クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石ちゃんグルメ番組おっかけポタ~根津編~【後編】
明日はもう週末ですね。
今週は1週間経つのがものすごく早かったような気がします。

先週末の三連休からご当地パン祭りやら、かっぱ道具祭りやら、
スカイツリー初点灯やらと、いろいろとイベントがありまして、
ついつい直近の話題でブログを書いちゃっていたのですが、
そう言えば「前編」のままで放置しいる過去ポタ日記があったような・・・(大汗)

冷蔵庫の中で2年放置してあるタッパを開けるような気持ちで、
前編を書いた日付を見てみると、

なんと!一週間も経ってるぅ。∑( ̄ロ ̄|||)

自分で言うのもなんですが、たいしたネタじゃないのに、
1週間も放置していて、すみません。

すでに読みにくいというレベルじゃないと思いますが、
よかったらお付き合い下さいませ。(汗)

ちなみに以下の記事は9月25日(土)の出来事です。前編は→こちらになります。

**********************************************

25日の朝、目覚めると雨が降っていたので、一日中雨だと思いそのまま二度寝、
そして長い二度寝から再び目覚めてみると、そこには秋の美しい晴れ間が広がっていました。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」

というのは、かの名作「雪国」の名文ですが、この時の私は、

「トンネルを抜けると雪国だと思っていたのに、そこは沖縄であった」

という位に完璧にハシゴを外された気分でした。

仮にそこがもし雪国でなく沖縄だったとしても「エンジョイしなきゃ」
と川端さんも思ったに違いないように(たぶん)、
私も晴れたからには「ポタに行かなきゃ」と思いました。

が、朝の雨の降りっぷりから晴れる事はまったく想定していなかったので、
起きた時は、すでに時間は昼下がりというのも恥ずかしいような時刻・・・

まあ、どの道わが家はナイトライダー気質なので、夜遅くなるのは問題になるわけもなく、
私が2度目の惰眠を貪っている間に、相方が石ちゃんこと石塚英彦さんのグルメ番組を見て、
彼の巡ったお店をしっかりチェックしてたので、そのお店に行ってみようと、
「根津」までポタる事になりました。

ただ唯一心配なのが、その日にグルメ番組で紹介されたお店に、
その日にノコノコと向うということ・・・

若干落ちぶれた勢いがなくなった感のあるテレビですが、
キー局の影響力は未だ侮れず、

もしかしたらお店の前は、入店希望者でごった返しているのでは?

と恐る恐るお店に向かいましたが、お店のある路地は、
予想外な程に人出はナッシング。

路地

テレビで紹介されたにも関わらず、幾ら何でもな人のいなさに、

「逆に何かの罠か?!」

と生き方が滲み出るような猜疑心も生まれました。

しかし特にわが家をつけ狙う敵(誰?)から何か仕掛けられている訳でもなさそうですし、
そもそもこの場所自体が間違い・・・というサザエさんネタでもなさそうです。

さすがに訝しんでいましたが、ここでお馴染みの相方の後出し感満載の今更情報が。

相方が(今更)言うには、昼間放映された石ちゃんグルメでイチオシで紹介されいたのは、
平日朝7:30から10:30限定で食べられるという「とうふ丼」というメニューらしく、
曜日的にも時間的にもそのとうふ丼は食べられないので、
お店の他のメニューをネットで調べてみたら、甘味や豆乳ソフトクリームなんかもあるみたいなので、
来てみたかったそうです。

つまり紹介されていたメニューが食べられるわけじゃないって事?!∑(゚∇゚|||)

相変わらず言葉足らずというか、最重要部分の説明をごっつ端折ってんじゃん。(--;)

平日でもなく、すでに朝でもない(つーか夕方)のこの日は完全2重苦って事なので、
テレビでやっていた石ちゃん紹介のメニューが食べられないとなれば、
並びがまったくないというこの珍現象(?)もうなずけます。

でも、せっかく来たので、相方が言う甘味分野を頂く事とし、お店に入る事にしました。
こちら根津とうふ工房「須田」さん。

須田

豆腐丼が紹介されていただけに、手作り豆腐のお店です。

お店の中は、さほど広くなくお豆腐等の販売ブースと喫茶スペースに別れておりまして、
喫茶スペースは狭いながらも純和風で小奇麗な感じです。

豆乳ソフトクリームは単品でテイクアウトできるようなので、
それだけを購入する人やお豆腐を買う人が結構来ましたが、
時間も遅かったせいか喫茶スペースを利用しているのは、
私達ともう一組のお客さんのみでした。

相方は普通のあんみつ、私は豆乳ソフトクリームが付くというクリームあんみつ、
両方ともプラス105円でセットの豆いなり寿司が2個が付くということでしたが、

「さすがにあんみつの上に1人2個のいなり寿司は多いだろ。」

と感じまして、1つだけセットを付けて豆いなりは2人で分け合う事にしました。

しかし日本語とは難しいもので、私はこの時“豆”の意味を完全に取り違えていたのです。

そしてまもなく甘味が来ましたが、こちらが相方の「あんみつ」(472円)

あんみつ

・・・今までポタを隠れ蓑にしながら、いろいろな甘味処に行きましたが、
その中で史上最大級と言っていい位の上品な(量の)盛りつけです。

私の方の「クリームあんみつ」(682円)はこんな感じで、

クリームあんみつ

あんみつとソフトクリームが別盛なので、あんみつ部分はなんら相方と変わるところは無いですが、
あんみつの比率に比べると、豆腐ソフトクリームは結構多めの配分です。

あんみつの量は上品過ぎて私共のような人間にはアレですが、
お味は寒天に歯ごたえがあってなかなか美味しいです。

豆乳ソフトクリームは、口に入れた時は「普通のソフトクリームじゃね?」なのですが、
後味に植物性の感じ、まさに豆腐を食べた後のような味が口の中に残ります。
これはなかなか後味がさっぱりしているし、へルシーそうで、いいかも。

最後には「豆いなり」が来たのですが、

豆いなり

ちっちゃっ!(゚∇゚ ;)

大きさは写真ではわからないと思いますが、
軽くひと呑みできちゃう感じです。

そこで自分の勘違いに気づいたのですが、
私は豆いなりの豆は、いなり寿司の中に大豆か何かの
豆が入っているものと思ったのですが、小さいという意味の“豆”だったようです。

うーん、これだったら1人2個は軽く呑めたなぁ。

せっかくの手作りのお豆腐屋さんに来たので、帰りに厚揚げを2枚程購入しまして、
外に出たのですが「まだまだ胃に余白あり」な状況の時に、
目に飛び込んできたのは“東京都指定食堂”という看板。

須田さんのお店の前が昔ながらな感じの定食屋さんだったのですが、
そのお店には聞きなれない用語「東京都指定食堂」という謎多き看板が掲げてありました。
突っ込み型人間の私としては、この謎の新語に釘付け、

って、東京都指定食堂って何?

文字通りに捉えれば、東京都がお墨付きを出している食堂という事になりますが、
こんなところにまで都政は口出ししてんのか?存外暇なのか??

・・・とか言いつつも、こんなまったくわけのわからないものでも、
権威やお墨付き的な臭がすると、何だかとっても惹かれてしまう
権威とかご威光とかには弱い、長いものには巻かれるタイプの私という人間の哀しさ。

「入ってみたい!」という激しい欲求に駆られたのですが、
軽い気持ちで一見が入れなさそうな貫禄ある店構えにヘタレまして、
どーしてもお店に入る一歩が踏み出せませんでした。

もしかして、この簡単に入れないような謎のこのオーラが、
東京都指定食堂の証というヤツなのだろうか?

気になったので後で“東京都指定食堂”を調べてみたものの、
定義があまりに回りくど過ぎて、私のシンプルな作りの頭ではさっぱり理解できなかったのですが、
なんでも食糧難になった戦争前か戦中の時代に、外食券を持っている者のみが
食堂で食事ができるという外食券制度ができ、戦後その外食券食堂が、
諸々の事情で変化して「東京都指定食堂」になったらしいです。

一時期は結構な数の東京都指定食堂があったそうですが、
今ではあまり残っていなさそうなので、希少な存在なのかも。

歴史の流れで指定されたようなので、味は普通の大衆食堂と変わらないかもしれませんが、
(メニューも“さんま定食”とか普通だったし)今度一度食べに行ってみようと思います。

というわけで、ヘタレ根性のお陰で東京都指定食堂で食事ができなかったのですが、
どの道、夕食の算段をしなけれならない時刻となりました。

ところで根津という場所は下町情緒溢れるいいところで、
近所の谷中、千駄木と共に谷根千として、最近よく取り上げられている場所です。

つまり谷中が近い訳ですが、谷中と言えば谷中銀座という商店街があり、
偶然にもそこには魅力的なお惣菜なんかもある気が・・・

これは神が「あの制度を発動せよ」とお告になっているとしか思えない。

「相方よ、ここはパーバー・・・にするか。」

“パーバー”とはわが家独自(なのか?)の制度でして、
某鳥屋さんのクリスマス限定商品の名前をパクってオマージュし、
“パーティーバーレル”を略して“パーバー”と称していますが、
そのゴージャスで華やかな名前とは裏腹に、
要は出来合いのお惣菜をアルコールと共に頂くという夕食です。

ぶっちゃけると単に帰ってから食事の支度をするのが面倒なのです。

特にポタ時なんかは、このパーバー制度が発動する率が高いのですが、
こういう時にありがたいのが相方の“せっかくだから至上主義精神”

生活行動の礎が“せっかくだから”な彼は、変化のある食事を好むので、
“いつもはあまり行かない商店街の惣菜”というシチュエーションは大好物なのです。

惣菜であまり喜ばれるとそれはそれで主婦としては複雑な気持ちもなくもないですが、
簡単に相方さんのご賛同も得られたので、その足で谷中銀座に向かいました。

根津から谷中に向かう道中、相変わらずベロンチョの異音2重奏は小さく鳴ったり、
鳴らなかったりしておりました。

ところでこの辺りは長い坂が多く、2重奏を奏でつつも長い下り坂に差し掛かったのですが、
ブレーキを掛けると、更にすげーキーキー音が!

これは、ベロンチョのブレーキパッドが擦れて出ている音?

第3の音追加で、ついに恐怖の3重奏かよ?!∑(゚∇゚|||)


3音目の存在を裏付けるように、私がブレーキを握るとキーキー音が鳴り、
ブレーキを離すと、ブレーキ音が収まります。

この上ブレーキの異音も抱え込むのか?(絶望)

2重奏ですら持て余しているのに暗澹たる気持ちになりました。

基本私は遠慮深い人間なので、私ばかり異音を貰うという現状は大変気がひけるので、
快適そうに前を走っている相方に「一つぐらい分けてあげたい(ハート)」と結構マジで思いました。

しかし坂道をあらかた下り終わる時の事、私はブレーキを握っていなかったにも関わらず、
激しいキーキー音が聞こえ・・・

あれ??(゚∇゚ ;)

も、もしや!!∑(゚□゚|||)

と後ろを見ると、後ろにはママチャリに乗った女性が!

後ろに自転車が来ていたのはまったく気がつかなかったのですが、
どうやらこのキーキー音は、このママチャリの女性が奏でていたようです。

つまり見知らぬママチャリとベロンチョがコラボレーションした、
3重奏だったわけですが、

ま、まぎらわしい・・・が、なんてグッド(?)タイミング。

坂道を降りる直前までほぼ私と同じタイミングでブレーキを掛けるとは、

この人と友達になったら気が合うかも。(ハート)


と思わず思ってしまった私は、もしかして人に飢えているのでしょうか?

まさか一方的にそんなキモい事を思われているとも知らないであろうこの女性とは、
当然、友情も芽生える事もありませんで、そののちに即お別れ、
そして谷中銀座に到着した頃には、すっかりお外は真っ暗になり、
写真では何処が何処やら状態になりました。・・・が、「谷中銀座」です。

谷中銀座

午後6時を過ぎていましたので、商店街はもう少しで終了の時間だと思うのですが、
まだまだそれなりに賑わっている感じでして、

谷中銀座

売り切れ御免やシャッターが閉まっているお店もあるものの、
余裕で買い物可能な感じでした。

谷中銀座は今まで何度か来た事はあるのですが、
どこにお惣菜のお店があるのかを認知するまでには至っておらず、
多少商店街を見る時間もありそうだし、まず全体を軽く流す事にしたのですが、
途中、香りがするお店の前で突然立ち止まる相方、

「ここも番組で石ちゃんが食べてたお店だよ。」

これ!わが家のグルメ指導者の石塚さんに石ちゃんなどと恐れ多い!

どうやら番組では石塚さんは根津の「須田」さんに回った後、
谷中銀座に寄り、更にグルメ道を精進されたそうです。

石塚さんがお寄りになりお食べになったのは、こちらの「やなかのしっぽや」さんの

やなかのしっぽや

猫のしっぽを模したというドーナツらしいですが、わが指導者がお食べになったにも関わらず、
素通りするなどという無礼な事はできません。

1本か2本か迷いましたが、見栄っ張りの私は何となく1本だけ買うのが気恥ずかしかったのと、
あまりにシッポが可愛く、しかも模様によっていろいろな味もあったので、
つい2本買ってしまいました。

この選択がこの後の私共のパーバー計画を狂わせる事になるとは思いもせずに・・・

猫のしっぽ

手前のシマシマがマロン餡の「マリリン」、後ろが小豆餡の「アン」(各130円)です。

なんか本当に猫のしっぽみたいでスゲー可愛い。特にマリリン。

こちらはドーナツでも焼きドーナツというジャンルのようで、
普通の揚げたドーナツとは、まるっきり違う食感、違う味です。

むしろ「なぜこれがドーナツなんだ?」と疑問に思っちまう程の違いっぷり。

最近、生ドーナツというのもあるようで、私は食べた事がないのですが、
その生ドーナツの製法は、スポンジケーキにムースをのせ、
ゼリーやフルーツと一緒に冷やし固めて作っているそうですが、

それって普通にムースという食べ物じゃないんか?


第一、製法がそこまで違うともうドーナツとは言わないんじゃないか?

と、いつもドーナツの定義の言ったもん勝ちさには苦々しく思っております。
・・・まあ、私が苦々しく思っても誰も何も感じないですけどね。

この猫のしっぽも揚げドーナツとは完全に別ものですけど、サクサクして美味しかったです。
私はマロン味のマリリンが、相方はアンの方が気に入りました。

しかしこのニャンコの尻尾、細いからいい気になって油断しましたが、
長い分結構量はあったようで、1本食べると結構なボリューム感が・・・

この時間になると開いているお惣菜のお店は、揚げ物や焼き鳥等の
がっつりとした肉関係が多かったのですが、今の自分達にはトゥーマッチな気がしてきました。

ライオンだって腹が減っていな時は狩りに行かないように、
やはり生物は腹があまり減っていない時はハンターとして活動したくなくなるのか、
どこかお惣菜を選ぶのもおざなりになりまして、
気がつくと何も買わず、うっかり手ぶらで帰路についていました。

あれ?パーバーの必需品、酒のお供はどうすんだ?

と走りながらぼんやりと思いましたが、時すでに遅く・・・
ここまで来ちゃうと思い当たる惣菜ポイントは、近所のスーパーですが、
うちの近所のスーパーのお惣菜は何を買っても、

「逆にどうしたらこんな味に作れるんだろう?」


と疑問に思うぐらい、激マズ個性的な味付けなので、寄るわけにもいかず、
そのまま家に着いちゃったんですが、着いた途端、

「これじゃ空パーバーじゃん。(>_<)」


と相方が完全な被害者のように嘆きだしたのですが、
(自分だって惣菜選ぶ時はおざなりだったじゃん)

なんすか?その何気に挟んだ“空パーバー”っていう新語は。

どうやら食糧が何もないパーティバーレル(空のパーティバーレル)という
寂しい状況を示す新語のようです。

パーバーの時もそうですが、新語というのは必要に駆られた時にできるもんなんですね。

よく考えると何もないとそもそもパーティバーレルは成立しないので、
空パーバーという概念は存在しないのですが、
何もないにも関わらず、語尾にパーバーを付ける事によりゴージャスになる(のか?)
ところが気に入りました。

しかし確かに空パーバーで酒だけ飲むのは侘しい・・

と思っていたところに、買っていてよかった「須田」さんの厚揚げ、

厚揚げ

こちらも量はいささか上品な感じでしたが、さすがにこだわりの手作り豆腐だけあり、
柔らかくてビールにもよく合い(これ重要)美味しかったです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
こんにちは
石塚さんの土曜のお昼のコーナーは時間が合えば必ず見ています。
あの番組を見ると、もし東京に住んでいたらこのコーナーをみて午後はお散歩だろうなぁ~とよく思っていたものですが、都民はやっぱりそうしていますか。
あの人の歩く商店街だけが楽しそうなのではなくて、東京の商店街は本当に楽しいいのでしょうね。その代わり皆石塚さんのようなおなかになっていくのでしょうか??
【2010/10/16 07:26】 URL | KIKU #- [ 編集]

KIKUさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ポタ時に必ずグルメを絡めずにはいられないわが家は、
石塚さんの行き先はかなーーり参考になっています。
もう指導者といっていいぐらいです。
お腹は似たくなくても似てきてしまうところが悩ましいですが・・・^^;

東京の商店街もうちの近所のようにシャッター商店街と化している
ところも多いみたいですが、逆に活性化にがんばっている商店街も多いですね。
谷中銀座も活気のある商店街の一つなので、行っていても楽しいです。
【2010/10/16 09:17】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

白いジャケットのおにいさん(後姿)
あっ おひさしぶり お元気でしたかぁ って感じですね


さて、キッチンの片づけ、お風呂・トイレの掃除、食器洗い完了v-154
外は久しぶりの秋晴れってことでちいとポタってきます


ポタれども グルメスポット見当たらず 上り下りばかりなる 我が彩の国


いってきまあす
【2010/10/16 11:19】 URL | くろえ~っ #- [ 編集]

くろえ~っさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

すみません、前編から結構時間空いちゃいました。(汗)

昨日はキレイな秋晴れでしたね。
それにしてもきちんと家事をされてから出掛けるくろえ~っさんは偉いです。

埼玉もグルメスポットがたくさんありそうですが、
広い範囲に点在してそうですね。
でも昨日はアド街は行田でしたが、B級グルメがメチャ美味そうでしたよ。
行田に行きたくなりました。(ヘタレな私はおそらく車で行くでしょうけど^^;)
【2010/10/17 13:16】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


こんばんは~(*´艸`)

とうふ丼?!!その番組、私も見ました。
何の番組だっけなぁ。。。(ノ´∀`*)

「東京都指定食堂」なんてのがあるんですねぇ。。。
知らなかった。。。
今はどれくらい残ってるですかね?
こうなると、東京都指定食堂食べ歩きなんてのも
してみたくなっちゃいませんか?(ノ´∀`*)

わたしも土日の夕飯はほとんどパーバーです。
それが目的で、メインの目的地以外に、その帰りに寄れそうな
xx商店街とかxx銀座をチェックしてます。v( ̄ー ̄)v

「パーバー」「空パーバー」いいですね、みんなでブログで使って流行らせちゃいます?
いまからなら流行語大賞に間に合うでしょ?≧(´▽`)≦アハハハ

そうそう、その猫のヤツも石ちゃんが食べてました。
そういえば、サンマの焼いたのも食べてたような・・・、それは別の番組かなぁ。。。

【2010/10/18 19:58】 URL | MURA #- [ 編集]

MURAさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

この番組、MURAさんもご覧になったんですね。
メレンゲの気持ちの中の石塚さんのコーナーのようです。

東京指定食堂、私もまったく知りませんでいた。
実はポタ先として巡る事も考えて調べてみたのですが、
今のところ、このお店と押上にあるお店2軒しか調べられませんでした。
戦前、戦後の歴史の流れとして指定食堂は出来たらしいので、
戦後からある歴史ある食堂でないとダメでしょうし、
そこまで歴史のある食堂というのは、あまり無いという事でしょうか?

パーバー、流行りますかね?(笑)
空パーバーはさておき、パーバーが流行り流行語大賞になったら、
おそらく受賞されるのは、ケンタッ◯ーフライドチキンの社長でしょうね。

相方が言うには石塚さんはさんまも食べていたらしいですよ。
そのさんまのお店も見かけたのですが、
さんまのお値段を見て、すっかり相方はビビってしまいました。^^;
【2010/10/19 00:00】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。