クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヨナラ異音、異音ポタ最終章【前編】
最近、ポタ日記の進みが悪く、1ヶ月前のポタ日記で恐縮ですが・・・

今から約1ヶ月前の10月3日(日曜日)は、ついに念願のあの日がきたのです。

その微妙なネーミングから如何にもダメダメな香りがしたものの、
総合的には想定外(失敬だろ)に楽しめた無料イベント
「自転車文化センター展」見学の翌日の10月3日は、
ベロンチョにとって記念すべきX-dayになりました。

私が若い頃に(つまり大昔)に流行ったサラダ記念日風に言うと、

“キュルキュルするムカつく異音が消えたから
十月三日は異音解消記念日”
(元ネタが何かわからないほど字余り)

そう、異音が解消される喜びのX-dayだったのです!

夏の頃から長きに渡って私を悩ませ続けた(当時)原因不明のベロンチョの異音は、
最初は低音のキュルキュル音の独奏だったにも関わらず、途中からまさかの増殖、
高音のキュルキュル音も混ざり二重奏になりまして、
そのとめどない感じが一時は私の心までも蝕み、

「もう、(元に戻らない覚悟で)分解しちゃおうかな。」

とか、

「自転車貯金を全て吐き出して、
アレックス・◯ールトン買っちまおうかな。(自暴自棄)」


と可愛いベロンチョを見捨てると思えるような思考に陥る始末となりました。

その後、異音の方も鳴ったり鳴らなかったりと小康状態を保ったために、
何とか私の心も平常心を取り戻し、しばらくは“諦め”という名の静観をする事になりましたが、
罪の無いベロンチョを存亡の危機までに立たせた
あのムカつく異音の野郎が、とうとう隠滅する日が来たのです。

しかしポタに出掛けるまでは(というか出掛けていてもしばらく)
まさかこの日に異音を解消する事になるとはつゆとも思いませんで、
家を出た時は特に自転車店に向かう事なく、むしろ反対方向の両国に向かいました。

というのも、異音は小康状態を保っているゆえに、
いつもポタ中は鳴ったり鳴らなかったりを繰り返し・・・

この日もポタの出だしはいつものように小さく独奏になっては二重奏になったり、
そうかと思うと休憩のインターバルを入れて沈黙し、また独奏になり・・・

「お前は気まぐれな芸術家か!」

と突っ込みを入れたくなるようなやりたい放題の繰り返し。

特に以前異音を直しに自転車店に向かった時の気まぐれぶりは顕著で、
寸前まで異音を奏でていたはずなのに、自転車店に向かった途端インターバル期に突入し沈黙、
そのままインターバル状態で沈黙を守ったまま自転車店に着きまして、
ゆえに異音の原因すらわからずじまいで(もちろん)直しても貰えず・・・

自転車店に持ち込んだ事がまったくの無駄だったという苦い経験もあるのです。

そのにっちもさっちも行かない感で一時は乱心し、

鳴かぬなら(解体を)殺っちまおうかな、愛車ベロンチョ

の信長公状態したが、所詮戦乱の世の末を制しその後300年の徳川の世を築いたのは、
「鳴くまで待とう」という、なりゆき主義的な家康公なのです。

結局、はっきりしっかり誰の目から見てもつまびらかなように
異音が常時鳴り響くようになってから自転車店に持ち込もうと、
いつも異音待ち状態のまま、好き勝手な場所にポタに出掛ける事が当たり前になっていました。

そしてx-dayになるという事を知る由もなく、ポタ先に両国を選んだ理由は、
先日発売されたというオサレなイタリア「ABICI」のラグジュアリーな
革製自転車アイテム(お値段もラグジュアリー)を見学(あくまで見学)する為に、
前日の「自転車文化センター展」見学後に丸の内のコンランショップに赴いたのですが、
置いてあると明記してあったはずの「コンランショップ」には、
何かの手違いでもあったのか、置かれておらず・・・

障害があると燃え上がるのは恋のセオリーですが、
この時に現物を見れなかった状況に私はやけに熱くなりまして、
しからば間違いとか手違いがないように、

「こうなったら本丸とも言える本店に乗り込んでやれ!」

と東京での本店的なお店を探したところ、本店と言えるかどうかわかりませんが、
「ABICI東京ショールーム」なるものが、あまりラグジュアリーとも言いがたい両国
(両国にお住まいの方、すみません)にあるらしい。

何故あえてショールームを両国の地に構えたのか謎が残るところですが(下世話な話、賃料の問題か?)
両国はこれまた非ラグジュアリーな場所に位置するわが家からも近いので、
ラグジュアリーな自転車革小物を見に、両国に向かう事になったのです。

両国までの行きの道のりはせいぜい5、6kmというところなのですが、
その間のベロンチョの異音はいつもと変わらず、ある意味平常運転で、
ちょっと不快程度の音で鳴ったり鳴らなかったり、そして再び鳴ったり・・・

もはや無の境地に入っていた私は、

「この程度はむしろ心地良いメロディーだ。」

とはさすがに思えませんでしたが、あまり気に留めてもいませんでした。

人間ってどんな事にも慣れてしまう哀しい生き物なんですね。(遠い目)

そして走ること数十分、「ABICI東京ショールーム」があるという、
これまたラグジュアリーとは言いがたいダサい実直で分り易いネーミングの
「国際ファッションセンター」なる建物に着きました。

国際ファッションセンター

祭り(バブル)の終わりを象徴しているような堅実なデザインの建物ですが、
これが国際的ファッションの砦(?)とかなのだろうか??

この建物を見ていると突っ込みたい所はいろいろ湧いてきますが、
まあ、国際ファッションセンターというからには、イタリアのブランド「ABICI」があるのも、
ある意味正しいと言える。(気がする)

早速、中に入ろうとしたのですが、こちらの国際ファッションセンターは入口が分かりにくく、
入口を探してみると隣に建っている「第一ホテル両国」に繋がっているようで、
第一ホテルの入口から中に入るようです。

第一ホテル

そこで第一ホテルの入口を入ろうとすると、

顔ハメ


いきなり力士の顔ハメ、別名せっかくだから病ホイホイが!∑(゚∇゚|||)


これは雲龍型ってやつか??

入口にこんな顔ハメがあるフレンドリーな都内のホテルは初めて見た気が・・・

さすが国技館のある両国、いきなりなんて奇抜なおもてなしなんだ。

ところで、この「顔ハメ」なるものをわが家では何故“せっかくだからホイホイ”と言うかというと、
こいつを見つけるとせっかくだから病の相方は「せっかくだから」と言いつつ、
ほぼ確実に顔を突っ込みに行くからです。

まるで夏の夜の街灯にたまる小虫のような彼の行動を
真性の「せっかくだから病」でない私には到底理解できないのですが、
理解するしないに関わらず、共にいるだけで記念撮影を撮るように強要されます。(--;)

そして今回も一枚、

顔ハメ

なんかこのむっちりとした肉付きが他の顔ハメの時よりも
相方のお顔にやけにしっくりくるような気がするのは気のせいでしょうか?

このむっちり感は現実の相方とあまり変わらなくね?

見事にホイホイされた後に入口を入ると、即ホテルのいささか小さめなロビーになっていたのですが、
このロビーには私共のヘタレサイクルニスト以外のもう一つの顔である
(自称)レンタサイクル二ストにとって興味深いブツが・・・

最近都内でも至る所でレンタサイクルを見掛ける機会が多いのですが、
こちらのホテルでもレンタサイクルの貸出をしているようで、
レンタサイクルと思われるミニベロが置いてありました。

レンタサイクル

このミニベロ、「主に女性に貸し出したい」とでもいう、
どなたかの熱い願望が体現されているのでしょうか?

デザインがやけに可愛らしいです。

普通の公共チックなレンタサイクルになると、恥も遠慮もなくカゴの部分などにデカデカと、
“◯◯(地区の名前)レンタル自転車”とか書かれていたりしますが、
あれはちょっと身も蓋もない気分になります。(--;)

それに比べてこのレンタサイクルは、さすがホテル仕様、
フレームに書かれているホテルの名前は奥ゆかしく、まるで元からのデザインの一部のよう。

おしゃれなミニベロの景観を損ねない感じでありつつも
しっかり持ち主であるホテル名を明記してあるところが秀逸です。

機会があったら借りてみたい気もしますが、
ホテル宿泊者だけに貸し出されるアイテムなのでしょうか?

いかにレンタサイクルニストを(自)称する身とは言え、この自転車をレンタルする為に、
わが家からわずか数キロのホテルに泊まるファイトはないしなぁ。(--;)

と、ホテルに入って早々魅力的なアイテム達に惹かれ脱線を繰り返してしまいましたが、
このホテルに(というか両国に)来た目的は「ABICI東京ショールーム」です。

見学だけ・・・とか言いつつも、実は完全冷やかしというわけでもなく、
私は非ラグジュアリーなわが家的な予算で購入できるという、
本革のハブシャイナー(1,260円税込)に惹かれていて(特に値段に)
あわよくば購入してもいいとさえ思っていました。

ホテル内にあった案内図見ると、ショールームは10階にあるようです。

普通、ホテルのショップは1、2階にある気がするのに、
(その辺りも)珍しいなぁ。


と思いつつ、エレベーターで10階に上りました。

ところでエレベーターに乗り、改めて思ったのですが、
「国際ファッションセンター」とは主にどんな目的で作られたのでしょうか?

その名前から推測するには幅が広すぎる感じですが、
私はぼんやりとファッション関係のテナントが集まっているビルだと思っていました。

しかし10階に上がるエレベータ-の中で一緒になったのは、
私の想像するようなファッションショップが目的だとは思えないような、
いかにもビジネスライクな男性が多数・・・

日曜だと言うのに、皆さんスーツに身を包んでいて、

「これからABICI東京ショールームに行っちゃうぜ!(゚∇^d) 」

という感じには到底見えない・・・

このエレベーターの中で異端であるのは、
完全にラフな自転車乗りの格好でいる私と相方です。

7割の人間の方に従うという極めて日本人的な日和見主義の私は、
周りのみんなと同じじゃないという状況にビビり、

私達は何処に向かっているの?

とエレベーターの中で急激に不安に陥りました。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
両国
浅草と並んでアメリカンな人たちには評価の高いファッションエリアじゃないですか
昔、ホームステイしたアメリカンちには『山中湖』ってペナントが飾ってありましたけど







話戻って、その日はバイヤーズデイだったのでしょうか
【2010/11/11 23:30】 URL | くろえ~っ #- [ 編集]

こんんちは
エレベータの中の不安感はなんとなくわかるような気がしますが、場所柄そう言った事に陥る事はなんとなく想像できますね。迷子の子供によってたかって大人が声をかけてきて余計に不安になる子供の心境でしょうか?ずいぶん辛い思いをされたのでしょうね。
いっそのこと勇気を出してホテルに泊まっちゃえば、立場逆転ですよね。
宿泊客が普段着なのは当り前だしね
【2010/11/12 11:16】 URL | KIKU #- [ 編集]


こんばんは~(*´艸`)

ホテル入り口に力士の顔ハメ改めBさんホイホイとは、
さすが両国のホテルですね。

外人さんとかが歓声を上げながら顔を入れて大笑いしている
様子が目に浮かびます。
日本人でそこに顔入れたのはあんがいBさんが初めてだったり。。。

たぶん、あのちっさな穴から見る世界は、こちらの世界とは
違って輝いているのかもしれませんが、私にはできません。。。

隠れせっかくだから信者失格ですかね。。。( ´-`)チュンチュン

【2010/11/12 20:30】 URL | MURA #- [ 編集]

くろえ~っさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

両国ってアメリカンな人々に人気のエリアなんですか?
確かにリキシもいるし日本的な感じがする場所なので、
アメリカンな方々には人気でもおかしくないですね。

くろえ~っさんはアメリカにホームステイされた事もあるんですね。
でも「山中湖」って(笑)
最近はペナントって売れないだろうなと思っていたのですが、
外国の方々には人気??

> 話戻って、その日はバイヤーズデイだったのでしょうか

そういう訳ではなかったようです。
【2010/11/12 23:48】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

KIKUさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

私達以外はスーツの方々ばかりなんで、どこに向かっているんだろう?
と小心は私はビビりました。
世の中の7割に流されるタイプなので「人と違う」ということが
とても不安になるタイプなんですよね。
大きな事は成し遂げられない人間の典型ですね。(--;)

ホテルとこの国際ファッションセンターは繋がっているだけで
同じエリアというわけでもないので、宿泊客になっても不自然さは
変わらないかもしれません。^^;
【2010/11/12 23:55】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

MURAさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

都内のホテルでこんな風に入口に顔ハメが置いてあるのを
見たのは初めてのような気がします。
早速相方がホイホイされましたが、周りに人がいなくてよかった~。

この顔ハメは外人さんを意識してるんでしょうか?
確かに外人さんはハイテンションで喜びそうですね。
私もせっかくだからな人間ではないので、
相方があちらの景色からみる世界はわかりません。
素晴らしい世界が見えているかもしれませんが、私的には見なくていいような・・・

> 隠れせっかくだから信者失格ですかね。。。( ´-`)チュンチュン

失格な方が幸せかもしれませんよ。(笑)
【2010/11/13 00:02】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。