クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それからのしょう油の街市物語【前編】
昨日は久々の雨で少々冷えましたが、このところ暖かい日が続いてますね。

冬だというのに特にお休みの日の温暖化ぶりは驚異的で、

もしかして地球が年末だって忘れちゃったんじゃないの?

ウィキペディアによると地球も誕生から約46億年もの年月が経過していると推測されるそうで、

地球もそろそろ老化か???

とその上に住む者としては心配しております。
なんか想定外の異常気象に困っている国もあるみたいですし・・・

先週の土日も空は美しく晴れ渡り、冬とも思えない暖かい、
神が与えたもうた自転車日和以外何者でもなかったのですが、
私は相変わらずしょう油の街市の実家につめておりましたし、
現在もそのまましょう油の街市につめきっております。トホホ。

父の運転していた車の事故により、利き腕の右肩を骨折した母、
少しずつはよくなっていますが、相変わらず右腕は吊り上げたままで、
不自由な生活を余儀なくされています。

わが実家の家事、雑事は全て母が取り仕切っていましたので、
母の負傷はわが実家にとっては非常事態となったのですが、
そんな家族の非常事態にもひたすらマイペースな父。

なんと先週の土日は旅行の予定を入れやがってていました。

この非常時に??!!∑(゚∇゚|||)

正直、父のあまりのマイペースぶりに、母、私、兄夫婦と一同唖然としました。

未だ仕事をしている父に言わせると、接待的な要素も強い「断れなかった」旅行らしいのですが、
まあ、よくよく考えてみれば、どの道、父はこういう非常時に役に立ってくれるタイプではないし、
父に今更何を言っても人間性が急に変わるわけでもないので、
もうむしろ自由に生きて頂くことにしました。(人はこれを“さじを投げた”という)

なので先週末も私が実家に残って母の介助と愛犬の世話をすることになり、
相変わらずのしょう油の街ライフを過ごしてるわけです。(--;)

再び2週間連続で実家にいるとなると、またわが家の無駄な記録、
「週一連続5km以上ポタ」の記録を存続させるという極めて無駄な行為の為に、
しょう油の街市の実家でまたまた1人でポタらなければなりません。

土曜日はちょっと他に用事があり、ポタに行けなかったのですが、
日曜日はポタに出掛けることにしました。

そしてしょう油の街市の私のポタの相棒と言えば、

「リアルママチャリ号」

リアルママチャリ号

確実に予感はしていたけど4度お前に乗る羽目になるとは・・・

ここまで縁があるとすでに私の名誉愛車として認定してもいいぐらいじゃね?

4度目ともなるとこのリアルママチャリ号にも慣れては来ましたが、
ポタのマシンとして考えると、ギアなしのリアルママチャリ号のペダルは、

絶望的に重い。

その事を何度かリアルママチャリ号の正式オーナーである母に訴えたのですが、

「重いと感じるあんたが軟弱なんじゃないの?(半笑い)」

と一蹴されていました。

しかし今回は、

「空気入れると、いつもすごく軽くなるから入れてみたら?」

という至極基本的なアドバイスを母から受け(つーか自転車乗りなら自ら気づけよ)、
今回はリアルママチャリ号のタイヤに空気を入れてから走る事にしました。

空気入れ

物置から空気入れをひっぱり出し、そこでふと気づいたのですが、

そう言えば、普通にママチャリに空気を注入するのはいつ以来だ?自分??

ママチャリと限定せずとも、今の自転車の空気入れは相方に任せちゃってますし、
わが家のママチャリ「ソルジャーチャーリー」はその辺のショッピングセンター等に設置してくれている
「ご自由にお使いください」な自動空気入れを使っていたので、
実はママチャリに普通の空気入れで空気を注入したのは、
ちょっとやそっとでは記憶の引き出しから出てこない程の遥か昔・・・

しかし昔(特に若い時)の記憶は体が憶えているはず・・・

空気入れを見ると、先端に洗濯バサミのような物が付いていて、

空気入れ

昔のシンプルな空気入れと若干違いますが、
この洗濯バサミ部分をバルブに挟み、空気を注入する以外選択肢が見当たりません。

そこでまず後輪から空気を入れるべくバルブのキャップを外し、空気を注入を試みようとする時、
このリアルママチャリ号には、なんじゃこりゃーな新機能が備わっている事に気づかされました。

判定機

“赤いサインで空気を補充”と注意書きがあるこれ、正式名称は不明ですが、

空気圧(自動?)判定機?!

今までこんな機能をお目にかかったことはありませんでした。

おお、こんなところにも地味に技術革新がされていたのか。

と暫し感動。

空気が足りん場合、どう赤く表示されるのかは謎ですが、
見ると赤く表示されていないので、空気入れには時期尚早かもしれません。

しかしタイヤを押してみると時期尚早とも言い切れない感触が・・・
ここは自分の勘を信じて、空気を入れる事にしました。

が、何故かこの洗濯バサミが上手くバルブに挟まってくれず、
いつまでも空気が入ってくれません。

あえてケガ人の母を呼びに行くのもなんだし、
こんな私でも自転車乗りの端くれとしてのプライドがあり、
「ママチャリの空気入れ位自分でこなしてやるぜ!」という気持ちが強かったので、
しばらくバルブに洗濯バサミを挟むべく孤軍奮闘したところ、

なんか

あっ!なんかもげたっ!!∑(゚∇゚|||)

それと同時にタイヤの空気がすべて抜けました。

・・・使い方・・・母に聞くかな。

もげたなんかをさりげなく元に戻し、

バルブ

ママチャリのタイヤの空気すらまともに入れられない
(自称)自転車乗りの自分自身を嘲笑しつつ、母を呼ぶために立ち上がると、
床にナットが落ちているのに気づきました。

ナットはキャップを取る時に同時に取れてしまったようですが、

もしかしてこのナットを装着する事により、
洗濯バサミがバルブに引っ掛かるんじゃん?(゚∇゚ ;)


とこの時気づきました。

つーか、英式だったのに、ナットのないつるーんとしたバルブの不自然さにまず気づけよ。

ナットを取り付けると、

ナット

洗濯バサミもバッチリ挟まりまして、後は空気を入れるだけですが、
確かタイヤというものには“適性空気圧”なるものがあったような気がします。

スポーツ自転車の場合、空気圧を間違えると相当ヤバい事件が起こるらしく、
タイヤにそれぞれ適正空気圧の基準が明記してあったと思うのですが、

ママチャリをタイヤの空気を入れていた時の基準は確か・・・「己が体力の限界まで」

どう体重をかけても空気入れのハンドルが降りなくなった時点で、
適正とみなしていたような気がします。(今考えるといいんか?)

さすがにタイヤの空気を入れすぎるとヤバい事件が起こると知った今は、
無鉄砲にはなれず、己が体力の限界の一歩手前で止めましたが、
タイヤを押すとなかなかいい感じで入っている・・・ような気がする。

私のような迷える子羊の為に、空気圧判定機の赤くなる技術を更に革新させて、
空気が適量になったら青くなるようにしてくれたらいいんですけどね。

そして後輪に続き、前輪に空気を入れようとすると、
前輪は地味に空気判定機が赤くなってました。

判定機

予想以上に遠慮がちな赤に見えますが、これは空気圧のヤバさに比例して、
空気がなくなれば無くなるほど赤の面積が大きくなって行くのだろうか?

少々時間を食いましたが、両輪に空気が入り、前カゴに荷物をin。

前カゴ

リアルママチャリは世知辛い世の中を反映して、防犯ネット付きの仕様にしておりますが、
カラス対策のようなネットを人間対策に張らにゃいかんとはなんか世も末っすね。(--;)

空気の注入後はさぞや快調な走り出しだろうと思い、うきうきしながらペダルを漕ぎ出すと・・・

お、重い。(相変わらず)

つうか空気を入れても全然変わんねーーっ!!

母は空気を入れると「すごく軽くなる」と言っていましたが、
この誤差の範囲のような重い軽いの違いがわかるなんて、凄いよママン。

母のこのリアルママチャリ号に対しての愛すら感じます。

スマン、リアルママチャリ号、この違いすらわからないのに、
私の名誉愛車にしようだなんておこがましかったよ。

そして相変わらずアウターなペダルのままに、しょう油の街市のポタに出発しました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント

近所のホームセンターの自転車売り場でぶらぶらしていたら
50歳前後と思われるおばさんが 電動アシスト自転車でやってきて
「ね~え 空気が抜けてるみたいなんだけど 空気入れてくれない~?」
と店員さんに話しかけました。
「あ 空気入れならそこにあるので自由に使って良いですよ」
「あ~ら ワタクシ自分で空気を入れたこと無いんですぅ♪」

え!? 自転車に乗っているのに空気を入れたことが無い?
自分でやるのがいやだからそんな口実作り出して・・・
(店員さんも そう思って相手にしない)

私の考えがいかに浅いものだったか 本日思い知りました m(_ _)m
【2010/12/14 13:13】 URL | 自転車おぢさん #eCUuu8f. [ 編集]

ままちゃり
って絶対重いですよね
多分15-6㌔はありますよね


最近ちょっと疑問なんですが
体重45㌔のひとが10㌔の自転車に乗るのと
体重47㌔のひとが8㌔の自転車に乗るのって条件は同じなんでしょうか


ただし体力は同等とします
【2010/12/14 20:34】 URL | くろえ~っ #- [ 編集]

こんばんわ
わたしも通勤で駅まで(片道2.5km)ママチャリを利用しています
(クロスやベロは盗難や雨の日に乗りたくないのでw)
わたしの仕事用の鞄は常にモバイルやノートPC、暇つぶしの本が入ってるので重い・・・
しかも駅までは坂道が・・・orz
ほんとクロスバイクとママチャリって別の乗り物ですよねw
【2010/12/15 21:27】 URL | ねこメシ #- [ 編集]

ねこメシさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ママチャリとスポーツ自転車は別物ですよね。
母には「そんな軽い自転車ばっかり乗っているから軟弱になるのよ。」
と言われてしまいましたが、やっぱり重いものは重いです。^^;
特に坂道は重さがダイレクトに感じられますが、
私としてはあまり得意ではないダンシングがママチャリの場合容易にできる
ところだけは、ちょっと嬉しいです。
【2010/12/16 22:50】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

自転車おぢさんさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

うーん、その方が本当に自転車の空気の入れ方をご存知なかったのか
わかりませんが、人生で1度も自分で入れたことがないのは凄いですね。
もしかして自動空気入れだったのでしょうか?
あれは昔はなかったので、入れ方がわからないという事があるのかもしれません。

私は3年前にクロスバイクに乗り始めるまでの
十数年間は自転車に乗らない生活をしていたので、
今回のママチャリへの手動の空気入れは久しぶりでしたが、
大まかな事は体が覚えていました。(ちょっと手間取りましたが・・・^^;)
【2010/12/16 23:12】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

くろえ~っさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

ママチャリ重いですよね。
スポーツ自転車と違うこの重さがお値段の差なのでしょうか?

1㎏自転車を軽くするのなら自分を軽くしたらいいという話を聞いたことがあります。

とても理にかなっているとは思うし納得するのですが、
例えば5㎏の米俵をいつも担いで暮らす事は容易にできませんが、
自分の体に肉として付いてしまうと、ちょっとした重さは感じるものの、
普通に暮らせてしまうものです。
というように人間というのは自分に甘い構造になっているので、
自転車を軽くした方が走れるような気もします。



> って絶対重いですよね
> 多分15-6㌔はありますよね
>
>
> 最近ちょっと疑問なんですが
> 体重45㌔のひとが10㌔の自転車に乗るのと
> 体重47㌔のひとが8㌔の自転車に乗るのって条件は同じなんでしょうか
>
>
> ただし体力は同等とします
【2010/12/16 23:18】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

くろえ~かいっ
もーもーすぺしゃる v-109に完成v-315

村さ来くん比 車重2㌔減で速くなった気がします
まだ2㌔しか走ってませんがv-513
【2010/12/17 00:11】 URL | くろえ~っ #- [ 編集]

くろえ~かいっさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

新車納入おめでとうございます。
拝見させて頂きましたが、素敵な自転車ですね。
豹柄は返品してモーモー柄ちゃんと手に入れられたんですね。
よかったです。
【2010/12/19 23:13】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

新車
若づくりしてますが村さ来くんより年上なんです。。。


カーボンって初めてですが(っていってもフォークとチェーンステイだけですが^^)
海苔味が滑らかで感動しました

でもまだ10㌔しか走ってません
【2010/12/20 20:19】 URL | くろえ~かいっ #- [ 編集]


シートステイの間違いでした
【2010/12/20 20:54】 URL | くろえ~かいっ #- [ 編集]

くろえ~かいっさん、こんにちは
コメントありがというございます。

この新車くんは村さ来くんより年上なんですか?!
それはかなりお若く見えますね。
若さの秘訣を是非教えていただきたいものです。
【2010/12/22 09:54】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]

秘訣
・床の間に飾っておく

これに勝るものはないようですよ^^


http://www.youtube.com/watch?v=BJ-DeVkvwJU
キワモノクラブはこんなのつけちゃいました
【2010/12/23 23:13】 URL | くろえ~かいっ #- [ 編集]

くろえ~かいっさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

それが秘訣でしたか。(笑)
【2010/12/23 23:43】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。