンビニもないっていうと
そんな感じなんですかねぇ。。。

でも、一人740円払うんなら、二人で1480円、
往復で2960円だから、下館まで行って、
1日1000円でも駐車場代払ってもまだおつりがくるような?
くろばいBさんは、そのあたりどう判断したんでしょう?(笑)

【2010/08/09 20:05】 URL | MURA #- [ 編集]


こんばんは
今日は北海道のしゅうです

地方は土地が余ってるせいか駐車場とか安いですよね
今、来ている北海道もタクシーの初乗りがワンコインしない470円とびっくりの値段です
北海道も地方に行くとタクシー初乗り400円の地域もあります

さて、8月8日、3476gの男の子を相方みにゆうは無事出産しました
始発電車に始発フライトで行きましたが千歳空港での手荷物受取りに時間がかかり次の電車になってしまい、2分出産に間に合いませんでした
orz
二人で新米パパママやってます

義父義母のいるみにゆうの実家には泊まらずホテル暮らしです
関東に比べれば、やはり北海道は涼しいですね
ポタに最適な気温です
【2010/08/09 21:17】 URL | しゅう #- [ 編集]

KIKUさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

私もあまりのカラフルさに驚きました。
いすみ鉄道もさみしい感じなんですか?
観光でたまに行くなら風情があっていいのですが、
普段の生活に使われている方には不便でしょうね。
ぜひ存続してもらいたいものです。
ポチありがとうございました。
【2010/08/09 22:34】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

MURAさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

なんか思ったことをダラダラと書いているので、ついつい長くなってしまうのですが、
楽しんでもらえたら嬉しいです。

駐車場がタダというのはありがたかったです。
地方では結構そんなもんなんですかね?

本当は下館に駐車したいと思い、事前にネットで駐車場を調べたのですが、
見つからなかったんですよね。
電車代は相方的にもちょっと高いと感じていたようですが、
旅行のときはレートが上がっているようで(?)許容範囲だったようです。
【2010/08/09 22:45】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

しゅうさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

お子さんのご誕生おめでとうございます。
みにゆうさんもおつかれさまでした。
新しい家族が増えると忙しそうですが、楽しそうですね。
二分間に合わなかったんですか。それはちょっと惜しかったですね。

北海道は涼しくてタクシーも安いなんていい所ですね。
冬の寒ささえなければ私も住んでみたいです。
【2010/08/09 22:49】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

通りすがりの真岡在住です。
こっちに越してきて初めて知った(それ以前に「真岡どこそれ?」の世界でしたが :-D)んですが、真岡鐵道は国鉄民営化の際に切り捨てられた赤字ローカル線のひとつで、沿線市町村や栃木県が支える第三セクターとして細々と存続しています。

都内の感覚でいうと、今回お乗りになられた益子-下館間のたった25kmで740円はめちゃくちゃ高いと感じますが、地方の現実を考えるとこれでも経営は火の車だそうです。だってここいらの人は車は一人ひとりが持ってて当たり前で、公共交通機関を利用するのは高校生か車に乗れない交通弱者だけだし。;-)
(参考までに、ほぼ同距離である真岡-宇都宮間の路線バスでは、真岡市役所-JR宇都宮駅間で片道890円も取られます。(>_<))
むしろ、都内の売上を地方に還元することで全国一律料金を実現している国鉄→JRの運賃体系こそが安すぎるんでしょうね。


下館の駐車場ですが、北口に市営の立体駐車場があるようです。
あるいは、真岡で停めるなら駅前のスーパーの無料駐車場にちゃっかり停めてしまうテもありますね。(^-^;;) ベイシアの駐車場はたぶん開店の10時にならないと開かないと思いますが、駅からは少し離れますが駅北の福田屋の駐車場は24時間出入り自由だったかと思います。普段はだだっ広い駐車場のごく僅かしか利用されておらず都内の人が見たら卒倒するような土地利用率の低さですが、7月下旬の花火大会のときだけは本領を発揮して大活躍です。


今回は益子までの比較的平坦な区間だけをお乗りになったということですが、アップダウンの激しい茂木周辺の区間の方が鉄道ファンの趣味的には醍醐味らしいです。
真岡鉄道で走っているSLは、利用促進の一環として担当者が文字通り全国を駆けずり回って各地の静態保存されているSLの中から状態の良いものを選別し譲渡交渉したものだそうです。
(先日「鉄道ファン」誌にSLもおか号の特集があり、当方は記念に購入しています。とはいえまだ一度も乗っていないのですが…)

ただ噂では、特にC11-325の方のヘタりがひどく、最近では自力で坂を登れないこともしばしばでディーゼル機関車を補助として連結していることも多いとか。…なんだか、足元のおぼつかないお爺ちゃんが背中を押してもらいながらやっとの思いで坂を登っているさまが目に浮かんで萌えませんか?萌えませんね。:-P
【2010/08/11 21:31】 URL | まぬ #- [ 編集]

まぬさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

まぬさんは真岡に在住されてるんですね。
国鉄民営化の時はいろいろあったようですが、
赤字ローカル・・・確かに乗客数がメチャメチャ少なかったです。

益子-下館間は25kmしかないんですね。
時間がかかる割には距離は短そうだと思いましたが・・・
都内もそうですが、私が住んでいた地方の実家も同じような距離で
そんなに運賃は高くなかったので驚いたのですが、
確かにあの客足では運賃のみでまかなうのは大変そうです。
バスでも890円も掛かるんですか?!それはあまりにスゴイ。
子供や学生さんはさておき、それだったらマイカーにしちゃいますよね。^^;

下館は駐車場がネット上では上手く見つけられずに、
安全策をとって益子に止めたのですが、市営の駐車場があったんですね。
お店の駐車場を利用してしまうというのは、いくら空いていたとしても気が引けますね。

結局、せっかくだからで益子から先の終点まで乗りました。
アップダウンの違いはよくわかりませんでしたが、益子までは民家と田んぼが多く
そこから先は森(?)が多かったような気がします。
有名な桜並木のシーンもその辺りみたいですね。
SLの世界も奥が深いですね。
実際にSLを走らせるまでにはやはり苦労も多かったんですね。

自力で坂を登れない機関車というのは、SLのイメージをくつがえしますね。
実際に見た時もなんだか力強いイメージでしたので意外です。
なんとか現役を続けて欲しいものです。
【2010/08/12 17:29】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。