クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年初ポタ「隅田川七福神めぐり」【中編】
隅田川七福神の2箇所目は、多聞寺から一番近い寿老神様が祀られている「白鬚神社」

この隅田川七福神は全体的にコンパクトにまとまっていて、
徒歩で巡られている人も多いようです。

ここでもあきらかに白鬚神社に向かうらしき、心の七福神メイトと共に進むと、
流れつくように「白鬚神社」に着きました。

白鬚神社

立地的にほぼ大通りの墨堤通り沿いに面しているこちらの神社は、
ポタの途中で何度か通りかかりましたが、名前がわかりませんでした。
・・・というかわかろうとしませんでしたが(汗)、この神社が「白鬚神社」だったんですね。

そしてこの白鬚神社も入ると、先程の多聞寺と同程度のこれまた美しい2列の並びの列が・・・

白鬚神社

この白鬚神社では「並ばないでいいよ」的な看板はないので、
ある意味正しい行動かもしれませんが、効率が悪い感は否めない。

ここでもまた純並び時間約15分を費やしお参りを済ませ、スタンプを押させてもらいました。

白鬚神社

「白鬚神社」のスタンプは鹿を模したマークです。

しかし改めて気づいたのですが、たった2箇所を巡るのに、
1時間以上の時間が費やされてるではありませんか!

その内訳は並び時間が30分以上というのが、何とも虚しい。

それも修行と思えばいいのですが、そう思えないのが煩悩多き俗物でして・・・

近間で通常よりお得でお手軽な6箇所ということで、
この隅田川七福神は短時間で回れるものとタカをくくっていたのですが、
“並び”という思わぬ伏兵に足元をすくわれることになるとは思いもしませんでした。

今後もこのペースで並びがあるのかと、正月早々暗澹たる気持ちになりましたが、
七福神の歩みを止めるわけにもいかんので、先へと進みます。

ちなみにこちらの白鬚神社も先程の多聞寺と同じく、
入口付近からもくっきりとスカイツリーが見えました。

白鬚神社スカイツリー

七福神めぐりの次なる場所は「向島百花園」

福禄寿様が祀られているというのですが、
・・・えーーと、大変失礼な話とは存じますが、勇気を持って言わせてもらうなら、

ところで百花園の中に神様を祀るような神社仏閣なんてあったかいな?

百花園は数回入ったことがありますが、
園内に神社仏閣があったという記憶がきっぱり・・・ない。

その点、激しく半信半疑でしたが、七福神の一つと堂々と設定されているという以上、
行かんわけにもいかんので、取りあえず行ってみることにしました。

白鬚神社から向島百花園までは近く、歩いてもすぐの距離にあります。

入口付近には意外と派手にウエルカム的な横断幕が掲げられていました。

向島百花園

が、

こんなウエルカム的な横断幕が張られておきながら、
実は向島百花園は29日から3日まで休園扱いになっているようですが、
1月1日~3日までは七福神目当ての初詣客優先なのか、そのまま開放。
(一応“一部開放”ということになっていましたが、
全部開放とどう違うんだ?という状況でした)

普段は150円の入場料が徴収されますが、無料でずかずか入ることができるようです。

しかし休園日は3日までということなので、もしそれ以降に七福神をめぐりたいと思ったら、
入園料を払ってお参りするというシステムになるんですかね?

百花園内に果たしてお参りするような場所があるのか、
タダで入園してもまだまだ半信半疑だったのですが、
すぐにそのお参り場所は見つかりました。

向島百花園

って、ここ?(゚∇゚ ;)
ちっちゃくね?

他の神社仏閣に比べて、若干急ごしらえというか、どこかやっつけ的な・・・

私も天罰は怖いので、これ以上のコメントは控えさせていただきます。

他の神社仏閣とは違い、ここは純粋な七福神めぐりの参拝者しかいない為か、
ほとんど並びもなく、すぐにお参りを済ますことができました。

そして隅田川七福神恒例のスタンプも押させてもらいましたが、

向島百花園

しかしどうしても解せなかったのは、

七福神と言えば神社仏閣と相場が決まっているものじゃね?
何で庭園を巡らされちゃってるんだ?


ということです。

まず向島百花園の歴史の始まりからして、確か江戸時代に佐原鞠鵜さんという方が
趣味で作った庭園に江戸の文人が集まるようになったのが始まりのはず・・・

そんな向島百花園はじまりのエピソードは、特に神仏とは無関係じゃね?

粘着性のある私は、そんな百花園がなぜ七福神に絡むことになったのかが気になり、
家に帰ってからネットで調べてみたのですが、
向島百花園の開設者である佐原鞠鵜さんが本草の神として愛蔵し信仰していた福禄寿尊が、
隅田川七福神の福禄寿尊として、百花園庭内に祀られているそうです。

・・・やっつけ的などと思って、すみませんでした。

昔からこの祠に福禄寿尊が祀られているのなら七福神として遜色がないわけです。

しかしついでにというか、更に向島百花園と七福神の繋がりを読み進んでいくと、
驚愕の歴史的事実が書かれた次のような文章が。

“文化元年(1804)向島百花園が開園してからここに集まる文人墨客たちが、園主佐原鞠鵜が、
福禄寿尊を祀っているのを知り、この隅田川の東岸にも七福神がそろわないものかと考え、
七福神にそれぞれ縁故をもる神社仏閣を探し出した”

って、この一番急ごしらえとかやっつけ的とか思っちゃった向島百花園の祠こそが、

「隅田川七福神」の始まりだったんかーい。∑(゚∇゚|||)

影薄い付き人だと思っていた人物の方が実は社長だった・・・という時のような驚き。

しかも隅田川の東岸に七福神を揃えたい(便利そうだからか?)という、
江戸時代の文人のよくわからない思いつきで始まった事で、
平成の世に生きる私共まで踊らされているお参りすることになっていようとは・・・

どちらかというと知りたくなかった真実のような・・・

まあ、どこの七福神めぐりの歴史も往々にして、
そんな身も蓋もないものなのかもしれませんね。(--;)

その上、更に驚いた事実が、向島百花園は歴史の波に翻弄され、途中紆余曲折あり、
一時荒廃したりもしたらしいのですが、なんだかんだと持ち直し、
再生され今に至っているようです。

紆余曲折の中には先の大戦もあったものの、幸いこの向島百花園を隅田川七福神たらしめている、
福禄寿の尊像だけは残ったそうですが、このご尊像、ふだんは白髭神社の境内の小堂に祀られ、
お正月のみ向島百花園内の福禄寿堂にお祀りするそうです。

えっ?普段は先程、2番目に巡った神社、白鬚神社に福禄寿様のご本尊があるの?(゚∇゚ ;)

だったらずっと白鬚神社の方に祀っておいてくれれば、
巡るのは5箇所で済むじゃん。


とかは人間の分際では口が裂けても言えません。(書いちゃっているけど)

向島百花園にも隅田川七福神の始まりというプライドもあるでしょうし、
タダでさえ回る箇所が一箇所少ない6箇所なのに、更に5箇所に減らすとお手軽感が増す反面、
七福神めぐりを行う場合にないと致命的な、“ありがたみ”ってヤツが薄れる感じがするので、
そのラインは崩せないのでしょうか?

さて、スカイツリーがそれなりに伸びてから向島百花園が来たことがなかったのですが、
ふと見ると、百花園の生えっぱなし趣きのある草木の間からもスカイツリーの姿が!

向島百花園スカイツリー

多聞寺、白鬚神社に続き、この向島百花園でもスカイツリーが見えるとは・・・

もしかして後残りの3箇所の神社仏閣からもスカイツリーが見えるのかも。

そうなったら今後は「スカイツリーの見える七福神」として大々的に売り出し、
巨大な利権も見え隠れしてきます。(隠れたままかもしれんけど)

誰に頼まれたわけでもなく単なる野次馬根性で、

その辺も調査しなければ!


と相変わらず無駄な使命感も芽生え、次なる神社へと向かいました。

・・・続きます。m(__)m

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

この記事に対するコメント
こんにちは
くろばいさんに刺激されて私も去年廻った鎌倉七福神に続き私の住んでいる平塚の七福神はあるのかな?あればちゃんと廻ってみよう!と調べてみましたが・・・・・
ここ平塚には金目(かなめ)七福神ってのがあるそうなんですが、なんと1ヶ所に全部ありました・・・・・
【2011/01/08 08:37】 URL | KIKU #- [ 編集]

KIKUさん、こんにちは
コメントありがとうございます。

一箇所で七福神ですか?!
それはなんて効率的な!!
もしうちの近くにあったら毎年お詣りさせて貰います。
でも一応お詣りは七箇所するんですかね??
【2011/01/10 22:49】 URL | くろばい #tVL1FzGg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。