Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日記

謎の腰痛病名発覚!

12
年末に突然発症し、それから私が悩まされ続けていた謎の腰痛ですが、
昨日病院に行きまして、もう謎の腰痛ではなくなりました。

その腰痛の正体とは、椎間板ヘルニアに伴う坐骨神経痛です。

めちゃめちゃベタな病気だったんですね。orz

とは言え、ネット社会の素晴らしいところで、症状からネットで調べてみると、
坐骨神経痛の症状がモロ当てはまりまくるので、薄々感づいてはいたんですけどね。

実は昨日も朝起きると、痛みが再再再発していまして、
座ることも中腰になることもはばかられるような痛みが、
腰から太腿、ふくらはぎに抜けるように襲ってきまして、
特に右足の痛みは酷く、もうシャレにならない状態。

いや、だいぶ前からシャレにはならん状況だったのですが・・・

何をするにも痛みが伴う状況に、これ以上一日でも放っておいたらマズい気がしまして、
すぐにでも病院に行きたかったのですが、朝は痛みでとても行けない状況でして、
午前中は床で大人しくしていまして、ある程度痛みがひくのを待ち、
午後に何とか病院に駆け込みました。
(実際は痛みで駆け込む気概など残って無かったのですが)

なんせ基本病院が嫌いな私は近所の整形外科を一軒も知らなかったので、
今回行った病院もピッチピチの初診になります。

まず診療前にレントゲンを数枚撮ってもらい、
白日の元に晒された私の背骨を目の前に先生から説明を受けるのですが、
こちらの先生は褒めてから落とすタイプなのか、往々にして診断とはそういうモノなのか、
まず私の背骨を褒めるところから入りました。

「なかなか綺麗な背骨してますよ。^^」


綺麗と褒められるのは骨しかない自身の現実に複雑なものはありましたが、
まあ、骨とは言え褒められるのは嬉しいものです。

続けて先生が褒め殺すには、

「(骨を見ると)姿勢もいいですね。」


ええっっっ?!(゚∇゚ ;)


この言葉には、すげー驚きました。
病名はほぼあたりを付けて行ったので、病名を告げられた時以上に驚いたかも。

最近は100均で購入したゴムを使っての適当エクササイズで、
立っている時の姿勢は多少改善しましたが、
元はと言えば、私は猿人のように姿勢が悪い猫背歴ン十ン年(ほぼ歳の数)の人間。

今でも座っている時は猿人に戻るし、ちょっとエクササイズをサボると、
たちまち猿人化してしまっているので、絶対背骨は猿人状態になっているものと思っていました。

それが“姿勢がいい”とな??


背骨は一朝一夕で出来上がった形ではないでしょうし、
最近ちょっと姿勢が良くなってきたからって、
すぐに背骨ごと治るものとは思えないのですが・・・

もしかして私の正しい姿勢とは猿人状態の時なのでしょうか?

そう言えば、腰痛予防としては「常に正しい姿勢を心がける」というのがありますが、
もしかしてゴムエクササイズで猫背を治そうとしたことが、
私にとっては正しくない姿勢をとっている状態になっているのでしょうか??

その辺を突っ込みたかったのですが、なんか突っ込めませんでした。
「猿人状態で暮らして下さい」と言われてもなんか嫌だし。

そうしてひとしきり、私の背骨の褒めるべきところを褒め上げた後、
奈落に落とす作業というか、本題に移るわけですが、突然声のトーンを落とした先生、

「ただここの隙間が詰まってるので、
椎間板ヘルニアだと思われるんですよね・・・。」


と先生が指したレントゲン写真の部分の骨の隙間が詰まっているというのですが、

すみません、正直、素人の私には区別がつきません。

と思ったものの、まぜっかえすのもなんなので、ただ頷くだけの私。

節穴の私には狭いと言われても「そう言われればそんな気がする」程度にしかわからんかったんですが、
先生の指した先の骨の場所を自分の体に当て嵌めてみると、
まさに痛みの震源地だったので、確実にヘルニア状態なんでしょうね。

なぜここに来て坐骨神経痛まで引き起こしたかというと、
原因として考えられるのは、重い荷物を持つ等の腰に負担のかかる作業をしていなかったか?
ということなのですが、もちろん心当たりありまくり。

まず頭に浮かんだのは5kg(+α)の肉の塊・・・愛犬です。

母が肩を骨折してから約2ヶ月の間、ほとんど実家で過ごしていたのですが、
実家に帰ると当然の事ながら、この愛犬を抱く機会が多いんですよね。

わが家の愛犬は、真性女王様犬なので、彼女の妄想の世界では地球は彼女が統べています。
当然、地球上どこへ行っても彼女のシマ。

しかし現実世界は妄想世界のようにうまく行かないようで、
なぜか現実世界には彼女の大嫌いなワンコがそこかしこに!
(ちなみに彼女も犬ですが)

彼女は自分の統べている(と思い込んでいる)地球に犬が入り込んでいるのが許せないらしく、
そのままにしておくと他のワンちゃんに因縁をふっかける、ふっかける。

女王様というよりヤ◯ザのように喧嘩を売りまくって困るので、
特に人とワンちゃんが密集するスペースでは、女王様が他の方のご迷惑にならないように、
下僕(飼い主ともいう)が抱いてさし上げて過ごす機会が多いのです。

抱っこしていると比較的おとなしいし、因縁をふっかける前に対処できるので、
やむなくそうしているのですが、何せミニチュアを越えた体重のミニチュアダックス、というか肉の塊。

長時間抱っこしていると重みが腰あたりにずっしりと来て、
時には一瞬ですが、電流のような痛みが腰に走っていました。

そしてもう一つ思い当たるのは、実家の畳生活。

実家に居る時は居間が畳なので、畳の部屋でほとんど過ごしているのですが、
今現在自分の家はソファー生活で、直接床に座らない生活に慣れてしまったので、
急遽、畳に直に座る生活に戻ると、立ち上がる時に腰に負担がかかるような気がしていました。

でも介助生活に行っていたので、あれやこれやと立ったり座ったり・・・
それも腰に負担を掛けた原因かもしれません。

・・・とまあ、原因はいろいろ思いあたるものの、
原因がなんであれ、なってしまったものは仕方ないので、
今後の事を考えなければなりませんが、
まず不安だったのは、今後どのような生活を送る羽目になるかです。

こんなに痛みがあるのだから、禁止事項でまみれた生活を強いられるのかもしれません。

そこで先生に、

「日常生活を送る上で制限があるのですか?」

と聞いてみたのですが、
意外にも重い物を持ったりする時に腰に負担が掛からない姿勢を取る等を気をつければ、
特に制限はないという答えでした。

この状況で特に日常生活に制限がないのが驚きでしたが、

・・・という事は・・・

バナナはオヤツに入らないかもしれないけど、自転車は日常生活に入るよね?

日常生活は別に制限はないということは、自転車は大丈夫ということ??

そこでもう少し突っ込んだ質問をぶつけてみようと、

「スポーツはやっても大丈夫ですか?」

と聞いてみると、これも「問題ない」ということでした。
(痛みが取れてからという条件付きでしたが)

あえて「自転車」と聞かないところが私の姑息なところですが、
お恥ずかしい話、わが家のポタスタイルというのは、
どちらかというとスポーツ自転車というよりも、生活手段として用いるママチャリレベルなので、
わざわざ「自転車」と言って、すごくハードな乗り方をしてると誤解されてもなんだと思いまして・・・

病院にくる前は「自転車は完全にドクターストップだろう」と悲観していたのですが、
確かにこの病院で頂いた予防法やら体操法やらが描かれた、
腰痛の全てが詰まったチラシを見てみると、

腰チラシ

積極的にスポーツをと書いてあるし、

腰チラシ

週末のポタ位なら大丈夫・・・なのかも??

もちろん痛みの治まり次第ですが・・・

意外に痛みがなくなりさえすれば、普通に日常生活が送れそうなのでホッとはしましたが、
病名がはっきり判明したからには、今後再発しないように一刻も早く治したいのが人情です。

私の場合は幸いまだヘルニアも初期段階なので、「手術」とか物騒な事は言われなかったのですが、
それならばどのような治療が施されるのか、不安でもあり、期待でもあり・・・

そして具体的な治療が行われたのですが、まずマッサージ機のような物に乗せられまして、
そのマッサージ機(らしきものは)はもちろん只者ではないマッサージ機なのですが、
私を搭乗させたかと思うとそのまま水平状態になり、腰あたりに圧を掛けてきます。

どうやら腰を締め付けると同時に引っ張っている・・・らしい。

基本打たれ弱い私は、「痛い治療されたらどうしよう」とビクビクしていたのですが、
どちらかというと気持ちの良い感じ系の治療です。

電子レンジで調理中のような心地良いメロディーが流れてくるので、
そのメロディーを聞きながらゆっくりと圧迫されたり引っ張られたり、
ついでに背中に温い光線(?)があてられ温められたりを5分程度の間繰り返し、その治療は終了。

そしてこの治療はほんの挨拶がわりで、次なる本格治療に移ると思ったのですが、

・・・以上。

え?!これだけ??(゚∇゚ ;)


しかも今後診察というのは特になく、この治療(リハビリというらしい)を
続けていくだけの治療になるということです。

おまけにリハビリは好きな日に来ていいという、
リハビリの回数まで自由裁量に任せるというアバウトさ。

こんなんで治るのか?


と狐につままれたような気持ちで病院を出、家に帰ってきまして、
やはり不安になりネットで調べたのですが、
椎間板ヘルニアの治療というと、手術などの積極的手段に訴えない以上は、
ひっぱったり、温めたり、自分で体操をしたりするしか治療法はないもんらしいですね。

うーん、こんなぬるい作業で再発しない体になるのでしょうか?

とは言え、積極的に手術をお願いする勇気もないので、
そういう地味な作業を続けるしかないのですが・・・

ところで今にして思えば、年末に最初に発症した時の痛みというのは、
然程でもないもので(あくまで今に比べればですが)かなりの痛みを伴うようになった分岐点は、
やはり再発の原因になったあの謎の夢遊ブリッジ、海老反りにあるような気がします。

先程の病院から頂いてきたチラシにも、
急激な腰痛が起きた時は「海老の姿勢で安静にする」とありました。

腰チラシ

ネットでも寝る時は「海老の姿勢で」と書いてあるものもあったのですが、
その真逆な海老反りブリッジは、腰に致命的な衝撃を加えた事は想像にかたくありません。

あれから急激に病状は悪化の一途をたどったような気がするし、
皆様も寝相には注意してくださいね。

私の場合は拘禁服でも着て寝るしかないかも。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事

- 12 Comments

There are no comments yet.
とりあえず安心

たかまみこ  

2011-01-25 18:14

初めまして!
いつも楽しく(ひそかに)読ませて頂いています。
いつ病院に行かれるのかと、ドキドキしながら(勝手に)見守っていました。

私、最近クロスバイクデビューしたばかりなのですが、初めから峠越えをしたもので
ひざ痛が悪化しました(汗

今年は雪がすごくて、丁度(?)自転車に乗れないこともあり 病院にも行かず養生しております。

くろばいさんのヘルニアも早く良くなるといいですね。
一応ドクターストップにならず安心しました。
クロスバイクデビューから、こちらで色々な情報を頂きましたし、これからも楽しみにしています♪
お大事になさってください(^-^)

EDIT  REPLY    
狭窄

くろえ~かいっ  

2011-01-25 19:37

自転車の前傾ってなんか良いような気がします
そういった意味ではン十ン年の猫背を続けていたほうが良かったのかもですね(医学的根拠ゼロ)


冗談はさておきお大事にしてくださいね

EDIT  REPLY    

KIKU  

2011-01-25 20:17

学生時代サッカーをやっていましたが、中学と高校の時に椎間板性ヘルニアをやりまして、それぞれ1ヶ月間病院通いをしました。
仰ったような牽引治療とブロック注射で苦痛に耐えながらの通院でした。
以来寝る時はふかふかのベッドとはおさらばしています。基本せんべい蒲団で寝ています。枕も低めですね。
症状が進むと後が大変なのでお大事にして下さいね!

EDIT  REPLY    

ひろおじさん  

2011-01-25 22:50

お久しぶりです。
私も、坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)で動けなくなったことがあります。
(2~3回経験しています)
病院でもらった強力なシップをしていると、良くなりました。
自転車に乗り始めてからのほうが、体重が落ちたせいかもしれませんが、
(8kgくらい)腰に不安を感じなくなりました。
いやー、自転車って本当にいいものですね。
ポタ先を遠くにするとかは、いかがでしょう。
川越辺りには良いお店が多いですよ。何なら、案内しますが。

EDIT  REPLY    
やはり

おっさんランナー  

2011-01-25 23:28

座骨神経痛でしたか。
経験者である私の父によると治療法は背筋を鍛えるのが一番らしいので、暫くの間腰痛体操を続けてみてはどうでしょう?ネットで検索すればこれでもか!というくらい出てきます。
あと腹筋と背筋のバランスも重要らしいですよ。
運動の中では水泳が一番良いと聞きますが、いくら室内とは言え冬は寒いですよね。

EDIT  REPLY    
こんにちは

ぱぱくまねこ  

2011-01-26 23:38

くろばいさん、こんにちは。私も以前は腰痛持ちでしたが、最近は自転車に乗り始めて運動しているせいか、調子がいいです。腰痛は下手に民間のマッサージとかして早く直そうとは思わず、安静にするのが一番です。ポタリングも軽めにしたほうがいいですね。どうぞお大事に。

EDIT  REPLY    
たかまみこさん、はじめまして

くろばい  

2011-01-27 22:39

コメントありがごうございます。

ブログへの訪問ありがとうございます。
病院嫌いの悪いところでなかなか病院に行けず、
何とか自然治癒力に任せようと思っていたのですが、
ようやく(?)力尽きて病院に行きました。

最近、クロスバイクデビューをされたんですね。
こんなブログでも少しでも役に立ったと言って頂けると嬉しいです。
しかしデビューをされてすぐに峠越えをされたなんて凄いです。
膝の方は大丈夫ですか?
雪がとけて春の自転車シーズンになる頃には治るといいですね。
それまでお大事になさって下さいね。

私もヘルニアになるとは思わなかったのですが、
体にどこか痛いところがあるという状況はイヤなものですね。^^;
でもドクターストップを覚悟していたのにも関わらず、
ドクターにストップされなかった事はホッとしました。
日常生活に規制がない事をいい事に無理をしない程度に
密かに自転車に乗っちゃおうと思っています。

これからいいシーズンになりますし、お互い自転車を楽しんで行きたいですね。
よかったらまたお暇な時にでも遊びに来てやってくださいませ。

EDIT  REPLY    
くろえ~かいっさん、こんにちは

くろばい  

2011-01-27 22:46

コメントありがとうございます。

自転車の前傾姿勢って腰痛体操になっていそうですね。
せっかく猫背が少しは直ったのに、こんな病気になるとは、
私には猿人が普通の状態だったのかもしれません。
レントゲンも語っている事だし、あながち医学的根拠ゼロじゃないかも?

> 冗談はさておきお大事にしてくださいね

ありがとうございます。
取りあえず痛みが無くなるまでは安静にしていようと思います。

EDIT  REPLY    
KIKUさん、こんにちは

くろばい  

2011-01-27 22:54

コメントありがとうございます。

KIKUさんも椎間板ヘルニアだったんですか?
椎間板ヘルニアになる方は結構いらっしゃるんですね。
私は今のところ牽引治療のみ(しかも行く日は自由)ですが、
ブロック注射は辛そうですね。

椎間板ヘルニアにはせんべい布団がいいんですよね。
私も寝ると症状が悪化しているのは、ベッド暮らしのせいかもしれません。
これ以上悪化したら私も長年お世話になったベッド生活とはおさらばかも。(;_;)

>症状が進むと後が大変なのでお大事にして下さいね!

ありがとうございます。
この程度でなんとか症状をくい止めたいと思います。

EDIT  REPLY    
ひろおじさんさん、こんにちは

くろばい  

2011-01-27 22:56

コメントありがとうございます。

お久しぶりです。^^
ひろおじさんさんも椎間板ヘルニアに伴う坐骨神経痛を患われた事があるんですね。
意外に腰痛仲間が多いので驚いております。
そんな強力な湿布があるんですね。欲しい~
今回病院で頂いてきた湿布は効きがいまひとつなのか、
なかなか回復しないで困っています。
それだけ悪化しちゃったのかもしれないんですけどね。^^;

ひろおじさんさんは、腰に違和感を感じ無くなられたようで良かったですね。
やっぱりどこかに故障を抱えているのは、精神的にもブルーになりますもんね。
川越ですか~。
わが家から80km程度の場所ですが、ヘタレ自転車乗りのわが家からしたら
エラく長距離に感じた場所なので、一度しか行ったことがありません。(汗)
でもあの辺の街並みはいいですよね。
機会があったらご一緒させてください。

EDIT  REPLY    
おっさんランナーさん、こんにちは

くろばい  

2011-01-27 23:00

コメントありがとうございます。

腰痛は筋肉がなくてもなるようですね。
私は高校ぐらいから運動らしい運動をしていないので、
それも腰痛の原因だったのかもしれません。

水泳は全身をバランスよく鍛えられそうですね。
でも実は私ほとんど泳げませんで・・・(汗)
痛みが取れたら地味に腰痛体操を頑張りたいと思います。

EDIT  REPLY    
ぱぱくまねこさん、こんにちは

くろばい  

2011-01-27 23:06

コメントありがとうございます。

ぱぱくまねこさんも腰痛をお持ちだったんですね。
現在は調子がいいということで良かったです。
なってみてわかりましたが、これは辛いですよね。
精神的にも辛いので積極的に治療したくなってしまうのですが、
安静にするのが一番なんですね。
がんばって安静にしています。

EDIT  REPLY    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。