クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京スカイツリー撮影スポット巡りポタ【その1】
昨日はサイクルモードに自転車で行くことをほぼ諦めている、
というような事を申し上げましたが、イヤよイヤよも好きのうちというか、
いつも揺れるのが更年期乙女心。

会場の幕張まで自転車で行くのは、私にとって3年越しの夢、言わば悲願でもあるので、
心の何処かで会場まで自転車で颯爽と乗り入れる・・・という事を諦められずにいます。

まあ、ン十キロを走り終えた後に、わが家に颯爽とする余裕が残っているかは別ですが・・・

そうかと言って、肝心の自転車見学や自転車試乗がおざなりになるのは本末転倒だし、
今は自転車で行きたい気持ちと自転車を諦めなきゃという気持ちがないまぜで、
「愛しても愛してもああああ人の妻~」というタンス担ぎでお馴染みの大川栄作氏の
往年のヒット曲が頭の中にこだまするような、諦めたいけどすっぱりと諦められないという、
至極中途半端な気持ちなんです。

その気持ちは揺れに揺れて現在は3:7で「諦めなきゃ」という気持ちが優っています。

その率はサイクルモードを自転車で行った猛者のみ得ることができる、
ちょっとうれしいプレゼント(その実態は肉まん)を知った所で1%の変わりもありません。

だって肉まんだし・・・

これが幻の肉まんとかなら話は別ですが、おそらく会場にも売っているであろう肉まんに、
純粋に心を動かされるのには、私は年を取り過ぎたんだと思います。

しかし予想通りこのちょっとうれしいプレゼント(しつこいようですが肉まん1個)で
ちょっと心が動いたらしい中年男性が一人・・・もちろん相方です。

元々相方は会場に自転車で行くことについては、私ほど積極的ではなく、
今回も過去のデータ、わが家の有様を冷静冷酷に分析した結果、

「わが家の根性じゃ自転車で行くのは無理じゃない?」

とネガティブな事を最初に言い出したのも相方なのです。

その相方の意見にはうなずけるところというか、うなずける事しかないので、
私も自転車断念の方向に傾かざるを得なかったのですが、
ここにきてちょっとうれしいプレゼントの事実を知った相方が、

「自転車で行くのもいいよね。」


とか(案の定)言ってきやがったのです。

ちょっと待てや。

数日前まであんなに自転車で行くことに対してネガティブだったやんけ。
たかが肉まんごとき(失敬)に釣られたのか?このおっさん方は。

という目で相方を見ると、相方はあわてて、

「もちろん、まだ自転車で行くというのは本決まりじゃないよ。
たかが肉まんに釣られて、完全に自転車で行くと決めるわけないじゃん。
ほんのちょっと気持ちが揺らいだだけだよ。」


とヘラヘラと微笑んでみせました。

だよね~。
最初から自転車で行く気だったけど、肉まんで更に行く気が上がったなら兎も角、
幾ら相方でも立派な中年男性だし、純粋に肉まんのみに釣られるような年齢ではないよな。

「じゃあ、どれぐらい気持ちが動いたの?」


と何気に聞くと、

「肉まんがもらえると知る前は自転車で行く気0%だったけど、
聞いた後は50%位になったかなぁ。」

って、めちゃめちゃ気持ち動いとるやん。∑(゚∇゚|||)

いつの間にか私より自転車で行く気度が上がってる位だし・・・

ちなみにこの肉まんプレゼントは先着200名様なのですが、
仮に自転車で行けたとしても、わが家の亀足では先着200名様の中に
滑り込める気がしないんですよね。

ところで相方はお得を見逃した時に、何とも言えない哀愁に憂いた顔をするのですが、
今回先着アウトでちょっとうれしい肉まんが貰えなかった時も、
その大変な悲劇に見舞われたような哀愁の中年的な顔するんだろうな。(遠い目)

その顔を見るのは忍びない(というか情けない)ので、
「やっぱり車で行くのが得策であろう」と思っています。

・・・と今でこそ、長距離でも自転車で行こうかという話が出ていますが、
少し前のわが愛車のベロンチョは、それどころではない病に侵されていました。

まあ、直ってしまえば原因不明の死の病だと思っていたら
実は風邪だった、程度の病だったのですが、それはあくまで結果論でして・・・

自転車店に持っていっても直らなかった異音は、
原因がわからないだけに「直るのか?」とずっと暗澹たる気持ちでいました。

しかし人間という生き物は、どんな状況でも慣れちゃうもんですね~。

あまりに長く続いた異音ではありましたが、ずっと鳴っているわけでもなく、
音も低高2重音にはなりましたが、さほど大きな音でもなかったので、
長期間続けば続くほど、徐々に異音には慣れていってしまったのです。

「逆にこの異音が愛しいぜ!」とまでは、もちろん思えるわけもなく、
「すぐにでも直したい」という気持ちは抱えていたのですが、
随時鳴っているわけでもない事が仇となり、どうせ自転車店には持ち込めないし・・・

いうなれば、目の前に大きな建造物が建設され、最初は鬱陶しくてたまらなかったが、
毎日見ているうちに鬱陶しい気持ちに変わりはなくとも、慣れたという感じでしょうか。

またまたちょっと過去の話になり、申し訳ありませんが、
そんな異音に慣れを感じ出してきた9月26日(日曜日)、
相方の敬愛する石ちゃんこと石塚英彦さんのグルメ番組に触発され、
根津に行った翌日のこの日は朝からよく晴れていたので、
これまた以前、石塚さんのグルメコーナーでついでに紹介されていた
スカイツリー撮影ポイントに行ってみる事にしました。

スカイツリーと言えば、久々のヘビー級の東京新名所だとは思いますが、
「各局ノルマでもあんのか?」と思う程、最近はテレビ番組の中で山ほど紹介されています。

とは言え、スカイツリーはわが家から近場のポタポイントなので、
スカイツリーが紹介されると番組を見ずにはいられないのですが、
番組が違えど、どの番組もスカイツリー周辺をグルグル回って
グルメや見所を紹介するという基本コンセプトに違いはないので、
「内容かぶってるやん!」と思う事もしばしば・・・

そしてグルメと言えば、もちろん石塚英彦さんもスカイツリーグルメを求めて、
周辺を散策されている番組がありました。

が、

この“スカイツリーグルメ”というヤツがとんだクセモノでして、

「“スカイツリー”という名を商品の前に冠しただけで、
値段がそれ程釣り上がるものなのか?」


と思わずにはいられない高額食品があったりなかったり・・・

石塚さんへの尊敬の念と無駄に高額なスカイツリー関連グルメの狭間で揺れまして、
ある意味番組の肝であったスカイツリーグルメの方は取りあえず保留、
ついでのように石塚さんが紹介されていた、
スカイツリー撮影スポットだけに絞る事にしました。
(微妙なモノにポーンとお金を出す勇気がない財力のなさが憎いっす)

やはり天高くそびえるスカイツリーには青い空が似合いますので、
朝起きて真っ青な空だったこの日に撮影に出掛ける事にしたのですが、
それから支度をして出掛けるまでの数時間に一体全体何が起こったのか、
マンションの部屋から自転車をえっちらおっちらと運び、お外に出ると、
お空は濃い雲が入り交じった風雲急を告げるような雲行きに変わっていました。

絶好の撮影日和だと思っていたのに、完全にそうでも無くなっていた事に、
マンションの入り口付近で呆然と立ち尽くした私共。

しかも空気も湿ってきて、最終的には雨が降り出しそうないやーんな予感。

このままリスク回避をして部屋に戻る事も考えましたが、お空をよく見ると、
“風雲急を告げるようなお空”の後には、“風雲急を告げるまでもない”という
若干明るいお空が広がり、ツートンカラーになっています。

最終的には晴れるのか?

そうなると、わざわざ自転車を運んで来たという手間も惜しくなり、
そのうち風雲急を告げるまでもないというお空に変わる事を信じ、
スカイツリー撮影ポイントの押上方面に向かいました。

さて、石塚さんの番組で紹介されていた撮影ポイントは2箇所、
スカイツリーの近くを流れる横十間川のポイントなのですが、
他にも雑誌やらテレビやらいろいろな媒体で紹介されていた撮影ポイントが、
スカイツリーの近くには点在しています。

記憶は頭の中で混ざり合っていて、もはやどこで紹介されたポイントか不明ですが、
スカイツリー撮影に来たついでに、どこぞで紹介されていた他の撮影ポイントも
何箇所か巡ってみる事にしました。

まず最初のスポットとしては「スカイツリー見学広場」and「撮影広場」、
何となく公共チックな匂いのひねりがない実直なネーミングですが、
スカイツリーの公式HPにも載ってるような、会社ぐるみで作成された場所のようです。

それでも今まで知らなかったポイントなので、「新たにできた絶景ポイントかも。」
期待に胸を膨らませながら行ってみると、何となく今まで何度も通った道のような・・・

そして業平橋駅側にあったのは「見学広場」

見学広場

やっぱりここは今まで何度も通りかかった場所やん。

スカイツリーと電車が同時に見られるこの場所は、
確かにスカイツリーを撮影したくなる場所ですし、道路で撮影する人も多かったので、
トラブル回避と安全対策の為もあり、このような広場を設けたのかもしれません。

広場と名乗るには土地はちょっと・・・というかかなり狭目ですし、
商業施設のテナントが逃げた後の急ごしらえの「休憩室」を思い出すような、
「土地がちょっとだけ空いていましたので作ってみました」的なポイントではありますが、
さすが今が旬のスカイツリーポイントだけあって、人が結構いました。

電車とスカイツリーのツーショットが売りのはずですが、実際写真を撮ってみると、
土地の狭さが災いしまして、スカイツリーに合わせると電車が撮れず、
電車に合わせるとスカイツリーが根元の方でぶった切れる状態です。(--;)

スカイツリー

ちなみに私はついスカイツリーに照準を合わせてしまったので、どこがどこやらです。

線路側にはスカイツリーと言えない事もない、小さな鉄塔のようなものがありましたが、
これもスカイツリーを模して作られたのでしょうか?

鉄塔

何となくそれらしい線があれば、スカイツリーに見えてしまうのが不思議です。
そういった意味では、東京タワーより単純なデザインなので、
模倣便乗は簡単なのかもしれませんね。
・・・あの薬丸印なスカイツリー電灯とか。(ぼそっ)

敷地内には「スカイツリー記念写真館」なるものがあり、
それなりに大人気のようでした。

スカイツリー写真館

どうやら4パターンあるスカイツリーの背景と一緒に写真が撮れるというか、
自分の写真の背景にスカイツリーを合成できる写真機のようですが、
お値段を見ると強気の700円也。

このデフレの世の中に高くね?∑(゚∇゚|||)

それに考えて見れば、合成写真ならスカイツリーの見える場所に設置しなくてもよくね?

おそらく証明写真と同じ系列な匂いがしますが、
そもそもあの証明写真はデフレの世の中においてもお値段高止まりのまま、
まったく安くなる気配がないっすね。

ある意味物価の上昇は経済の正しい形かもしれませんが、
なんか“人の足元を見ている”的なものを感じるのは私だけでしょうか?

しかし合成写真の割にはここでしか撮れないという状況にしているのが功を奏してか、
意外に写真を撮る方が後を絶たない感じでした。

せっかくの「見物広場」なので、愛車とスカイツリーと撮ってみましたが、

愛車とスカイツリー

やっぱり土地が狭すぎて、残念ながら上手く撮れなかったです。^^;

この見学広場は自動販売機等もあり、休憩スペース(?)も兼ねているようでしたが、
その実、長々と休憩できる空気の場所でもなく、次の撮影スポットへと移動する事に・・・

まあ、「見学広場」がこの様子なので、対になっている「撮影広場」は推して知るべしな気もしますが、
「撮影広場」とあえて豪語するからには、何かすごい物が撮れるのかもしれません。

と、(よせばいいのに)期待をして「撮影広場」に向かいました。

・・・続きますm(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
行く気3割
っていったら強打者の範疇じゃないですかぁ

大丈夫ですって 出動してみましょうよ

低めのギアでクルクルいったら疲れませんから







結果が途中挫折でも読者的にはおもしろいし^^
【2010/10/20 20:58】 URL | くろえ~っ #- [ 編集]

くろえ~っさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

正直言うとまだ迷っているんですよね~。
やっぱり自転車で行きたいという気持ちは棄てきれなくて・・・
でもただでさえ毎回クタクタになるのに、
どんな楽と言われる漕ぎ方でも大変な事になると思うんですよね。

> 結果が途中挫折でも読者的にはおもしろいし^^

確かにアホ過ぎてネタ的には面白いかもしれませんね。(笑)
【2010/10/20 22:41】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

こんにちは
サイクルモードの駐輪場もサイクルモードのように凄い自転車が勢揃いするのでしょうか?
そうなると盗難がとても怖くなりますが、大丈夫ですか?
自転車の盗難が心配で長時間自転車から離れる事ができない私は、行くとしたら公共機関の乗り物になりと思いますが、近所の方(?)はヘタに射程距離に済んでいるだけに悩ましいでしょうね。
【2010/10/21 11:31】 URL | KIKU #- [ 編集]


ちょっと心が動いたらしい中年男性は、ふたり、ですよ。
Bさんとあ・た・し!≧(´▽`)≦アハハハ

だって考えてもみてください。
ン十キロを走り終えて駐輪場に着くと、
レースクイーンみたいなイベントギャルが、タオルと一緒に肉まんを差し出す。
それを受け取って食べる中年男性。
タオルでアセを拭い、ありがとう、という言葉にプライスレスの笑顔をそえて
イベントギャルにタオルを渡し、颯爽と会場へ向かう中年男性。
その後ろ姿を潤んだ瞳で見つめるイベントギャル。。。
あぁ・・・まるでドラマのワンシーンのような。。。≧(´▽`)≦アハハハ


スカイツリーは、ほんと、近づくと結構な迫力があるんですが、
でかすぎて、写真は撮りにくくなってきましたよね。
上見るとひっくり返りそうになるし。(ノ´∀`*)

記念写真館って、証明写真の入れ物そのまんまやん?!
この程度の入れ物で「館」って。。。
でも、人が群がってますねぇ。。。
やっぱわざわざスカイツリーを見に来るような人には、
せっかくだから、効果で撮らずには帰れない気にさせるんですかね。
【2010/10/21 19:39】 URL | MURA #- [ 編集]


こんにちわ。

今年の年賀状はスカイツリーの写真にしようと思い雲一つ無い秋晴れの日を待っているのですが、曇りの日ばかりでなかなか撮影出来ません。
第一候補は、スカイツリーと逆さツリーが同時に見られる十間橋からですが、一応一通り撮影ポイントを回ってその中で良い写真を選ぼうと思ってます、問題は上手く撮影できるかどうかですね。
快晴の日が平日だと朝出勤前にダッシュで撮影に回ることになりそうです。

確かに最近はスカイツリー関係の番組が異常に多いですね。
まあセットもいらないし、ロケも日帰りで済むので安上がりでも、話題性は十分ですから視聴率もソコソコ取れる、いまのご時世にはテレビ局にとっては非常に有り難い存在なんでしょう。
ただ、書かれているとおり、スカイツリーにかまけてボッタクリの店が多くなったのも事実です。
この界隈は以前から美味しい店が無く、土日に外食しようとすると、錦糸町か浅草(本所吾妻橋もソコソコ)まで行かなければならなかった不毛地帯だったのですが、海老フライを立てて並べただけで、休日に行列ができているそば屋の前を通ったりすると複雑な思いがよぎります。

そのうち落ち着くでしょうから、今無理して食べなくても良いと思いますよ。近所なんですから。
【2010/10/21 19:54】 URL | おっさんランナー #0E3uByC6 [ 編集]

KIKUさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

最近はすっかりダレて自転車盗難などと考えない体になっていましたが、
確かにサイクルモードの駐輪場は危険そうですね。
サイクルモードだと長時間いる場合も多いでしょうし、
高価なロードを乗ってこられる方も多いので、
よからぬ輩は狙っているかもしれませんね。
まあ、わが家の自転車は悪の組織に狙われる類の自転車ではないと思いますが、
自転車で行くことを考えるとちょっと不安になってきました。
【2010/10/22 22:24】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

MURAさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

肉まんパワーで相方の場合は0%→50%になりましたが、
MURAさんはどれぐらい確率がUPですか?(笑)

なるほど肉まんの裏にはそんな夢が隠されていたんですね。(笑)
私も想像してみますが、ヒーコラしながら自転車を乗り入れると、
「肉まん券は終わっちゃたんすよね」と申し訳なさ気に言う
係の中肉中背のおじさん、途方にくれる相方、そして自費で肉まんを買う自分・・・
やっぱり車で行こうかなぁ。。。
それはあくまで私の想像ですので、MURAさんの為にも、
いかしたイベントギャルがいる事をお祈りしています。

スカイツリーも大いに育ってきましたね。
少し離れた方が写真を撮る場合は楽ですよね。

HPで見たのですが、あの記念写真は普通にスカイツリーの背景の横に、
白丸枠で自分の顔が入るという感じでした。
今のプリクラとかを考えるとどんだけ適当なんだと思いますが、
意外と需要はあるようなので不思議です。
やっぱりせっかくだから力ですかね。
【2010/10/22 22:34】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

おっさんランナーさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

スカイツリーは青い空が似合いますよね。
私もそのつもりでこの日家を出たのですが、
残念ながら出た時はすっかり曇り空になっていました。
そういう意味でも秋って天気が難しいですよね。

十間橋からの景色は結構有名なんですね。
私も撮りましたが、やはり天気が・・・
でも幸い風がなかったので川面にスカイツリーの形は映ってくれました。

ホント最近はスカイツリーネタが多いですよね。
いろいろ参考にさせてもらっていますが、被っている紹介も多いです。
確かにああいうい番組は安く作れるんでしょうね。
新しくできるスカイツリーはそこそこみんな興味があるでしょうし、
安く作れそうなので重宝するんでしょうね。
でもスカイツリーを冠した食べ物って高いですよね。
いつも紹介されていて「高っ!」と思っているのですが、
意外に(?)行列ができている所もあるんですね。
それでも美味しければ問題はないと思いますが、
中には名前だけで市販のクッキー等で適当に作った感じの
スイーツとかもありますからねぇ。(汗)
【2010/10/22 22:47】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。