クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真岡鉄道でSLに乗ろう!【エピソード3】
毎日激しくクソ暑いっすね~。(不適切な表現があった事をお詫びします。)

私はクーラーによる寝冷えが原因とみられる風邪を先日から患っておりまして、
できるだけ夜は長時間クーラーを掛けずに寝ようと2時間タイマーにしておくのですが、
クーラーが切れるとあまりの暑さに、どうしても夜中に(とび)起きてしまいます。

結局、再びクーラーを掛ける羽目になり、そしてまた寝冷えをするという悪循環で、
なかなか風邪が完治しません。これが夏風邪の恐ろしさですね。(--;)

「幾ら何でも暑すぎんだろ」なこの暑さで、
各地で熱中症も多発しているようですし、早いところ涼しくなって欲しいものです。

さて、わが家では、日曜日で相方の短いお盆休みが終わり、
昨日より平常シフトが戻ってまいりました。

そこで休日の間は、さらりとおさぼり中だった(汗)「真岡SL&ポタ日記」ですが、
この辺で再開させていただこうと思います。

相変わらず読みにくくてすみませんが、よろしかったらお付き合い下さい。m(__)m

ちなみに以下の「真岡SL&ポタ日記」は今年5月15日の話になります。

【エピソード0】は→こちら、【エピソード1】は→こちら、【エピソード2】→こちらです。

**************************************************

それなりの紆余曲折ありながらも下館の地で
ようやくSLとの(一方的な)感動の対面をはたした私共。

何せ実際動いちゃうリアルSLをこんな間近に見たのは初めてなので、
感激と興奮もひとしおです。

数分後に出発するSLは、目下エサである石炭詰め込み中らしく、
環境方面から見ると、若干いただけないような煙を煙突から勢いよく吐いています。

SL

・・・ところで来る時に電車で見た景色によると、
線路脇には結構住宅もあり、当然洗濯物も干してあったように記憶してるのですが、

そこをこんな景気よくモクモクとしながら走ってしまうのか?

という素朴な疑問が・・・クレームとか来ないんか?

「うーん、付近の住民対策としては、住宅地では煙を出さない為に、
そこは電動に切り替えて動かすんじゃないかな?」


と最もらしく仮説を立てる相方。

うっかり一瞬「なるほど」と思ってしまったのですが、

って、それはSLじゃなくて、もはや電車じゃね?

それとも石炭と電気のハイブリッドのなんちゃってSLって事?
んな旧型だか新型だかわからんSLは聞いた事ないけど。

確かにその可能性は否めませんが、だったら無駄にモクモクさせないで、
最初から電気で走らせるだろ。・・・たぶん。

まあ、その辺の事はSLに乗ってみれば嫌でも解決するとして・・・

しかしさすがはSL、SLの周りにはその勇姿を写真に収めようと、
おそらくこれからSLに乗車すると思われる人々が群がっていますし、
私共もその群れの中で興奮しつつ、彼の勇姿を何枚も写真に収めていたのですが、
はっ!と気づくと、すでに乗客は、次々入場している模様。

まず座席を確保しとかなきゃマズいんじゃね?そう言えば。∑(゚∇゚|||)

座席確保を誤ると、2人別々の席になる・・・のは最悪いいとしても、
旅のご家族団欒の場にポツーンと一人「で、あんた誰?」状態になる可能性もあります。

せっかくの初SLなのに、そんな針のムシロ的な気まずい状況に身を置きたくないので、
あわてて席確保する為に一旦車内に入る事にしました。

以前、映像で見たことのあるSLの車内は、確か木で出来ているクラシカル仕様だったので、
そんなクラシカルを期待して中に入ったのですが、

車内

中は超普通。

むしろ、なんかファンシー。

ファンシーな理由は栃木の特産品のイチゴを飾って貪欲に観光アピールをしているお陰ですが、
その上ファンシーの上塗りにも窓にはいつか栃木のどこか見かけた、
イチゴモチーフのファンシーキャラ、何とかちゃんシールがいちいち貼っちゃってあります。

可愛くはあるけどSLムードをぶち壊す、凄い破壊力だぜ。何とかちゃん。

何とかちゃん

こんな感じなんで、車両の中だけ見ると、


なんか全然SL乗っている気がしねぇ。


席は向かい合えるボックス形式になっていますが、
普通の旅仕様の電車と雰囲気はなんら変わりません。

正直、ちょっと拍子抜けしました。

座席確保前についうっかりSLに見入っちゃっていたので、
「車内はすでに満席かも」とビクビクしながら入ったのですが、
意外に席は空いていて簡単に窓際の席をGET!

しかも一向に満席になる気配がなく、実際に出発時も満席にならなかったのですが、

SLってすげー人気だと思い込んでいた自分て一体・・・・(゚∇゚ ;)

と、人間とはわがままなもので、それはそれでなんか寂しかったっす。
もしかして桜の季節などのある一定の繁盛記にしか、
真岡SLは混み合わないのかもしれません。

更に乗ってみてわかったのですが、SLは特にお子さんに大人気と思っていたけれど、
どちらかというとお父さんに大人気の乗り物なんですね。

一家の中でお父さんは喜々として、外でSL撮影に勤しんでましたが、
車内にお母さんと残されたお子さんは、定期的に大きくいななく汽笛の音に怯えて、
ビビりまくり宥められている始末。

私位の年齢だと実際に乗ったことがなくとも、うっすらと「SL引退」とかいうニュースの記憶もあり、
SLは郷愁を誘う対象ですが、小さいお子さんが生まれた頃は影も形もない乗り物でしょうし、
考えて見れば、大人気も何もそんなに好きになりようがないのかも。

そしてそんな風に車内観察をしたり、もう一度外に出てSLの写真を撮ったりしている間に
出発時間となりまして、とうとうSLが走り出しました。

感動的な瞬間ではありますが、それにしてもSLの走る音というのは、

思っていたより断然うるせーーーっ!

“シュッシュ”という音が絶えず大音量で聞こえてきます。

中があまりに普通の列車チックなので、SLに乗っているという事を忘れそうなのですが、
このうるせー音と窓の外にSLが吐く煙が見えるのと、
石炭を燃やす為かキナ臭い匂いが漂ってきますので、
その辺でSL感をと実感できます。

ほどなくして住宅地に差し掛かり、「さて、住宅地ではどうなる事やら」と見守っていたのですが、
住宅地に差し掛かると急遽電動に切り替わるはずもなく、
「そんなの関係ねぇ」とばかりに、容赦なく煙を出したい放題。

煙

天気のいい日だったので普通に洗濯物も干してありましたし、
あまつさえ布団も干してあったのですが・・・
これだけの煙を浴びても存外すすとかつかないのでしょうか?

そして景色は下館から離れる程、頭の中で「世界の車窓から」の音楽が
リフレインしまくるような気持ちのいい田園風景となりますが、
この時期はまだ田んぼは苗を植えたばかりなので、
田んぼの水が鏡のように晴れた青空を映していて綺麗な風景でした。

田園風景

暫く走っていると車内には、乗車券の確認をしに車掌さんが回ってきますが、

車掌さん

乗車券の確認と同時にこのような記念の券をくれました。

券

乗車しないともらえないと思うので、そのプレミア感がちょっと嬉しい。

それから車掌さんに続いてやってきたのは、
ワゴンを押した女性2人・・・車内販売のようです。

って、これはSL弁当購入チャンス到来じゃ?!
 
途端に色めき立つ、私と相方。

出発前に駅構内でSL弁当を探しても販売していなかったので、
車内販売に一縷の望みを掛けたのですが、こうして巡ってきたところを見ると、
やはりSL弁当は車内販売だったに違いない。

SL弁当を購入する気満々で、自分のところに車内販売のワゴンが巡ってくるのを
待っていたのですが、期待とは裏腹に近づいてきたワゴンをチラ見してみると、
お菓子や飲み物はあるものの、SL弁当らしきものは積んでないような・・・。

あれ?????(゚∇゚ ;)

と思ったのもつかの間、ある勇者の登場により、
私たちの番を待たずしてSL弁当の謎が解明される事となるのです。

わが家と同じくSL弁当がワゴンにない事に気づいた乗客、仮に勇者Aさんとしておきますが、
この勇者Aさんが販売員の女性に、私達も目下知りたかった

「SL弁当はないんですか?」

という質問をタイムリーにぶつけたのです。

「自分で聴く手間が省けてラッキー、ありがとう勇者Aさん。」と思いつつ、
自然を装い上がらも固唾を飲んで耳をそばだてる私と相方。

私と相方の感謝の念を勇者Aさんは知る由もあるまい。(そりゃそーだろ)

しかしそんな勇者Aさんの質問に、販売員の方はあっさりと、

「SL弁当は予約制なんですよ。^^」

な、なにーーーーっ!!∑(゚∇゚|||)

その言葉にこんなにも動揺している人間がここに2人いる事を
販売員の方も勇者Aさんも知る由もあるまい。(知る必要もないけど)

その後盗み聞いたお2人のやり取りをかい摘むと、
どうやらSL弁当というのは、前から予約をしておき車内販売の時に
その予約した弁当を受け取るというシステムになっている・・・らしい。

つまりその日になった時点ですでに詰んでいたというか、
購入することは不可能な弁当だったのです。

そう聞いてよく見ると、ワゴンの下の部分には予約分と思われるSL弁当らしき包みが・・・

しかし駅弁がまさかの予約制とは・・・どうりで探してもないはずだよ。トホホ。

家に帰ってから改めて調べてみるとその旨は「真岡鉄道」のHPに
しっかり書いてあったので、よく見ておけばよかったです。(--;)

SL弁当の夢敗れ、保険としてコンビニで買っておいたありふれたおにぎりと
味気ない乾き物がSLの旅を彩る食物になりましたが、
丁度昼メシ時で腹が減る時間だったので、こんなもの(失敬)でも買っておいてよかった。

とこでこのSLは、SLといえども通常シフトの各駅停車で、
途中の駅から乗り降り自由となりますが、わざわざSLに乗るような人たちは、
始発から終点までSLを味わいたい人が多いらしく、
途中の駅ではあまり降りませんし、あまり乗っても来ません。
(真岡駅では多少の乗車はありましたが)

そして更にSLといえども単線の悲劇は避けられず、
普通電車と同じように、交換連絡待の為数分の駅停車をしますが、
真岡鉄道の17の駅は画一化されたコンクリートの四角い駅と違い、
それぞれの駅に個性があり、趣があって見ていて面白いです。

こちらは「いちはな駅」

駅

こちらは「にしだい駅」です。

駅

その中で「ひぐち」という駅は、かなり鄙びた感じに味のある
「取りあえず駅のような体裁を整えました」的なほったてやっつけ感漂う駅でして・・・

やっつけ感が漂うだけに全貌がギュッと詰まっている駅なのですが、
そこには行きの車内で疑問に思っていた真岡電車の乗り方が
わかりやすい図解付きで説明してあったのですが、
その表題には“レールバスの乗り方”とありました。

って、バスだったのか?あの電車(と思われたもの)?!∑(゚∇゚|||)

なるほど、バスと思えば、表示や運賃箱、整理券等の
真岡電車の数々のバスっぽい感じの作りも納得できるってもんです。

そうしている間に、行きと同じく約50分をかけて益子駅に到着しました。

当初50分も乗ればあきる十分堪能できると思われていたSLですが、
例え車両が普通の電車っぽくてもそこはSL、
SLマジックの興奮の中で結構あっという間の50分でした。

元々益子で降りる予定でしたので、乗車券も益子までしか買っていませんでしたが、
SL的には楽しかったものの、下館‐益子間はSLに乗る前に電車でも通った道、
つまりSLに乗った時点で初めて見る景色ではなく直前にも見た景色なので、
いささか新鮮味には欠けるものがありました。

電車で下館に向う時はできるだけ景色を見ないようにしていたつもりでしたが、
やっぱり見えちゃっているもんなんですよね。^^;

そこで、「ここまで来たなら見た事のない新鮮な場所も通りたいという欲望がムクムクと・・・

未知の世界というのは妄想をかき立てられるもので、

もしかしてこの先は桃源郷のような
美しく素晴らしい景色が広がっているかも。


という気もしてきます。

それによく真岡SLPRの写真になっている有名なあの場所は、

SL情報

これから後の益子‐茂木間にあるんじゃないか?


もちろんこの時期は最大の売りの桜と菜の花は咲いているはずもありませんが、
せっかくここまで来たのにその場所を見ずして帰っていいのか?

止めどなく湧き上がるのは、相方に植え付けられた“せっかくだから心”

しかし心配なのはこの後に予定している自転車での益子探索ポタです。

益子‐茂木間は下館‐益子間よりも短いので30分程度ですが、
それでも往復すると電車に乗っている時間で60分、
1時間に1本の電車なので、待ち時間を入れると1時間半位は掛かるような気がします。

せっかく自転車を持ってきたのに「ポタが短くなっていいのか?」と悩みましたが、

おそらく真岡SLに乗る機会はもう2度とない

・・・とは申しませんが、私のこれからの人生でそうある事でもなさそうです。

後々に遺恨を残すのは、SL弁当だけで十分だ!

と思い、自分葛藤の末にSLの“せっかくだから”に軍配があがりまして、
途中またまた車内を回ってきた車掌さんから切符(530円)を追加購入し、
急遽、終点の茂木までSLに乗る事にしました。

新しく見る景色にワクワクしながら乗っていましたが、
確かに下館‐益子間に比べ林のような場所が多くなりつつも、

益子‐茂木間

特に桃源郷的な景色もなく(当たり前ダロ)、終点の「茂木」に到着。

で、桜、菜の花ボイトはどこだったんだ??(゚∇゚ ;)


当たり前と言えば当たり前の話ですが、目印となる桜も菜の花も咲いていないので、
どこがあの有名撮影ポイントかもさっぱりわかりませんでした。(--;)

あのまま益子で降りても「この先に素晴らしい景色があったかも」と
勝手に妄想し、後悔するのは必至なので、
まあ、終点まで来てみてよかったんですが、来たら来たで、

「貴重なポタ時間を削ってまで来る意義あったんか?」

と思わないでもありません。

そんなちょっとした後悔を心に抱えSLを降りたのですが、
この後、後悔から一転、

「終点まで乗ってきてよかったーーーっ!」

と心から思う出来事に遭遇する事になりました。

・・・すみません、続きます。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村
 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
こんにちは
車内は電気がついていますが、やっぱり電車?と思ってしまいますね。
終点でまさかの出来事とは・・・・ 
私もSLには乗ったことはなく、テレビに出てくる田舎のシーンに出てくる乗り物だと思っていましたしね。いなかっぺ大将とかね。
【2010/08/17 18:15】 URL | KIKU #- [ 編集]

残念でしたね。
SL弁当が予約制だったとは思わぬ落とし穴でしたね。
中々いいオチでした。どうりで売店で販売されていない訳ですね。
【2010/08/17 18:34】 URL | まっつん #- [ 編集]

KIKUさん、 こんにちは
コメントありがとうございます。

先頭車両はクラシカルなSLなのに、車内は妙に電車チックで、
ちょっと拍子抜けでした。
蛍光灯もしっかり点灯いていますが、せめて裸電球だったらムードがあったのかも。
いなかっぺ大将懐かしいですね~。 
その頃はまだ地方ではSLが普通に通ってたんでしょうね。
関係ないですが、いなかっぺ大将と言えば、涙の描写が衝撃的でした。
【2010/08/17 21:37】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

まっつさん、こんにちは
コメントありがとうございました。

まさか予約制だったとは想定外でした。
チャンとHPを見ていけばよかったのですが、ツメが甘かったです。^^;
お陰で無駄な動きをしちゃいました。
【2010/08/17 21:40】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


一応指摘しておきますが、真岡鉄道は電化されていませんので
電車は走ってません(自走不可能)
なのであなたが電車と発言されているのは電車でなく気道車です。
【2010/08/17 22:02】 URL | 通行人 #- [ 編集]


こんばんは

SLってローカル線や3セクの目玉として結構残ってたり復活したりしてるんですよねぇ
若干の鉄の血を私も持っておりJR駅のポスターでみかけると乗りたくなります(笑)
真岡鉄道は3セクだったかな?
関東では群馬のSLのポスターを最近見掛けました
有名なのは静岡の大井川鉄道や福島の磐越西線とかですかね

茂木まで行ったならツインリンク茂木見学も面白い所ですよ
車やバイクのサーキットですが、予約すると1000万するHONDAの車にコース試乗出来たり、本物のレーシングカーに座って記念撮影とか出来ます
HONDAの車、バイク好きならたまらない所です

でわ
【2010/08/18 01:47】 URL | しゅう #- [ 編集]

真岡住民ふたたび
楽しみにお待ちしておりました。…というか、なにこの地獄のヒキ。(>_<)
終点まで乗ってきてよかった出来事…。たぶんアレかな。アレだろうなきっと。うん。

個人的には、益子や真岡を探索してどういう感想をもたれたか大変興味あるんですが… :-)
(特になんの特徴もない田舎町だと思うけど(ぼそ))



> 確かにその可能性は否めませんが、だったら無駄にモクモクさせないで、
> 最初から電気で走らせるだろ。・・・たぶん。

えっとあの…
真岡鐵道(旧国鉄真岡線)って…非電化路線ですよ? (^-^;;)
一度でも上を見上げれば気づいたかと思いますが、架線もそれを支える沿線の支柱もありません

ドラマや映画等でSLの走る画が必要な際、架線が無いということでわざわざ真岡鐵道に撮りにくるロケ隊もたまにいるそうな。


> 中は超普通。

つ 国鉄50系客車 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%8450%E7%B3%BB%E5%AE%A2%E8%BB%8A

1980年前後に製造されたということで、内装も比較的近代化されてますからね。
今となっては客車そのものが珍しい(自力で移動できない以上、折り返しですらいちいち機関車を付け替えなくてはならないので真っ先に淘汰された)上に、改造されずに唯一原形を留めているということで鉄ヲタ的には見所があるらしいですが…


> レールバス

つ レールバス - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%82%B9

細かい話はウィキペに譲るとして、要はバスの部品を流用することで低コストで造った電車モドキのことです。
しかし…ンな鉄ヲタしか喜ばない一般乗客には心の底からどうでもいい用語を、わざわざアピールしてたとは知らなんだ。(@_@;)


> 「SL弁当は予約制

記事を拝見するのと同時に当方もググって、オチを知っておりました。(^o^;)
昔は真岡駅の売店で売ってた記憶があるのですが、いつのまにか売店潰れてたし。(汗)
SL弁当というのも通称で、何の変哲もない幕の内弁当らしいですよ。


> もしかしてこの先は桃源郷のような

ただの丘陵地帯です。;-)


> それによく真岡SLPRの写真になっている有名なあの場所は、
 :
> で、桜、菜の花ボイトはどこだったんだ??(゚∇゚ ;)

当方も場所は特定してませんが(というより本気で探してませんが)、噂では北真岡駅周辺にあるらしいです。
真岡リス村(という名のしょぼい小動物園)の辺りかなあ…?と予想しています。
【2010/08/18 02:24】 URL | まぬ #- [ 編集]


SLいいですね!
わたしも昨年埼玉の長瀞で乗りました!
【2010/08/18 10:30】 URL | マーサ #SFo5/nok [ 編集]


こんばんわ。(*´艸`)

何とかちゃん、じゃなくて、おとちゃんだから~(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

車内のファンシーさは、「おとちゃんプレゼンツ『いい芳賀いちご夢街道』いちごSL」
の名残りなんですかね?
おとちゃんのページに、「いちごSLを見逃してしまった人のためにゴールデンウィーク
中は特別飾りつけしとくから見てねっはぁと」って書いてありました。

しかし、そのシーズン、まさかのおとちゃんシーズン真っ只中?
いちごパン、いちごゼリー、いちごパイ、とちおとめロールケーキ、いちご酒・・・
コンビニのおにぎり食べてる場合じゃないでしょぉぉぉ~≧(´▽`)≦アハハハ

【2010/08/18 21:43】 URL | MURA #- [ 編集]

通行人さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

真岡鉄道は電化されていないんですね。
線路を走っていれば、電化されていると思い込んでいたのですが、
そうじゃない列車もあるんですね。
気道車っていうんですか?勉強になります。
【2010/08/18 22:35】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

しゅうさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

SLっていいですよね。
私も若干鉄の血が入っているのか、なんか血が騒ぎました。
SLはあまり乗れる箇所がないと思い込んでいたのですが、
意外と乗れる箇所があるんですね。
この真岡鉄道も週末にはほぼ乗れるようですし、
思ったよりも全然手軽な乗り物なので驚きました。

茂木のサーキットって有名ですよね。
私はあまりレース系には詳しくないので場所もよくわからなかったのですが、
本場のサーキットを走れるなんて、好きな人にはたまらないでしょうね。
【2010/08/18 22:43】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

まぬさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

なんかなかなか進まなくて、読みにくくてすみません。^^;
終点まで行って良かった事は終点でないと見られなかった事です。
おそらくそのアレじゃないかと。

益子はこの後巡りましたが、いい街ですね。
昔はもっと違う感じのイメージを持っていたんですが、
綺麗だし、オシャレなカフェもいっぱいあるし・・・
まだまだ行きたいカフェもあるし、焼き物も見に行きたので、
また機会があったら行きたいと思っています。

真岡鉄道って電化していなかったんですね。
線路を走っている列車は勝手に電化していると思い込んでいたのですが、
確かに上の電線(?)がないですね。
だからわざわざ“レールバス”っていうんですね。
他の駅では気がつかなかったのですが「ひぐち」駅では書いてありました。
初めて聞く単語ですが、なんだか納得しました。

なるほど、電車の線路を走っているSLだと線が見えちゃうんですね。
その点、真岡鉄道はすっきりしていて画的にいいですよね。
しかしSLのあの超普通だと思っていた客席も、
見る人が見ると価値があるもんですね。
私には猫に小判でしたが・・

SL弁当は予約制だったんですね。
ちゃんと調べていかなかったので無駄足を踏んでしまいました。
写真を見ると、確かにあまりSL的な特徴はなさそうですね。
昔は真岡駅でも売っていたのに、売らなくなったということは、
・・・やっぱり売上が芳しくなかったのでしょうか?

あのポイントは菜の花と桜がないと特定が難しかったです。
真岡リス村、ありましたね。
どんな村かとちょっと興味を惹かれました。
【2010/08/18 23:15】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

マーサさん、こんにちは
コメントありがうございます。

SLいいですよね~。
長瀞でもSLが乗れるんですか~。
意外にいろいろな場所で乗れるんですね。
【2010/08/18 23:16】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

MURAさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

そう!おとちゃんでした!!
以前ブログに書いた気はするのですが、まったく思い出せなかったです。
最近、いろいろ記憶できなくなってきてダメですね。^^;
なぜおとちゃんが?と思ったのですが、SLとタイアップ企画があったんですかね?
あのファンシーな苺いっぱいの飾り付けはゴールデンウィークに
見逃した人のための、親切仕様だったんですか。(笑)
親切なような、そうでもないような・・・

> いちごパン、いちごゼリー、いちごパイ、とちおとめロールケーキ、いちご酒・・・
> コンビニのおにぎり食べてる場合じゃないでしょぉぉぉ~≧(´▽`)≦アハハハ

そのようなものが車内販売にでもあれば、まだあのファンシーな飾り付けも
理解できたのですが、特に売ってなかったんですよね。
近くのどこかで売ってくれていれば、おとちゃんの親切に答えて買ったんですけどねぇ。
【2010/08/18 23:25】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

こんにちは。
SLってやっぱ風情がありますね~
ただ、内装はやっぱりがっかりですね笑
なんで内装までこだわってくれなかったのか。。。

乗車されたのは休日ですか?
あんまり混んでないんですね。。。
SLの人気がお父さん世代が中心とすると、
10年、20年後にはこの電車の存在自体が危ういかもしれませんね・・・

【2010/08/19 10:52】 URL | さくた #- [ 編集]

さくたさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

SLはなかなか風情がありました。
内装については、ちょっとイメージとのギャップがありましたが、
それはそれで楽しめました。

このSLが走っているのは土日だけで私たちが乗ったのは土曜日でした。
整理券方式なので、そんなに混雑はしないようですが、
確かに満席でもなかったので、人気の程は微妙ですね。
ぜひ長く存続してほしいものですね。
【2010/08/20 22:38】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。