クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座へGO!その2
相方は自転車で、私は電車でとマンション前から「銀座」へと
スタートしたわけですが・・・。

電車の場合、駅までの時間を入れて40分。

自転車の場合はまだ未知数ですが、上野からわが家までが20分。

およそその2倍なので、相方の疲労度を考慮に入れなければ
ほぼ同じくらいに着くはずではあります。


私の方は予定通り、ほぼ40分で到着しました。

今回も道中の撮影の為、相方と携帯を交換していたので
相方のボロイレトロな携帯で電話してみますが、
うんともすんともいいません。

相方の日ごろの運動不足と、もうすぐ人生折り返し(?)
という年齢を考えると距離が倍だからといって時間まで倍で済むという
単純なものではないのでしょう。(じゃまな贅肉もありますしね)

今頃どこぞの道をえっちらおっちら走っているに違いない。


先に1人で用事を済ませることにしました。

今回の用事というのは、アクセサリーを修理に出すことなのですが、

このアクセサリーは結婚前、相方より撒餌として頂いたものなのです。


前にもいろいろ書かせていただきましたが、

一言で言えば、もともと相方は「質素」私は「バブリー」

まさに水と油。いわば敵対種族


物に対する価値観も、時間に対する価値観もまったく違う。(つうか真逆?)

相互不理解の為に起こった、心凍る、お寒い争いも数限りなく・・・。

このアクセサリーは、そんな戦国時代を経て、
初めて相互理解が生まれた(ような)時に相方よりもらった
いわば「和解の象徴」のような思い出深いアクセサリーなのです。

(まあ、私が「洗脳」に成功したという話もありますが・・・)

でも「お得命」の相方的には、食えもしない「お損」の象徴である
アクセサリーを購入するまでには、それなりにがんばりがあったに違いない。


そんな「平和の象徴」的アクセサリーが・・・

ある日突然ぶっちぎれました。(不吉)


その時、私はアルコール摂取過多により、激しく記憶喪失状態でしたので
ちょっと経緯は不明なのですが、気がついたらぶっちぎれてました。

どっかに引っ掛けたのか、何かのお告げか、見事にブチッと。

ホント、あの時の酩酊ぶりを考えるとなくさなかったのが奇跡です。

ああ、子供の頃はネクタイを頭に巻き、折り詰めを吊るして(?)
千鳥足になっている波平さん(仮)の姿を見て、
「あんな大人になりたくないな。」と漠然と思ったのですが・・・。

しっかりなっちゃているよ。自分。(泣)

あの時の自分は波平さん(仮)並に「折り詰め」というアイテムが似合ったに違いない。

しかし子供の頃なりたくなかったような大人に、気がつくとなっていた
というトホホなことはありませんか?

私はほぼ完璧になりまくってます。


お店に行き修理をお願いしたところ判明したのですが、
どうやら何かに引っ掛けたのではなく、
金属疲労で“ブチッ”というより“ポロッ”と切れてしまったようです。


・・・て金属疲労・・・・???


お店の人がおっしゃるには、チェーンの部分は引っ張られたりする時に
徐々に伸びてしまってついには切れてしまうそうです。

私の持ち込んだアクセサリーのチェーン部分は全体的に
金属疲労を起こしているので、将来的には全部交換が必要

「今回はつなぐだけでまだ大丈夫だと思いますが、
5年も使っていると伸びてしまうものなのですよ。」(にっこり)


まさか宝石店でパソコンを修理に出した時と同じようなセリフが聞けようとは・・・。


でもそのアクセサリーのチェーン部分はデザイン的に重要な部分でもあり・・・。

そこ替えちゃったら「あの時もらった思い出の品」ではなく、

もはや、それは「ほぼ別もん」になっちまうのではないのか??

あの時の“相方のがんばり”(涙)


私の心には数々の疑問や異議がわきあがりましたが、
吐露する状況になく、そのまま修理をお願いして店をでました。

しかし・・・一生もんだと思っていた貴金属のチェーンが、
(実は)単なる消耗品だったとは・・・初めて知った衝撃の事実です。

後でこの話を相方に言ったら、やっぱ打ちひしがれてました。
(そりゃそうだよなぁ。)

恐らく彼の脳裏にあの時の「がんばったオレ」の思い出が蘇ったのだろう。(合掌)



私が衝撃を受けつつ店を出たのが、出発からちょうど1時間後です。

計ったように相方から電話が入りました。
丁度、近くに着いたとの事です。

そしてルイガノを押しつつやってくた相方は遠目にも疲れきってるご様子。

銀座到着

到着時は6時過ぎてました。
もう結構暮れてきました。だんだん日が短くなってますね。

やっぱり途中でかなり失速して、時間がかかったようです。
夕方とはいえ残暑厳しいですしね。


確かに上野までの6kmくらいだと結構ママチャリの奥様でも
いけそうな距離ではありますが、
(そういえばうちの母(65歳)もそれくらいはママチャリで行くかも)

12kmというとやっぱりちょっとした遠出になりますもんね。
同じ速度で走るのは難しいのかも。(体力ないし)

道中、相方が撮った写真ですが・・・
今回は(も?)優良作品が見当たらない為、割愛させていただきます。
次のご応募をお待ちしております。

つうか駅(しかも地下鉄の入口)・駅(同)どっかのビル、どっかの道、以上!
・・・って。

まあ途中で撮ってきてくれって頼んだのも悪かったかもしれんが、

できれば、もう少し空気を読んだ写真を撮ってきてくれるとありがたい。


とにかく相方的には、ここらで一休したいところですが、

銀座というところは駐輪場が見当たらない!!

結構自転車も通っているですが、ちゃんとした駐輪場というのがあまりないようです。

来る前に駐輪場を検索したんですが、目ぼしいところは見つからず・・・。

「来ればなんとななるかなぁ。」と思ったんですが、

なんともならん!

まあ、確かに銀座のバカ高い地価を考えれば、
上野のように気軽に駐輪場は作れないのかもしれませんが・・・。


でも以前はあまり自転車を意識したことがなかったので、
気づきませんでしたが、銀座って結構自転車が停めてありますね。
しかもママチャリ多し。

羨ましくも当たり前ですが、銀座が生活圏の人もいますもんね。

わが家の場合住んだら半月で生活費が枯渇だろうなぁ。

まあ、生まれ変わりでもしない限り住めることはないんで、
「そんな心配はご無用」ですが・・・。


いたるところに、ママチャリが無造作に停めてあります。

自分もママチャリなら「しからばお隣に失敬して・・・」という話にもなるですが、
やっぱり無防備にルイちゃんをひょいっと停めるわけにはいきません。

・・・とは言え、駐輪場ないしなぁ

「じゃあ、お店から見えるところに停めて、
お店で見張りながらお茶すればいいじゃん。」

と私が提案しても相方は、首を縦には振りません。

疲れた体に鞭を打ち、どこかにあるやもしれない駐輪場を探し、さまよう相方。

(こんなところのみ)がんばりやさん


クロスバイクの防犯については、ものすごーく過敏なのです。

「こんなかわいいんだもん。
狙われてる!きっとルイちゃん、謎の悪の組織に狙われてる!!

と思い込んでたりするのかもしれませんが、
周りから見たら、もしや自意識過剰な、ただのイタイ人なんじゃ・・・。


実際はどうなんでしょう?そんなに自転車って盗まれるのかなぁ

「謎の悪の組織」はこのような微妙なクラスの自転車を
虎視眈々と狙っているのでしょうか?
(高価なロードバイクなら別でしょうが・・・)

んなわけねぇ。悪の組織もそんな暇じゃねぇ。とおもうですが・・・。


・・・そして、4丁目→1丁目→更に有楽町と駐輪場を求め
ルイガノと共に、あてもなくさまよい続けることとなります。


「世の中“エコブーム”なんからさぁ。CO2削減の為にも
駐輪場ぐらいバンバン作るべきだっつーーーの。」


・・・と自分勝手な悪態をつぶやきながら・・・。
(今まで自転車移動なんかしてなかったくせに)


すいません。またまた長くなってしまいました。(滝汗)
更につづきます。


ブログランキングに参加しちゃったりしています。
できれば、クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

銀座へGO!その3
「駐輪場ひとつもないとは・・・都の情勢はなっとらん!」

自転車ひとつで、あっという間にエコロジスト気分に浸る自分達。


ご都合主義にも、銀座付近を都政に悪態をつきつつ、
ルイガノをかかえ駐輪場を探し、さまよい続けている次第ですが・・・。


確かに防犯については私も心配でしたが、
根がいい加減な私は、こういうことに関する心の持続力は0

ぐるぐるぐるぐる回っているうちに、

「なんかもうその辺に停めても大丈夫じゃね?
一応鍵ついているわけだし。」


という気分にもなってきました。


まあ、自分のビアンキがくるとまた目の色が変るかもしれませんが・・・。


・・・とはいえクロスバイクも10kgくらいはあるものですし、
一応カギも掛けるので、持っていくとしたら担いでいかなきゃならないですよね。

長時間放置状態にしているならいざ知らず、
一瞬目を離した隙に、

マッチョな(?)悪の組織構成員
(もしくは単独犯)が
担いで持っていく
ということがあるのでしょうか?
(まあ、ないとは言い切れないか)


・・・ウィンドウ越しに、MY自転車を眺めながら
同伴者Kさんとお茶を飲んでいたK(B)さん
そこへ疾風のように現れた、ターミネーター張りの謎のマッチョ(悪の組織所属)。

おもむろに、K(B)さん愛車ルイガノRSR4(11kg)を担ぎ上げると、
全速力で疾走。

即座に異変に気づき「まてーーっ!!」と声を上げながら追跡した
K(B)さん
を難なく振り切り、K(B)さん愛車ルイガノRSR4と共に、
銀座の人ごみの中に消えていった。   《終劇》


・・・というようなことはよくあることなのでしょうか?

つうかほぼないだろ


11kgの自転車を担いで、即、追いかける人間に追いつかれないなんて
いったい時速何キロで疾走すればいいんだ?


どんだけマッチョ
なんだと、どんだけ高スペックなんだと、構成員。


最近、会社でクロスバイクを買った方といろいろ話しているらしく、
すっかり心配性
になった相方ですが、

「なんか盗まれるらしいよ~。」
とは聞きますが、

どのような時に、どのような形で盗まれるかは、
そういえば、まだ良くわからないんですよね。

盗難対策を言ってもどの程度の事をやれば、取りあえずは安心かも
わかりませんし・・・。(安心なカギの掛け方とか・・・)

だからいらぬ妄想を生むんじゃないかと・・・。

その点もおりおり研究していかなきゃなぁ。とは思っています。


その後、ルイガノに対する相方の愛の深さに神様が微笑んでくれたのか、
なんとか駐輪場が見つかりました


東京国際フォーラムの横にある駐輪場です。

10数台程度の
「多少スペースが余っていたので駐輪場でも作ってみた」

感が漂う駐輪場ではありますが(失敬)やっとさ見つけられた駐輪場です。


駐輪場


地面(?)に最低限のタイヤはさみがあるだけのものです。

しかし、駐輪場が見つかっただけでも貴重

タイヤはさみに直接カギを回せば、マッチョな構成員もさすがに
お手上げでしょう。(もし、どこぞにいればの話ですが)

この駐輪場、国際フォーラム利用者専用のようなのですが、
祈りを捧げたくなるような、蔦の絡まる自転車状態になって
いる古株さんも数台いるような・・・。


国際フォーラムの駐輪場を利用させてもらった手前、
一宿の恩義といいますか、当然の義務といいますか、
国際フォーラムでお茶することにしました。


東京国際フォーラム

国際フォーラムの広場(?)です。
ライトアップされていて結構きれいです。


ビールを「ぐびっーーー」と行きたいところですが、

そういえば駄目なんですよね。飲酒運転。


東京国際フォーラムでひと休み

法律遵守の為にここはアイスコーヒーでがまんです。

まあ、運動もしたことだし、帰ったら
本日のビール申請は認可する事としましょう。

(わが家の嗜好品は、ダイエット及び財政的事由により
認可もしくは配給制
なのです)


その後、相方の携帯を見にお隣のビックカメラによることに・・・。

前に、アンテナが折れ、液晶が消えかかっていると書きましたが、
その後更に進化(?)をとげ、メール返信機能も効かなくなりました。
(そしてとうとう昨日はメール自体が使えなくなりました)

一つ一つ携帯の機能をもがれているというか、本来の電話の用途に
回帰してるというか・・・。

人の携帯ながら「もういいよ。お前はがんばったよ。」
涙ながらにねぎらいの言葉をかけてやりたいくらいにボロボロです。


ほとんど携帯にはアンテナが消えていると思っていたのですが、
ワンセグになったため新機種にはアンテナが復活してるんですね。


新規ならまだしも、機種変では相方の希望金額「1円」(笑)
のものはないようです。


最近、携帯業界のシェア争いは熾烈を極めているようで、
店内には各社の販売員のおねえさんやおにいさんの怒号が響きわたっています。

なんか長くいるとトランス状態に陥りそうです。

わが家の場合、会社を変える気は今のことろまったくないので
機種変更なのですが・・・

山ほどある機種、響き渡る怒号に恐れをなし、

結局、優柔不断な相方(予想通り)決められず


・・・ておい。今日もやっぱスルーですか。


すっかり日も暮れ(なにせ出発が午後5時ですから)
また、相方は12kmを自転車で帰るわけですが・・・。

さすがに片道12kmは精神的にもかなりのしかかるのか、
やはりかなり浮かない顔です。

背中には「見てくれ、そして同情してくれ」と言わんばかりのあからさまな哀愁

根が根性なしなんで、なんか途中で失踪しかねない感じです。


これはドーピングカンフル剤が必要です。


(またしても)御徒町「大江戸」で夕食を食べていくことにしました。


家に帰って夕食の仕度しなくて済むし、一石二鳥
。(心の声)


これだったら銀座→御徒町までほぼ6km、御徒町→自宅もほぼ6km
なので丁度中間に休憩を挟む感じになります。

案の定、相方の顔が輝き、はりきって出発していきました。


ホントどんだけ「大江戸」好きなんだよ
。(私もですが)


今現在「大江戸」といえば大抵の事はクリアできる
確実性のあるエサ
なのです。

このエサが効いたのか大幅短縮で「有楽町」→「御徒町」25分。

「大江戸」恐るべし!
その効果たるや絶大

「大江戸」付近には駐輪場はないわけですが、
ここでは相方は、その辺のスペースにとっとと停めてしまいました

・・・「悪の組織」はどうしたんじゃい!!

相方の心。

大江戸>ルイちゃん



「大江戸最強伝説」
ここに誕生。


その後、家まで帰るのに20分くらいかかり、今回もほぼ同時に
家に着いたわけですが、

そのまま、また当然のように、えっちらおっちらとルイちゃんを
自宅和室まで運びました。

さすがにルイちゃんを運ぶのもかなり慣れてきましたね。


・・・・・・・てルイちゃんいつまでここ(和室)にいる気なんだ????


ブログランキングに参加しちゃったりしています。
できれば、クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング



ソルジャーを探して
相方が出張に出ていた為、一昨日~昨日と実家に帰っていた訳ですが・・・。


今回の帰郷の目的はいつものごとく、

「相方もいないし、実家でのんびりするか。」
でも

定期的に会わないと襲ってくる愛犬欠乏症の為(あんな問題犬でも・・・(略))

でもなく・・・いや、ホントはそれもありますが・・・

ママチャリを物色しにいったんです!


まあ、いろいろ考えた末、やはり1台はママチャリがあった方が
よかろうという結論に達した訳です。


クロスバイクへ移行した為、一度は捨て去ったママチャリ購入の道。

それが今頃なぜ再燃し、いきなり購入することにしたかといいますと・・・


ひとつは、

疲れたの・・・いつくるともわからない貴方(ビアンキ)を
 待ち続けるのに、もう疲れたの。」

というメランコリックな気持ち

ひとつは、

「せっかくの秋なのに、相方1人にサイクリングを楽しませてたまるかっ!」

「しかも先にダイエットに成功されてたまるかっ!」

という(どす)黒い情念


そして最後にして最大の理由は



あの駐輪場の問題です。

前に書かせていただきましたが、わが家のマンション駐輪場は
2階建てのもので、1、2階で2台のスペースが持分で、
各スペースにレールがあり、その上に乗せて駐輪する決まりになっているんですが、

2年間の放置期間がたたり「もうこここないんじゃね?」と両サイドの方に
思われてしまっているらしく・・・(まあ、そりゃそうですよね)

結果、両サイドの自転車がレールに停めておらず、
わが家側のスペースに完全侵食している為、

すでに今わが家に許されしスペースは

わずかに前方0cm、後方20cm



もはやそこは自転車駐輪スペースとしての様相を保っているかも

周りと接触せずに停められる自転車は、1輪車ぐらいだろうという状態です。


特に前方0cmって・・・・・(笑)



確かにわが家の場合は2年間放置したという特殊(?)な事情もあり
より酷い惨状にはなってはいるのですが、

とはいえ周りを見ても
・・・

ファミリータイプのマンションであるゆえに、
ママリャリの前後にほぼ例外なく装着されているカゴは一層巨大超ワイド!
おそらく米とか積載仕様


そのくせスペースは「一台でも多く入れたるで!」という施工主の意図が
モロ透けている省スペース

そのようなあい反する二つの意図の為、まともにレールに停めてあったとしも
どこもここも自転車同士は接触しまくりのようで・・・。

しかも、ルール無視!ご意見無用!の自転車も多くあり・・・
さながら駐輪場の中は、ぶつかり稽古状態もう肉弾戦

その惨状たるや、もはや「戦場」というに値する様相を呈しています。

特にわが陣地(前方0cm)の過酷さたるや・・・さながら最前線
しかも戦局悪し
・・・。

この“失うものはなにもねぇ”状態の古参ママチャリの中に
新品クロスバイクを駐輪するなど、

全員、黒帯猛者の乱取り稽古の中に、文学部青年(趣味ピアノ)を
参加させるようなものではないか?

おそらく苦労(?)して買った、可愛いクロスバイクは
あっという間に
謎のキズ、へこみだらけになるのは目に見えています。

おそらく瞬殺


いや。無理。やっぱ無理だから

過保護といわれようが「ボーヤだからさ」といわれようが、
あの駐輪場にクロスバイクを停めるのは、やっぱ無理だからーーーーっ!!

現状を見る前は、雨にぬれるのだけが怖くて駐輪を躊躇ってましたが、
さすがにこの現実を見ると、問題はそんなやわなもんじゃないことに気づき、
悩んだ結果、やはり1階部分にクロスバイクを停めることは
完全断念
することにしました。

そうなると、最低でも1台は部屋もしくはベランダに駐輪しなければならない
わけですが・・・。(駐輪場2階部分にはなんとか置けそうではあるので)

その点においては更に要検討ではあります。
(さすがにこのままin和室っていうのはなぁ。斬新ではありますが
不自然感はぬぐえませんし・・・)


多少見切り発車気味ではありますが、上記の事情にて、
ママチャリを購入することに踏み切ったわけであります。
(なんかこれまたふりだしにもどるだなぁ。)

まあ、いろいろ本末転倒的な匂いはしますが、あえて考えない。考えない。


「あれ?そうすっとこれまた予算オーバーじゃね?」
ですが、

下の階に自転車を入れるスペースを確保しないと、
上の階の自転車(クロスバイクを停める予定)を出すのも難しくなるので、
快適なクロスバイク生活
を送るためにはいわばママチャリ購入費は必要経費

あの(半端ねぇ)駐輪場の惨状を垣間見ている相方も、
あっさり了承
してくれました。


さて、そうなってくると“善は急げ”早速ママチャリ購入です。

前はどのようなママチャリが欲しかったのかが自分でもようわからず、

「やっぱちょっとは高めなのを買ったほうがいいのか?
 でも、そりゃあやっぱもったいないよなぁ。・・・でも・・・(以下ループ2年)」

という優柔不断の袋小路に迷い込み、結果2年間も決まらなかった訳ですが・・・。

今回は違います
心機一転即断即決!


すでにクロスバイクを手に入れるつもりですから、
ママチャリに要求されるのは、すでに決まっています。

もうあれこれ迷う隙はないでしょう


とにかくの激安さと、そしてソルジャーとしての資質のみ!

すなわちより安く、より強く「キズついても惜しくない」(ここポイント)
ことです。


なにせあの戦場のような、マンションの駐輪場で
前方0、後方20cmから自が陣地を確保しなくてはなりません。

それはまさに戦い


その絶対数として不可能なスペースに入りこめるのは
もはや肉弾戦に耐えられしソルジャーのみ!!


というわけでソルジャーたるべく、選ばれしママチャリ
探すこととなったしだいです。


そこで早速近所の自転車店を回ってみたわけですが・・・。

ソルジャーの条件、第1条「激安」


に当てはまる自転車がそうそうない。

まあ、激安というと人それぞれのものさしがあるので
この場合の激安というのはどの程度のものをいうのかと
申しますと・・・。

ずばり!
1万円。いや、小さく言っても仕方がないので1万円です。

できれば福沢氏1名様限定で!

最悪の援軍として、野口氏を数名派遣するのもやぶさかではないですが、
樋口氏までを参戦させるまでもなく収めたい・・・。


近所の自転車店には、まず、そのような厳しい条件をクリアーする
ママチャリが1台しかなく・・・。

その値段も12,800円という若干微妙に予算オーバー

色も「黒」で率直に全体的に好みとも言いがたい。

後は、通販の自転車でなかなか理想的なのを見つけましたが、
(安いし、カラフルだし、口コミ悪くないし)

やっぱ通販で買うより、実際に見て買った方がいいんだろうなぁ。
しかも即入荷しないようだし・・・。



うーーーーん
。(つうか早くも迷ってるじゃん。即断即決じゃなかったんかい)


最悪(?)どちらかにするとしても、もう少し選択肢は欲しいところ・・・。

思うに・・・。
よくホームセンターとかに売っている自転車というのは、
かなり安価だったように記憶しているけど、どうだったろうか?

ホームセンターというといい感じに大量生産臭がしているし・・・。

しかしこのマンションの近くには大型ホームセンターがあまりない

実家の近くなら山ほどあるのになぁ
・・・。

そんな時に相方の出張だったので、渡りに船というわけで
ママチャリを物色するために実家に帰ったという次第です。


前置きが長くなりましたが、今回の実家滞在時間は2日。

この間に条件に見合ったママチャリを探し、
そのまま無理やり愛車Fに載せて、
お持ち帰りするつもりだったのですが・・・。

これまた思いの他、理想のママチャリは見つからかったです(泣)。

幾ら未だデフレスパイラル脱却ならずの日本経済とはいえ、
なかなか諭吉氏1枚という自転車が見つからない。

なかには1万円を大きく切って「8,800円」というのもないでは
なかったのですが・・・なんか構造的に胡散臭い感じがして・・・。
(気のせいか全体的にいやーーな軽さながある感じで・・・)

迷えば迷うほど贅沢な気分的オプションが追加されまして、
一応、空中分解は避けたいし、最低安全を守れる形というと
「どうなのこれ?」
と悪い予感がするような自転車はやめたいなぁ。と思ったり。

そうなってくるとやっぱり1万円は超えちゃって、
それだったら近くのお店の12,800円にかけるか、

通販の1万切り送料込の爆安自転車にした方がいいかなぁ。
しかし入荷日が9月半ばだしなぁ。

・・・とやはりおなじみの優柔不断スパイラルに嵌りました。


結局、昨日ものこのこと帰ってきたわけですが・・・。

ホント駄目じゃん
今回はあっさり決めるつもりじゃなかったんかい。


一句“優柔不断 結局いつでも 優柔不断” (全てにおいて微妙に字余り)


しかし、今回はもたもたとしている場合でもないので

本日もこれからソルジャーを探しに行ってまいります



本日激安剛健なソルジャーなママチャリを迎え入れることができるのか?


乞うご期待っす



ブログランキングに参加しちゃったりしています。
できれば、クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

続・ソルジャーを探して
・・・乞うご期待っす

とか言って鼻息もあらく、昨日出かけたわけですが・・・。

結果から申しますと、(予想通り)まだソルジャー購入に至ってませんすみません。

我ながら、以前ママチャリ購入に2年ちょいも悩んでいただけのことはある。

・・・て開き直ってどうする


昨日あれから一番近い大型ホームセンターに出かけてみました。

近所とはいえ、車で40分のところにあるのですが、
さすがに超大型ホームセンターというか複合施設。

駐車場はン千台収容可能


ン千台も収納可能なのに、駐車場はほぼ満員御礼状態

ほぼ家族連れなので、ン千×家族。

ホームセンター内も結構な賑わい具合です。


自転車コーナーもかなり広く、ママチャリもピンからキリまで
各種取り揃えている模様。

すばらしい


この中になら必ずや、救世主となるべく我ソルジャーがいるはずでは?

早速物色をはじめました。

その中で最安値ママチャリは7,800円
9,800円の商品の中にポツーンとありましたが、
この7,800円の品、9,800円のものとどうみても区別がつきません。

メーカーも形も色も一緒。何かの間違い探しか?と思うほどクリソツ。

どのような判断基準で7,800円と9,800円が決定するかは不明ですが、
型落ちででもあるんでしょうか?

9,800円の商品を買うなら、この7,800円のお品でもいいのですが・・・。

アルミ色のフォルム
シンプルなボディー、値段を絞る事のみを
追求したようなその慎ましやかな立ち姿

私が求めるソルジャーの条件としては、申し分ない1品
(特に「惜しくない」ってところが・・・)

もう、探していたのは、これ!間違いなく、これ!


おまえだーーーーっ!!


・・・・・のはずなのですが

・・・燃えない

正直、燃えないんです!


この7,800円(9,800円)の自転車がずらーーーっとならんでいるんですが、
なんか量産型ザク?って感じで・・・。

まあ、福沢氏1名分で燃える商品をを期待するのもドあつかましい話ですが・・・。

このようにズラーーーっとピンからキリまで並ばれていると
なんつうかついつい高いものと比べてしまうのです。

やっぱり9,800円より12,800円・・・更は16,800円の方がいいような・・・。

わびさび
を感じられるなら、7,800円の自転車のシンプルなボディーにも
何かを感じることができるのでしょうが、
ついついバブリーで派手好きな贅沢資質がもたげてきまして・・・。

アルミ色のフォルムより色つきの方がいいかなぁ。と。

見回すと、なかなかよろしいブルーの自転車が!

ビアンキが待たされ続けているために、ついついブルーの自転車に
目が行ってしまうのか、もうこの自転車に目は釘付け

シマノのギアも付いていて、ビアンキが来るまでルイガノと走行するのにもよさそうです。

ソルジャーとしてはちょっとチャラけた色ではあるかもしれんけれども、
例えママチャリとは言えやはり気に入ったものがいいよなぁ。

値段は16,800円。


このお店の中では中堅どころの値段です。

一般自転車的には、十分安いのですが、
わが家の事情では大幅予算オーバーです。

うーーーん。やはり樋口氏ご参入ですか・・・。

今まで(私のみ)散々予算オーバーしてるしな・・・。

しかもあの暗黒の駐輪場のことを思うと、
この辺を越えるとかなり悩むところです。

いいのを買っても(といっても16,800円ですが)所詮はキズだらけになるし。

でも・・・。

1人答えの出ないループに悶々と嵌っていると、相方がやってきました。

相方「いいのあった?」

私「まあ。これなんだけど、値段がねぇ。」

相方「なかなかいいじゃん。でもこれクロスバイクみたいよ。」

・・・・・・??

よく見ると、カゴの部分に堂々と「クロスバイク」と書いてあります。

えーーーーーっ!!


ママチャリとも見まごう、この自転車はクロスバイクという
くくりらしい。

クロスバイクの定義
って・・・。

これもルック車っていうのだろうか?それにしてはあまりにも・・・

でもカゴはあるし、荷台は着いてるし・・・。

でもルック的にはどうみてもママチャリなのですが・・・。
(確かに通常のママチャリよりはかっこいいような感じもするようなですが)



いろんな意味でぼーぜんとしていると相方が、

「多少予算オーバーだけどさ。この自転車いいし、買いなよ。」

おっ。相方がかなり協力的です。


「だって、(ビアンキ買わずに)この自転車一本にすればいいじゃん。
一応クロスバイクだしさぁ。」


・・・・・・・相方?

ヤッちまうぞ???(笑)
→目がマジ


なに「今うまいこと言ったよね?」的、充足した顔してるのかな?
「むしろこの夏のベストジョークでしょ?」みたいな。

相方的にはスペシャルなジョークのつもりだったらしいが、

いいから、空気よめ。


今、クロスバイクについてのその手の冗談は生命の危機に係わると
覚えておいたほうがいいぞ。

私の全身よりみなぎる闘気っていうか殺気を察知したのか、

「じょ・・・冗談だからね?」と否定した相方ですが・・・。

冗談だぁーーー?



スマンが、今までの数々の負の歴史から、相方がそういうと
残念ながらまったく冗談にきこえん!!

こいつ「そうすればお安く済むじゃん♪おっ得ーーーぅ♪」
とかホントは思ってんだろ?と思っちゃうだろうがーーーっ

条件反射で殺意が芽生えるから、その手の冗談はやめてくれ。

普通の明るいご家庭ならこの後

「やっだーーっ。もう、冗談ばっかりなんだからぁ。笑」

という展開になるやもしれませんが・・・。

トラウマとは侮れないものです


相方がこの手の冗談を発した後、2人の間にほのぼのとした状況
発生したことがあるかね?

案の定、今もシベリアの空の下のような冷たい空気が流れちゃってるじゃん。

ちとは(黒)歴史を省みやがれ



そういえば・・・この見た目ママチャリの自転車をクロスバイクと
言わしめている定義とはなんぞや?

まさか言ったもん勝ち?サバイバルな世の中だしなぁ。

ギアがあるからかなぁ。

でもギアはママチャリでもありますよね?

・・・・・???

そうだ!!フレームです


一般ママチャリよりフレームが高位置についています。
(うちにあるルイガノよりは下ですが・・・)

うーーん
。この位置だと実際どうなんだろ。跨ぎにくくはなかろうか?

跨がせてもらうことにしました。

ルイガノやビアンキよりもフレームは低位置ではあるんですが、
さすがにママチャリのようにヒョイと前から跨いで乗れる位置にもないので

結局、後ろから足を回すようにして乗車しなければなりません。

これが、またなんとも中途半端な感じが・・・。

すごくデザインは気に入ったのですが、クロスバイクを買うことだし、

どうせママチャリを買うなら、この辺は“ママチャリ道”に徹した
自転車を購入したい。

足あげは50cmまでで済む感じの。

アンニュイな午後でも気張らずヒョイと跨げる感じの。


スーツばかりではなく、たまにはスエットでくつろぎたい。みたいな。

時にはやすらぎがほしい。みたいな。

そういう意味では、中途半端になってしまいそうなのでこの自転車は
あきらめることにしました



そうなってくいると他にある自転車から探すべきなのですが、

一度気に入ったものがあると、目移りしにくい・・・。こんなにあるのに・・・

このお店では「なんか16,800円までいけるんじゃねぇの?」という
予算繰りもしていないのに、なし崩し的に予算の幅を広げただけで終りました。

駄目じゃん


そうして、またループに嵌っている私ですが・・・。


優柔不断スパイラルに嵌る条件というのは、

①必要ではあるが特に欲しい種類がない製品

②なくてもちょっと困る程度

③選択肢は多いが、似たようなものばかりでどれを選んでいいか不明

・・・とこのような感じなんですが、ママチャリの場合この条件に
ぴったりなんですよね。言い訳がましくて、すみません。

今回は「激安」「剛健」「惜しくない」の3つの条件があるから
「さすがに即決だろ」
と思ってましたが・・・。

侮りがたし、優柔不断人間
。(て自分なんですけどね)


本日も又これから近所の自転車へと、ソルジャーを探す旅へと出かけてきます。

今日こそ巡りあえるのか?


つうか優柔不断を何とかしたい。


ブログランキングに参加しちゃったりしています。
できれば、クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング

ママチャリ決定!
「即断・即決」とか言っておきながら、

もうかれこれママチャリ探して4日目です。

ここまで条件は決まっているのに、なぜ決まらん?!

(我ながら)ホワーーーイ?

まさに優柔不断のスパイラルに陥っているわけですが・・・。

ところで優柔不断って病院で治るのでしょうか?

その場合保険は利くのでしょうか?


今度こそ、優柔不断スパイラルの負の連鎖を断つべく、決意を込めて自転車店向かいました。

「閉店、閉店」といっていつまでも閉店しない紳士服の店舗のようですいません。


今回のお店は、以前2回ほどクロスバイクを見に来たA店です。

このお店は家から徒歩10分くらいのところにあるお店で、

店舗の半分がクロスバイクやMTBなどの自転車、
後の半分がママチャリのようなシティバイクが売っているお店です。

以前来た時はクロスバイクがお目当てだったので、
まったくママチャリはノーチェックでした。

しかし、かなりママチャリを保有していたような記憶があるので、
行ってみることにしました。

まさかママチャリを買いに、三度このお店を訪れることになるとは
思いもよりませんでいた。(遠い目)


このお店、天気がよいせいもあるのか、お客さんがひっきりなしに入っています。

見ていると「この狭い街でどんだけ自転車を必要としている人がいるんだ?」
という程次から次へと自転車が売れています。

その売れっぷりは一瞬「いつから自転車って消耗品になったんだ?」
思ってしまう程です。

さっきから見ていると、ヘタなお店のトイレットペーパーより売れている感じです。

余計なお世話ですがそんなに売れるもんなのか?自転車。
(自分もその一環のくせになんですが・・・)

前に来た時も結構お客さんはいたけれど、こんなに凄くなかったような・・・。
季節の変わり目だからか?

私がいる間も3台も売れてました。

今?なぜママチャリなのか??
・・・いや、考えても仕方のないことに思考を使ってどうする。


そんな満員御礼、大忙しの店員さんの接客の合間になかなか入り込めず・・・。

先に購入自転車の候補を決めたおくことに・・・。

これだけ売れているのでなかなかママチャリも豊富です。

まず、入口付近にはお約束のお店のイチオシ激安商品

どうやらこのお店のイチオシママチャリは

10,800円
12,800円


どちらもお値段の割にはカラフルでカラーが選べます。

特に12,800円の方は泥除けの部分にもペイントがしてあり、
色もパステル調の赤、青、黄でなかなかおしゃれ。

早くも相方の顔に「これでいいじゃん」的表情が浮かんでいます。

まあ、待ちたまへ
。そうそうはやるでない。

掘り出し物があるかもしれんし、キチンと店内も物色してみようではないか。


奥の方にはクロスバイクやMTBがおいてあるだけあり、
ママチャリ風のビアンキが置いてあります。


これカテゴリーママチャリ?


こんなおしゃれなママチャリがあっていいんですか?!

クロスバイクでは見かけなかったのですが、
赤のビアンキ「PRIMAVERA-L(レッド)」もいいですね。






チェレステカラーのこちら「VAGGIO-L」も売っていました。

ほ・・・ほしい!!


はっ!
いかん、いかん。

ついついバブリー気質が駄々漏れちゃいそうですが、

こんな高価でかっちょいいママチャリ(?)を買ったらまさに本末転倒

おしゃれ度的には最上級ですが、ソルジャー的には資質0だぞ。
とくに「傷ついてもまったく惜しくない」度が最悪だ。


「やっぱり、あの駐輪場に置けない!」となり、更にin和室の居候(?)が増えるだけです。

クロスバイクだけで2台置いちゃう方向にググッと傾いてるのに、

これ以上、部屋置きの自転車が増えたら、

人口(?)比 自転車>人間


自転車置場の中に人間が住まわしてもらっている感じになりそうです。


そもそもママチャリ買いに来た意味ねぇし


あくまで希望はあの「ご意見無用!」の駐輪場で戦えるママチャリです。

バブル幻術
に嵌るところでした。

思い直して、となりを見るとチェレステとは若干色は異なりますが、
なかなかよさそうな青い自転車が・・・。

ハンドル部分には、でかいシマノのギアが付いてます。

お値段:18,800円也


うーーーん


悩んでいると相方が値段を見て

「なかなかよさそうだけど、外の12,800円もいいよね。」

確かによさそうだけど、高いよね

次に目に入ったのが、同じタイプでギアなしのもの

お値段:15,800円也


そして相方
「これもなかなかよさそうだね。でも外の12,800円もいいよね。」

相方が外の12,800円の自転車に誘導しようとしているのはミエミエ

確かに外のある12,800円の自転車も悪くはない。

しかし私は一度掴んだ予算は手放さないタイプ。

昨日、なし崩し的に決まった(?)16,800円の壁ですが、
もうすでに頭の中では限界予算として頂いちゃっているようです。
まあ、よく考えれば結局最後は自分の首が絞まるんですが・・・。


その時はなんか不思議な幻術に嵌って「まっいっか」モードになるですよね。

そうしてクロスバイクも(私のだけ)大幅予算オーバーしたわけですが・・・。

樋口ライン
は守りたいと思っていても、
心のどっかで「16,800円までは大丈夫だろ」(根拠なし)という悪の声が・・・。

そしてその“悪の声”にあっさり屈する、私のシンプルな脳

人間は結局、脳の指令には逆らえない生物なのですね。

脳がそう決定している以上、当然目に入る自転車は
15,000円以上
のものでばかりで・・・。

いろいろ物色した結果、
相方の「でも外の12,800円もいいよね」攻撃をかいくぐり、

結局私が最終的に候補にしたのは

ギアなしの15,800円のものか


ギアありの18,800円のもの
です。

・・・てやっぱり密かに予算再びオーバーしちゃってるじゃん!

ギアありの方!!


厳密に言えばギアなしも予算オーバーですが・・・。



一度、樋口攻防ラインを越えると、かくも簡単に次のラインまでの
侵略を許すものなのですね。(なんか人事みたいに言ってますが)


さて、そうと決まれば(?)この2台の自転車からどちらにすればいいのか?

店員さんに聞いてみました。

お店の方がおっしゃるには、

近場を走るならギアはなくてもいいのでは?
 遠出をするならギアがあった方が快適です。
 ギアがあると好み感じのところでギアを設定して置けるのも便利です。」

なるほど


うちの場合は、クロスバイクが来るまでは遠出はしますが、
来たら近間中心になるでしょう。

9月末~11月の間
には注文していたビアンキが届くはずですし、
それまでの間のツナギ的存在なんだから、ギアはなしでもいいような気もします。

しかし、最悪11月とは・・・やっぱ長いよな。

せっかくの秋だし、その間相方のルイガノとサイクリングなんかを
しまくるつもりです。

走っている最中にあまり差が付くのも、正直くやしいつうか許せない。

でもそのうち長距離はクロスバイクにするんだし、ギアなしの方が若干安い

ギアなしだと15,800円の予算内

ギアありだと18,800円で更に予算をオーバー

考えたくないけど、最初の予算からだと更に諭吉氏約1名分オーバーです。

(今更ですが)確かにこれはデカイ。かも。

ギアありか?なしか?


つうかギアってどんな感じだったけ?
ママチャリを乗ったのは遥か昔です。すでに記憶の闇の彼方。

悩んでいるとお店の方が、

「違う自転車ではありますけど、
ギア付きの自転車に乗ってみてギアの感じを確かめてみますか?

と言って下さいました。

早速、路地裏でお店で借りた、ギア付きママチャリを乗ってみることに・・・。

乗ってみて「あれ?」と思ったのですが、
ホントこの感触って何年振りだっけ?

クロスバイクは跨いだだけだし、実際自転車に乗るというとなると・・・。

えーーーーっと

あれはそうさのぉ。まだバブルの余韻が残る頃・・・だったかのぉ。

そんなことを思いつつ、脳内では颯爽と漕ぎ出したつもりですが

現実は、
「う・・・うまく漕げん!!」


まっすぐ漕いでいるつもりですが、蛇行につぐ蛇行

バランスが、取れない!


頭ではできているのですが、体がついていかないっていうか・・・。

狭い路地だったから余計かもしれませんが・・・。

衰えてる、衰えまくってるよ。私の感覚器官!

思わぬところで(またもや)老化を感じ、ブルーです。

ブルーin路地裏
。もう、せつなさ倍増。

いや、こんなんでいきなりクロスバイクなんて片腹痛かったかも。

かなりの自信喪失は見たものの、なんとなくギア付きの感覚はつかめました。

どうやら自分の好みのギアの段階があるらしく、

やっぱりギアがある方が便利なような気がする。

しかし・・・またまた予算オーバー

相方の「外の12,800円にしなよ」と言わんばかりの視線が痛い。

「どちらの自転車になさいますか?」
とお店の人

平静を装いながらも、私の頭の中ではあらゆる思惑と計算交差している。

そして気が付くと、

「ギ・・・ギアつきのほうで!」


と言ってました。

相方の顔が一瞬「またかよ」という顔になりました。

・・・そう「また」なんだ。すまん


・・・つづきます。

ブログランキングに参加しちゃったりしています。
できましたら、クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキング




広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。