クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京スカイツリー撮影スポット巡りポタ【その2】
先に対になる感じの「見学広場」に行っているので、
哀しいかな(?)おおよその見当がついてしまう感じの「撮影広場」

必要以上に期待したらいかんとは思いつつも、

もしかして今までにないスカイツリーベスト撮影ポイントなんじゃないか?

と心の何処かでほんのりと期待しちゃいながら「撮影広場」に向かってみました。

「見学広場」と「撮影広場」は直線距離にするとそう遠くもないのですが、
場所が線路を挟んであちら側とこちら側という感じなので、
見物や撮影客でごった返しているスカイツリーのすぐ近くの道を移動する事になり、
精神的距離は結構遠く感じます。

スカイツリーが影も形もない頃は、

「こんなもん作ったところで人気が出るんかいな。」

と失敬なほどあからさまに懐疑的だった私も、ちょっとずつ建設される姿に情が湧き、
今ではこんな風に撮影にうつつを抜かすまでになってしまいましたが、
日に日に増えていく見物客の皆さんもそんな気持ちなのでしょうか?

人間というのは“成長するものを見届けたい欲求”つーのがあるのかもしれませんね。

そして人波を縫って業平橋側に移動し「撮影広場」に到着しましたが、

撮影広場

このさっぱりとした公共チックさが、あらかたの予想通りな感じです。

土地の広さは見物広場と同等位な感じですが、見物広場に比べて撮影だけに特化しているのか、
見物広場にはあったジュースの自販機も記念撮影機等の潤いポイント(?)もなく、
なんともストイックな感が漂う作りです。

両広場とも東武鉄道が絡んでいるだけあって、
ここでも電車を撮れるというのが売りのようですが、
撮影広場には意味深に置かれている櫓のような物が・・・

櫓

この上で撮影せよという暗示だろうか?

なるほど、この上に上がって撮れば、絶景が撮れるという事に違いない。

と(勝手に)合点し、櫓の上に上って撮影を試みましたが、

櫓の下で撮影、

櫓下

櫓の上で撮影、

櫓上

と、まったく違いがねぇ。

いや、むしろアングル的には櫓の下の方がいい感じだ。

(勝手に)騙された気分で心はいっぱいになりましたが、
相方がどこかの説明文を見たところによると、
この櫓の根本的な活用方が間違っていたらしく、本当の使い方はこう(らしい)、

櫓

どうやらこの櫓はスカイツリーの全景と人間をうまい感じに撮る為にあるようです。

自分たちを撮ろうなんて事は、思いもしていなかったので、
まさか、そういう活用法があるとは気付かなかったぜ。

人間はカメラを持つと珍しい物や美しい物を優先的にカメラに収めたくなり、
反面どうでもいいものや、さして美しくないものは収める気力がなくなるものなのか、
毎週末必ずのようにポタに行き写真を撮りまくっている私ですが、
最近は自分達の写真はほとんど撮っていないです。そう言えば。

メシや風景、そして愛車の写真ばかりで、
下手すると1枚も自分たちの写真がないという時の方が多い位で・・・

やっぱりありふれた中年男女の自分たちなんて、
無意識下の美意識で被写体に値しないと思っている、
正直な自分の美意識が哀しい。(--;)

でも確かに「見学広場」よりもこちらの「撮影広場」の方が、
適度にスカイツリーから離れているだけに撮影スポットとしてはいいかもしれません。

期待通りの絶景ポイント・・・とまでは言いがたいですが、
そういった意味では、撮影広場と名付けられただけの事はあり、
こちらの方が純粋に撮影するにはお勧めです。

そして次はいよいよこの日の新の目的地、相方の敬愛する石ちゃんこと石塚英彦さんが
グルメ番組で(ついでに)紹介されていた、スカイツリー撮影ポイントに向かいます。

紹介されていた2箇所のうち1箇所は北十間川に架かる十間橋から撮るスカイツリー、
もう一つは同じ北十間川沿いですが、十間橋に行く途中にあるカーブミラーです。

そのカーブミラーはこちら、

カーブミラー

すでに鏡の中に見えていますが、このスカイツリーは直接撮るのではなく、
カーブミラーに映るスカイツリーを撮るのが粋・・・らしい。

カーブミラー

なんか間接的でめんどくさい感じですが、
スカイツリーをもろ撮る直球的な撮影だけではなく、
こういう変化球的な撮影の仕方も面白いですね。

そしてもう一つの「十間橋」ですが、こちらも同じように変化球的な撮影スポットで、
かなり有名な場所らしく、狭い橋にはすでに何人も撮影されている方がいました。

十間橋

こちらの橋の上で撮影できるのはこちら、

スカイツリー川

川面に美しく映るスカイツリー

すごい都合いい感じで川が流れているので、
川面にスカイツリーがモロ映し出されています。

しかし川面だけを撮るとスカイツリーがまったく切れてしまうので、
できれば本スカイツリーも入れたいと欲を出し、スカイツリーを多めに入れると、
肝心の川面のスカイツリーが切れてしまい、

スカイツリー川

そこでファジーな気持ちで半々に入れて撮ると、両方そこそこは写りますが、

スカイツリー川

何とも中途半端な写真になるので、ここで撮る時は思い切って、
最初の写真のように川面のスカイツリーに集中するのがいいんでしょうね。

石塚さんがテレビ番組の収録をされた時は風が強い日だったらしく、
テレビで見た時は川面が波立っていて、映ってるのはスカイツリーだか何だか
正体不明な感じでしたので、この日も風雲急を告げるような空で心配だったのですが、
幸い風が無かった為に川面には結構キレイにスカイツリーが映りました。

この撮影スポット的には、お天気云々よりも風が大敵のようですね。

もちろんもう少し天気が良かった方がスカイツリーが映えたでしょうし、
その点は朝の晴天が保ってくれなかったのが残念です。

まあ、相方も私も基本雨男雨女ですからね。(--;)
次は天気の良い日にチャレンジしたいと思います。

石塚さんの番組で紹介された撮影ポイントはこの変化球な2箇所ですが、
相方情報でもう一つ有名な撮影スポットが近くにあるという事で、
せっかくなのでついでにそちらも行ってみる事にしました。

北十間川を更にスカイツリーと離れるような感じで走っていくと、
大きな歩道橋があるのですが、ここが相方情報によると
穴場的スカイツリーの撮影ポイントらしいです。

歩道橋


が、写真を撮っている人なんて誰もおらんやんけ。


見ると私達以外は純粋に生活道路として歩道橋を活用されている方ばかりという不人気さ。
いや、もちろん歩道橋としては、その使い方が最も正しいんでしょうが・・・

そこで撮影するとこんな感じで、

歩道橋上

確かにスカイツリーはキレイに写りますが、ぶっちゃけ面白味に欠けるといいますか・・・

この日一番の不人気撮影スポットだったので、
その辺のところは撮影者の人数に現れているという事か?

ただ歩道橋は横にだだっ広いので、ちょっと写真を写す場所を
ずらしただけでもスカイツリーの写り方が若干違い、

歩道橋の上


「貴方だけのベストポイントを見つけてね!(o^-')b」


という自分次第な感じは、いいと言えばいいです。

スカイツリーを撮影するには、返す返すもお天気が残念な感じでしたが、
5ヵ所の撮影スポットでスカイツリーを収め、この日のスカイツリー撮影は終了となりました。

ひと仕事(?)終えた後は、休憩となるのがわが家の暗黙の了解ですが、
スカイツリーの近くと言えば、思い出すのはアイツの事です。

朗らかでやさしく、何事にも誠実で、雅に和歌を詠んだり、ネコと戯れたりしている
(という設定の)アイツ・・・おしなりくんです。

彼の家はこの近くにあり、喫茶室も営んでいますが、
夏に寄った時には人でいっぱいで、お茶の一杯も飲まずにお暇する羽目になりました。

何せ大人気の彼の家の事なので、この日も喫茶スペースが空いているかは疑問でしたが、
買わない宝くじは当たらないというか、行ってみない事にはいつまでも寄れないままなので、
帰り道に立寄ってみることにしました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと2つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
どの写真も
西東京市の更に西にロケするあたしらからみたらベストショットです

だってスカイツリーなんてみえないんですもの こっちからは



それにしても写真の才能もありますねえ うらやましいv-14
【2010/10/21 22:36】 URL | くろえ~っ #- [ 編集]

こんにちは
凄く羨ましいですよ! 兎に角いたるところでスカイツリー撮影が出来る環境が羨ましい!! 年に1回の墓参りのタイミングぐらいでしかチャンスのない私は次回は完成後になりそうです・・・
【2010/10/22 12:42】 URL | KIKU #- [ 編集]

くろえ~っさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

スカイツリーは都内でも東側になりますんで、
幾ら高いと入っても西側の方からはあまり見えないんでしょうね。
東京の東は今までランドマーク的なものが無かったので、
なんか盛り上がっていますよ。(笑)

写真に才能があるなんて言ってもらったのは初めてです。
これも石ちゃんの番組のお陰でしょうか。
【2010/10/22 22:53】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

KIKUさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

確かにこういうランドマーク的なものが建つのを見守るのは、
歴史的なことかもしれませんね。
デカイので至る所に撮影ポイントが隠れています。
その辺がまた面白いと言えば面白いです。
【2010/10/22 23:08】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。