クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自転車文化センター展」へGO!【その4】
昨日、相方がブログに書いていましたが、最近彼はtwitterの応募に凝っているようで、
デザインイベントのチケットや正直ちょっとモニョるぐい呑付きのワンカップ等、
ジャンルを問わずまさに無差別で応募しまくっているようです。

かなり無節操に応募しているようなので、自分でも何に応募したのか
まったく把握していない状況のようですが、twitterの応募というのは当たる確率が高いのか、
それとも相方の今月のくじ運がかつて無い程に高いのか、
それとも単にめちゃめちゃ応募しているので相対的に当たる確率が高くなるのか・・・
昨日もまた相方宛に無差別応募の戦利品が届きました。

マウントレーニア

森永乳業さんから頂きました「Mt.RAINIER」

マウントレーニア

コーヒー豆2倍のダブルエスプレッソショコラ×10個

マウントレーニア

“ショコラ”というと普通よりもカロリーが高い事が予想されますが、
後ろに記載してあるカロリー表示を見ると、

マウントレーニア

155Kcal!∑(゚∇゚|||)

ところで私と相方は、腹の肉がかなり崖っぷち状態で目下ダイエット中のような気が・・・

もちろん私はMt.RAINIERは大好きですが、この状況じゃ素直に喜べねぇ。

飲みたいけど飲んだら太るし、でもせっかく頂いたので飲まないと勿体無いし申し訳ない。

何?この嬉しような悲しいような天国のような地獄状態。

せめて時と場合と自分(達)の脂肪の現実を把握してから
応募してもらえるとありがたいです。

・・・さて、途中飛ばし飛ばしになってしまった「自転車文化センター展」ポタ日記ですが、
今回でようやく最終回になります。

長々と続いて申し訳ありませんでしたが、よかったらお付き合い下さい。

ちなみに、その1は→こちら、その2は→こちら、その3は→こちらになります。

***********************************************

このイベント会場に来た時は閉館時間まで残り30分だったはずですが、
思いの外充実した歴史的自転車展示品(及びお勧めポタスポット)を見た後
時計を見ると残り時間は15分程でした。

普通に考えると自転車試乗というのは結構時間を要するので、
通常の試乗会では15分ではとてもとても時間が足りるものでもありませんが、
この会場の試乗車を見渡したところ、

試乗車


まあ、足りちゃうんだろうな。


と速攻で思いました。

試乗車はママチャリ以外ですと、BD-1とダホンのミニベロが(比較的)充実しているようで、
取りあえず係員の方がスタンバっていたBD-1の方に行ってみる事に・・・

BD-1

試乗車は数台ありましたが「どれでも乗ってみて頂戴」状態だったので、
手近なところにあったBD-1のミニベロをまず相方が試乗させて貰う事にしました。

試乗車

2人で一度に試乗させてもらっても良かったのですが、
試乗コースがどのようなものか謎だったので、私的にはその辺が不安でして、
取りあえず相方を実験台・・・じゃなくて、モルモット・・・じゃなくて、
切り込み隊長として先陣をきって試乗してもらおうということで・・・^^;

そして試乗車と共に謎に包まれた試乗コースに臨んだのですが、
なぜ試乗コースが謎かというと、前のイベントでこの会場に来た時には、
試乗コースができるような大きなスペースが確認出来なかったからです。

思い当たるスペースと言えば、前のイベントで行われていた
お子さんに大人気の変わり自転車が試乗されていた屋外の場所ですが、
今回は屋外へ行くドアは自体も閉じられているし、
そもそもその変り種自転車試乗スペースも狭かったので、
おもしろ自転車ならまだしもミニベロとは言えスポーツタイプの自転車の
試乗コースにしては面積が狭すぎる気がします。

いろいろ訝しく思いながらも周りを見回してみると会場入口付近に、
「試乗会場」と書いてある看板が立てかけてありました。

前のイベントの時にも2つの部屋というか、2つの会場しか使われていなかったので、
この場所には部屋が2つしかないと思っていましたが、
どうやら実はもう1つ隣りに隠し部屋(?)があったようです。

しかし全体的に手狭感のあるイベント会場の状況から推測するに、
隣りに試乗する程の広い部屋があるとはとても思えず・・・
半信半疑で試乗会場とやらに行ってみると、

試乗会場

狭っ!∑(゚∇゚|||)ナニコレ?

「これを試乗会場と言ってしまっていいのか?」と、つい疑問に思っちまう程の狭さです。

幸い(?)試乗している猛者が(というかこのイベントに参加している人自体が)あまりいなかったので、
なんとか走れるレベルになっていますが、試乗車が5台も入ったらキャパオーバーのような狭さ・・・

見るからにツルツルしていて滑りそうな床といい、狭いコーナーリングといい、
かなりのドラテクが必要となる難しいコースのようで、
急なコーナーカーブを曲がり切れずに落車されていた方も・・・

あまりの試乗コースに相方も呆然とした表情で試乗会場に入って行きましたが、
慎重に走っている様子で(それでもあっという間に)一周、二周・・・
そして三周目に入る前にを走るのを終了し、会場から無言で出てきてしまいました。

どうやらコースが難しいとか以前に飽きたらしいです。

まあ、この極小スペースをクルクル回るだけじゃそりゃそうか。(--;)

意外なというか、ある意味予測可能だった極小試乗コースの有様に、
早くも最初の(そして結果的には最後の)1台目の試乗車をお返しする事になりましたが、
置いてある中で他に私が気になったのは「seraph」の折りたたみ自転車です。

自転車

この自転車には後ろのキャリアに意味あり気なタイヤが付いていますが、

自転車

折りたたんだ後にこのキャリアの部分がキャリーのようになり、
自転車を楽に移動させることができるらしいです。

ある意味キャリアは後付のようなので他にもこのタイプの自転車があるかもしれませんが、
輪行袋に入れたり、持ち上げたりせずに簡単に移動できる折りたたみは、
実は今私が欲しいと思っている自転車の一つでして・・・

というのも、わが家には今クロスバイクやミニベロの他に買い物用として
ママチャリの“ソルジャー・チャーリー”が存在するわけですが、
大変残念な事にこのソルジャー・チャーリーは現状では
ほとんど使われていない状況になっています。

クロスバイクを購入するほんの数カ月前に購入したソルジャー・チャーリーですが、
雨風に晒される上に狭く、両隣の自転車とぶつかり合わざるを得ない
まさに戦場のようなわが家のマンションの駐輪場で戦い続けて約3年・・・

たった3年の戦いでしたが、その戦いはソルジャー・チャーリーを蝕みまして、
車体やチェーンはサビサビ、走れば断末魔のような異音(というか爆音)、
同じ頃に購入したにも関わらず未だピッチピチギャルのように若々しいクロスバイクと比べると、
酸いも甘いもかみ分け老境に入ったかのようにボロボロのソルジャー・チャーリー・・・

まるで使用前、使用後のようなこの2台の違いを見るにつけ、

「自転車にとって保管場所というのは重要なんだなぁ・・・」

と痛感するわけです。

特にわが家はママチャリに乗る頻度が低いので、その分劣化も激しくなるようですし、
もうあんな戦場に自転車を置いておくには忍びない。

というわけで、次に買う買い物用というか普段使いの自転車も
できれば部屋置きにしたいと密かに思っていたわけです。

うちのマンションのこ狭いエレベーターではママチャリどころか、
ミニベロクラスの自転車でも1人で運ぶとなるとストレスを感じる状況でして、
そこで手軽に運べる折りたたみ自転車があったら購入したいと思っています。

条件としては、まず自転車自体が運びやすい、そして組立てし易い、
最低限破損さえしないレベルなら高性能でなくともいいので、
お値段もそれほど高くないとありがたい・・・

と考えれば考えるほど、その希望に今現在一番近いと思われるのが、
以前グッドデザイン賞の展示を見に行った時に偶然に見掛けたこちら、

折り畳み自転車

車体に5と書いてあるので私は(勝手に)”5番自転車”と呼んでいるのですが、
正式名称は「5LINKS(ファイブリンクス)」だそうです。

正直、最初に見た直後は「面白い自転車だな」程度にしか思っていなかったのですが、
そこから始まる恋もあるもので、この自転車は時と共にまるで子泣きじじいのよう に
私の(自称)小鳩のような胸に重くのしかかって来ていまして・・・

折りたたむとタイヤ自体がキャスターになるタイプで運びやすく、
HPを見ると組立てもレバーを3箇所締めるだけで至極簡単そう、
しかもお値段もお手頃な79,800円。

私の求めている理想とかなり合致している自転車ですが、
とは言え優柔な私は、まだこの5LINKSを購入すると決めたわけではないので、
未だ他の折りたたみ自転車も物色中なのですが、
この「seraph」
の折りたたみ自転車も5LINKSに比べると
ちょっと組立てに手間取るように感じたので、やっぱり5LINKSが有力候補かなぁ。と。

ちなみに5LINKSは今回のサイクルモードでは出展予定のようで、
数台の試乗車を用意しているという事なので、試乗させてもらおうと思っています。

閉館時間は迫っていたものの、試乗自体はかなりフリーダムだったので、
この「seraph」や他にも数台位は試乗できそうだったのですが、
コース等諸々の事を考えると「試乗はいいか・・・」と後ろ向きな気持ちが出てしまい、
結局この日は相方の乗った1台だけで試乗を終えました。

試乗に関してはわが家はこんな不甲斐ない状態で終わりましたが、
(少人数ながらも)乗る人は次から次へと試乗にチャレンジする方もいるようで、
もちろんサイクルモードのような大きな試乗会とは試乗車の数は比肩できないものの、
こういうショボイ小規模な試乗会は自由度も高くニッチな魅力といいますか、
たまたま乗りたい自転車が幸運にもあった場合は待ち時間はほぼ0分だし、
乗りたい放題だしいいかもしれません。

ただ乗りたい自転車がある幸運の確率がえらく低そうなのがなんですが・・・

そしてこういったイベントで会場を出る時のお約束と言えば、アンケートです。

アンケート

アンケート用紙は入場した時に渡されていまして、
無料イベントなので全体的に(というか予算的に)抑えた感じではありましたが、
なぜかアンケート用紙は手作り感のあるコピーではなく、ツルツルの紙に印刷されていてえらく立派。

しかし紙が立派な割には、年齢やら住まいこのイベントはどうして知ったか等、
基本的な事以外は存外たいした事は聞かれませんで、アンケートはぱぱっと終了、
そしてアンケートに答えるとじ引きで粗品が貰える仕組みのようなので、
くじを引かせてもらう流れになりました。

特にくじ引きの商品(?)は1等がこれ、2等はこれといかいう表記もなく、
引いたくじを係の方に渡すと、相方と私の2人分の同じバッグをくれましたが、

バッグ


これはアタリなのか、それともハズレかがわからねぇ。


前の人もこのバッグを貰っていたのですが、参加賞クラスの粗品だったら
(イベント規模から言っても)ティッシュ程度のもう少し下のレベルもありそうだし、
ほぼ最終の客という事で全員に大盤振る舞いだったのでしょうか?

このバッグは生地は薄い感じですがエコバッグ・・・なのでしょうか?
中身も入っていましたが、正直微妙。(タダで頂いておいてなんですが・・・)

中身

まず良い子のみんなにも理解できるようにイラスト付きで書かれている
正しい自転車乗りになるための啓蒙的教本と、

教本

このイラストを見たらこんな坊やでも六角レンチを持って自分で整備しているのに、
わが家ときたら・・・とちょっとブルーになりました。

どんな人に出せばいいのか悩む素敵な自転車絵葉書(10枚入)

絵葉書

そして反射板と、防犯登録を促すチラシ(?)が入っているティッシュと、
なんかいろいろな自転車関連団体が作成しそして余ったものを
寄せ集め詰め合わせたような気配もしますが、全てが全て健全過ぎ。

特に健全とも言えない中年男女には、もう少し遊び心があるアイテムの方が楽しかったかも。

しかしよく見ると私の方には反射板は2枚でしたが相方の方には3枚入っていたので、
相方の方はもしかしてアタリだったのか?

確かに自転車に関係してますし時として役立つグッズではありますが、
一家に2つは要らんかったような・・・特に自転車教本。(--;)

最初会場を見た時にはどうなる事かと思いましたが、
突っ込みどころ満載な歴史的に貴重な自転車も見れたし、
何よりアレックス・モー ルトンの原型が見れたのでまあまあのイベントだったと思います。

では来年も来るかと問われると、また話は別ですが・・・^^;

結局、入場から退場までは約25分でしたが、最初の暗澹たる予想とは相反し、
そこそこある充実感を胸に会場を後にし、帰りがけに丸の内の丸ビルに寄りました。

さて、丸ビルですが何しに寄ったかと言いますと、前に相方がブログで紹介させてもらった
“イタリア「ABICI」から本牛革や高級家具木材を用いたラグジュアリーな自転車アクセサリ”が
コンランショップに置いてあるというので、実物を見てみたくなり、
丸の内のコンランショップまで来てみたのです。

この「ABICI」自転車アイテムは、例えば自転車の鍵は16,800円(税込)という
大変ラグジュアリーな価格なのですが、たかが鍵にそんなラグジュアリーな
お値段をわが家が捻出できるわけもありませんで、
わが家が気になったのは同ブランドの
レザーハブシャイナー」という代物。

タイヤのハブの汚れを拭き取るという地味なアイテムですが、
このレザーハブシャイナーなら比較的非ラグジュアリーなお値段で1,260円(税込)になります。

最もタイヤは2つあるので2つは必要となり2,520円になりますが、
これ位のプチラグジュアリーは非ラグジュアリー人間にも許されるのではないかと思い、
良かったら購入に踏み切ろうと思っていました。

発売間もなくだったので、必ず置いてあると思いお店の中を見て回ったのですが、
結局丸の内のコンランショップには、非ラグジュアリーなレザーハブシャイナーをはじめ、
本ラグジュアリーな鍵すらも置いてませんでした。

ハシゴを外された感じで、わざわざ丸の内まで何しに寄ったのか
わからん状況になりましたので、せめてメシでも食べて行こうという事になりました。

そこで行ってみたのは丸ビルではなく、新丸ビルB1にあるパン屋さん
「POINT ET LIGNE(ポワンエリーニュ)」さん。

パン

こちらのお店は店頭でパンを販売していて、奥が喫茶スペースになっているお店ですが、
店頭で販売されているハード系のパンが美味そう過ぎて、いつも気になっていたので、
これを機会に入ってみることにしました。

せっかくの機会なのでハード系のパン6種類を食べられるというパンのセットにしました。

パン

ちなみにこの量は2人分です。

パンにつけるものは選べ、私は「バターとメープルシロップ」

バターメープルシロップ

相方は「6種類のディップ」を選びました。

6種のディップ

相方が選んだ、新鮮なジャムとレバーペースト、そして貧乏舌の我々には
判別できなかった何か達が乗った華やかなディップに比べると、
私の選んじまったバターとメープルシロップは地味というか・・・

この2種類の味のみでこの量のパンを食べる事になるので、
ちょっとしくじったと思いましたが、このバターはどっかの外国の発酵バターだそうで、
普通のバターと違った味わいでやけに美味い。

6種類のパンも食感も味も違うので、飽きずに食べられました。

お値段は双方飲み物込で1,200円。
パンで1,200円が高いのか安いのか判断が分かれるところですが、
そこはあなた次第でお代わりは制限なく可能。

確かに1つ1つのパンに特徴があり、しかもどれも美味しいパンだったのですが、

人はパンのみにて生きるにあらずというか、

そんなパンばかり食べられるもんじゃないって。

私は1人分でもう十分お腹一杯状態になったのですが、
相方はお得愛も手伝ってもう一周行っていました。

1つにまとめるとおそらく相方はフランスパン1本位はいったのではないでしょうか?

そして新丸ビルを出た帰り道に東京駅付近を通りかかったのですが、
東京駅付近というのは、いろいろな場所に行くバス停がたくさんあります。

そんなバス停の一つを何気なく見ると、

荒川土手

「荒川土手行き」

荒川土手というとあの荒サイのある荒川土手・・・ですよね。

荒サイは自転車を乗っているという便宜上たまに走りますし、
スロースターターの体質上、ナイトライドをしながら走る事も多いのですが、
特に夜は都内でも結構寂しい場所っすよ?

あの荒川土手で放り出されるの?∑(゚∇゚|||)

と未だに疑問です。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
こんにちは
ツイッターでそんなにいっぱいもらえるんですか??いったい何処にそんなリンクがあるやら??Bさんは一家に一人必要かもしれませんね!
この前奥さんのママチャリを買った時に最後まで口説いたのがダホンですが、結局ママチャリに軍配が上がりました。どう考えてもダホンの方が良いと思うのですが人の価値観は分からないものですね。こんなけ価値観が違うと離婚の原因になりかねないのにね~
【2010/11/04 20:28】 URL | KIKU #- [ 編集]


なんか、いろんなものを応募すると結構当たるものなのですね。
私の家では、まじめに応募しないせいか、当たったことがありません。

それから、丸の内というのは色々な店があるのですね。夜の飲み屋にしか
いきませんが、今回のパン屋は、なかなか素晴らしいです。若い連中と
いくと、無制限一本勝負でバクバク食べそうです。


【2010/11/04 22:27】 URL | kincyan #sSHoJftA [ 編集]

KIKUさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ここに来て一気に相方が応募した懸賞が当たっています。
私はツイッターをやっていないのでわからないんですが、
結構当たるもんなんですかね?
相方の事だから手当たりし次第かなりの数を応募しているとは思うのですが・・・
確かに相方が一家にあると助かる場合とそうでもない場合があります。

自転車を趣味にしていないとママチャリの方が断然機能的ですもんね。
私も迷わずダホンを選びますが、自転車に対する価値観については
奥様の方が一般的かもしれませんよ。^^;
【2010/11/04 22:31】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

荒川土手
聞いたことはありますが同様の(漠然とした)疑問を持ってました
(ぐぐったところ)江北橋の上流左岸がそうなんですな


あしたの帰路は荒サイを利用する予定です
こんなところで日が暮れたらヤだなぁ


てか(都内中央から)幕張までの推奨ルートを教えてください 東東京のくろばい’sさま♪
【2010/11/05 07:25】 URL | くろえ~っ #- [ 編集]


セラフのミニベロ本気で買おうと思ってた時期がありました。
折りたたみじゃないですけどね。
なんか一連の懸賞報告見ててなすびの懸賞生活を思い出しましたw
そうそう、なすびは自転車乗りなんですよ。
【2010/11/05 11:44】 URL | came3 #- [ 編集]


こんばんは~(*´艸`)

なんか最近当たりまくってますね。
年末につき、今年のアンラッキーを帳消しにして今年もぼちぼちだった
と思わせるための神様の作戦でしょうか?
ぐい呑みはまぁ要りませんが(笑)、エスプレッソショコラはいいですね~。
濃い目のコーヒーとショコラの味がどう混ざり合ってるのか。。。(*´艸`)


試乗会場、めちゃめちゃ滑りそうですね。床ひかってるし。
床とタイヤで、キュイキュイ音がしそうだし。
まぁ、いわゆる全天候型ですし、ナイター施設完備ですし、
高級といえば高級かも?(ノ´∀`*)


ソルジャー・チャーリー、懐かしいです。
それでも毎日のお買い物には活躍してるのかな、と思っていましたが、
活躍の場は思ったより少ないんですね。。。


ほんと、美味しいパンでも、そんなパンばかり食べられるもんじゃないです。
パンはもぅ、しばらくはいいや、って感じです。≧(´▽`)≦アハハハ


荒川土手、土手の斜めの草ぼうぼうのところに放り出されるわけじゃぁないですよね?
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

【2010/11/05 21:02】 URL | MURA #- [ 編集]

kincyanさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

今までこんなに頻繁にあたった事はないのですが、
ツイッターだと当たる確率が高いんですかね??

丸の内、再開発でいろいろなお店ができてますよね。
昔はオフィス街というイメージだったのですが・・・
このパン屋さんは自分の胃袋次第でお得だと思います。
私もできればもう一周行きたかったのですが、
お腹がいっぱいになってしまいました。無念です。
【2010/11/05 21:14】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

くろえ~っさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

くろえ~っさんもこの荒川土手行ご存知でしたか。
江北橋の上流で放出されるんですね。
自転車で走ると寂しい土手ですが、あの辺は何かあるんですかね??

夜の荒サイはあまり人がいなくてちょっと寂しいですよ。
その分走り易いですけどね。

幕張までの道は自転車で行ったことがないので、
今ひとつわからないのですが、自転車で行くとしたら
大通りの14号あたりを延々と走ろうと思っています。
もっと近道をご紹介できたら良かったのですが、
お役に立てなくて、すみません。^^;
【2010/11/05 21:22】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

came3さん、こんにちは
コメントありがとうございます。

came3さんもミニベロの購入を検討されたんですね。

なすびの懸賞生活懐かしいですね。
最近の相方の当たりっぷりを見ていると真剣にやれば、
結構生活できるような気がしてきました。
えっ?!なすびさんって自転車乗りだったんですか??
近ごろ自転車芸能人が多いですね。
【2010/11/05 21:27】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


くろえ~っさん、くろばいさん

こんばんは~(*´艸`)

幕張までは、私も、奥戸街道(60号)→千葉街道(14号)→(15号)
のつもりです。
多分一番分かりやすいんじゃないのかなぁ?

都内中心からだと、
水戸街道(6号)→奥戸街道(60号)→千葉街道(14号)→(15号)
ですかね。

【2010/11/05 23:38】 URL | MURA #- [ 編集]

MURAさま♪
ルートアドバイスどもありがとうございます
(願わくば)このアドバイスを当日朝までに拝見できたら良かったのですが^^;


別のコメに書きましたがだいたいそんなルートで帰りましたよ。
千葉街道(京葉道路?)はクルマが多めでしたけどのんびり走れて助かりました。
「TTコース」みたいなのも(体力上)困るので。。


行きは (彩の国けもの道⇒)練馬IC(目白通り)⇒飯田橋(外堀通り)⇒AKB
(靖国通り・京葉道路))⇒亀戸(新大橋通り)⇒塩浜(湾岸道路)⇒幕張(概ね80㌔)

湾岸道路 意外と走りにくいんですね
「体力で走れっ!」みたいなとこと「自転車は通るな!」みたいなとこが交互していて正直疲れました。





くろばいさん’sは無事に往復できたのでしょうか
心配と同時に(かならず起こるであろう)事件のレポートが楽しみです。
【2010/11/07 12:29】 URL | くろえ~っ #- [ 編集]

MURAさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

結局わが家も自転車で行きました。
ほぼMURAさんと同じルートで現地に向かったはずですが、
わが家の場合、行きはちょっと迷ってしまいまして(汗)
14号に入るまではあっちへ行ったり、こっちへ行ったりしてしまいました。^^;
【2010/11/07 14:04】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。