クロスバイクを買っちゃうぞ!
初心者がクロスバイク乗りになるまでの軌跡
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボジョレー・ヌーヴォー
今日は、1日雨の土曜日でしたので、霧雨のような雨にポタることもできず、
車で出掛けるのも面倒で、一日家でビデオデッキ(と今も言うのか?)の
容量を開けるだけの作業に勤しんでいました。

今週末からほぼ1週間家を開けるので、なるべくHDDは空けとかないと・・・

さて、11月15日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日でしたが、
当日は相方が飲み会だったので、解禁日翌日の昨日わが家は
ボジョレー・ヌーヴォー解禁会をしました。

ボジョレー

家族構成員が中年2人では、年中各イベントが盛り上がりが少ないのですが、
このイベントはある意味珍しい酒を飲むだけのイベントなので、
なんとなくわが家は毎年参加することにしてます。

そもそも日本でボジョレー・ヌーヴォーをゴリ押し流行らせた根拠というのは、
11月の第4木曜日が解禁日で地理的事情から日本がいち早く飲めるから・・・
だった気がしますので、15日に飲まなきゃ無意味じゃんという感じなのですが、
所詮、わが家的には酒を飲む根拠でしか無いので、まあ、いいか。

どうせ本来の目的はバブル景気で金銭感覚がバカになっている日本人にワインを
高く売り込みたいという事でしょうしね。

ところで今年のボジョレーの評価は、

「史上最悪の不作だが、ブドウの品質はよく熟すことができて健全 」

って、どうしたボジョレー!!∑(゚∇゚|||)

ボジョレーの歴代評価は、毎年毎年、10年に一度の出来栄えだの、
50年に一度の出来だの、100年に一度の出来だの、そしてその100年に一度の
出来の2年後にここ数年で最高の出来だの、もはやギャグとしか思えない
自画自賛の嵐だったはず・・・

初めてマイナスっぽいフレーズが入った事に驚きを禁じえません。
まあ、最終的には自賛で締めてますけどね。(ぼそっ)
今ひとつなぶどうをここまでの品質に押し上げた俺様偉い・・・みたいな。

飲み口はまるでジュースのように薄く、水で薄められたようなあっさりとした味わい。

ボジョレー

アルコール分もワインと同じはずですが、口当たりが軽いので、
まったく酔う気がしない(そして実際酔わない)のがいいところです。

一応、このボジョレーで1,580円とわが家のワイン予算としては超高額レベルですが、
キャップはスクリュー型でコルクですらないし。

わかってはいるけど、相変わらず安物のワインを高値で飲まされている感が半端ない。

まあ、正月の旅行とかもごっつボラれる高値なので、そんなものなんでしょうね。

とついつい文句めいたことばかりを言ってしまいましたが、
わが家が盛り上がる数少ないイベントなので、
来年も評価フレーズと共に楽しみにしているぜ、ボジョレー。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
1人ポタin東京
タイで相方が無事レンタサイクルに乗っていたまさにその日(11月4日)、
私も1人ポタに行っていました。

タイ出張に向けてレンタサイクルをいろいろ調べて送り出したものの、
何せ海外のこと、もしかしたらレンタサイクル店が閉店しているかもしれんし、
相方がわずか1日の休みの中で上手いことポタに行けるかは、まったくの謎でした。

しかし首尾よくポタれた場合、私の方でポタらなかったらシャレにならんような気もするので、
私の方でもきっちり週一ポタノルマを果たすべくポタへと出掛けました。

行き先は「東京駅」

この度、新しく生まれ変わった(というより創業当時の形に戻った)東京駅ですが、
東京駅前のイチョウ並木がいい感じに色づいているという写真付きの記事を見まして、
そのイチョウ並木を見に行ってみることにしたのです。

特に問題もなく東京駅近辺まで着きまして、目的地の東京駅前のイチョウ並木の寸前の
数ブロック手前にもイチョウ並木があったのですが、

東京駅

めちゃくちゃ青々と茂っとるっ。
(今は紅葉しているかもしれませんが)

まだ完全夏色のナンシー(古っ)やないかと。

これでさして気温も変わらない数ブロック先のイチョウ並木が
秋色に色づいているとは到底思えない。

・・・騙されたと思いました。

そう言えば、今は人生と共に刻まれた深いシワもはみ出したお肉も、
写真上では簡単に無い事になる時代です。
写真をちょいちょいっといじって紅葉させるように見せかけるなんて、簡単なお仕事だろ。

しかしせっかく来たので騙された己を自嘲する意味でも写真の場所まで行ってみようと、
東京駅に向かったところ、こちらのイチョウは種類が違うのか確かに色づいてました。

東京駅

カメラがショボいので今ひとつアングルの良さが伝わりませんが、
この場所からだとイチョウ並木の末にレトロな東京駅舎が見えるという
べストポジションのようで、私の他にも何人かの人が写真を撮っていました。

さて、スタートが遅かったのでこれしきの事で、そろそろ夕飯の時間となりましたので、
どうせ相方もおらんし、東京駅舎と共に新しくなった八重洲地下街で食事をとって行く事に・・・

1人ポタでもこのスロースターターぶりと言うことは、いつもわが家のポタがスロースタートなのは、
ほぼ私に原因があるんでしょうね。(テヘッ)

さて、まだ日本がバブル景気のまっただ中にいた大昔、私は東京駅近辺に勤めていたので、
その頃は毎日のように八重洲地下街を通っていたのですが、
当時ですらしょっぱい感じだった地下街もリニューアルですっかり美しく様変わりしていました。

当時は地下街のどこにどんな店があるのかほぼ把握していたのですが、
新しいお店も出来、というかほとんど新しい店となっているようでして、
小学校以来20年ぶりに会った女子のごときの変貌ぶりに、もう何が何やら状態です。

そんな大規模リニューアルな状況に、近頃は東京駅自体が観光スポットになっているようで、
日曜という事もあってか八重洲地下街も結構な混雑。

タイに出張中の相方が毎日のように安くて美味しいタイ料理話をするので、
日に日に私の頭の中もタイ料理に侵食され、この日の夕食はタイ料理希望だったのですが、
「こんだけ新しい店があるんだから、どこかにタイ料理あんだろ」と思いヤエチカを彷徨っているものの、
意外となかなか見つからず、人波に流されていくうちに八重洲地下街の奥に辿り着きました。

予算の問題なのか、この奥の方はまだ昔のしょっぱいヤエチカの面影が残っていまして、
そこで再び案内版を見ると、八重洲地下街から直結しているビルにタイ料理店があるらしい・・・

案内に従いそのお店のあるビルに行くと更に人気が少なくなり、
ほんのちょっと八重地下から離れただけというのにノー喧騒、ゼロ喧騒、いや、むしろマイナス喧騒。

新東京八重洲地下街の喧騒はどこへやら、大都市と過疎村程の人口密度の違いがありました。
どうやらこのビル自体はオフィスビルのようなので平日の方が賑わうのかもしれません。

静かな湖畔のようなビル内なので、当然、タイ料理店も静かな湖畔。

目指したお店はこちらの「沌」さんですが、

東京駅

日本でタイ料理のお店というと、高級っぽ過ぎて1人では入りにくいお店と、
別な意味で1人では入りにくい店が多いような気もしますが、
こちらのお店は高級過ぎず、砕けすぎすで比較的1人でも入り易いお店でした。

それでも店内からは人の気配があまりして来ず、入口からは中が見えないので
恐る恐る入入店したところ、

客が私一人しかいねぇ。

その心細さに小心な私はちょっと動揺しましたが、取り敢えず席に座り注文することに・・・

改めてメニューを見るとタイ料理は美味しそうなサイドメニューや
取り分けて食べると良さそうなメニューも多いのですが、
1人だと種類が食べられないのがネック。

そしてあれこれ迷った末にタイカレーという至極平凡な注文に
落ち着く事になっちまった自分の平凡さが恨めしい。

こちらは「鶏肉と筍のレッドカレー」(1,380円)

東京駅

さすがにこの状況で店員さんがフロア内にいるとマンツーマン状態で息が詰りますが、
幸い店員さんは見えないところにいたので、思う存分ぼっち状態で食べられたのはありがたかった。

具だくさんでなかなか美味しいカレーでした。

その後は、丸の内のビル内をちょっと散策した後、1人ナイトライドで家に帰ったのですが、

東京駅

丸の内の街路樹は華やかにライトアップされていて、「もうすぐ冬なんだなぁ」という気がします。

そして家に帰って相方が無事タイで週一ポタを達成した事を知ったのですが、
世界規模的なエコブームでどの国でも結構レンタサイクルってあるもんなんですね。

今後、またどんな危機的状況が訪れるかわかりませんが、(一応)めでたし、めでたし(?)

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
バンコク自転車日記
どうも、こんにちは。くろばいBです。

日曜日にタイ出張から帰ってきました。

さて、タイ滞在期間中の唯一の休日だった11/4(日)ですが、
前に速報的にも書きましたがレンタサイクルに乗ってきました!
ということで今回はバンコクのレンタサイクルレポート
書かせてもらいたいと思います。

タイは10月中旬から「乾季」に入るらしくこの滞在中も雨はほとんど降りませんでしたが、
この日もいいお天気で、気温はおそらく30℃を超える暑さです。
いつもはホテルでの朝食なのですが、この日は少しゆっくり起きて、
ホテルの近くのお店で朝食をとろうとふらふら歩いていました。



カフェのようなお店を見つけたので入ってみることにしました。
お昼はしっかり食べようと思っていたので、朝は軽めにデザートとドリンクにしてみます。



ドリンクは「ココナツシェイク」
さっぱりとした甘さでとってもおいしかったです。
タロイモを使ったデザートは予想に反して暖かいデザートでした。
タロイモのペーストとココナツミルク、中にはもち米が入っています。
もち米とココナツミルクの甘さの組み合わせは最初はちょっと違和感がありますが
慣れるとなかなか美味しいです。おはぎのような感覚に近いかな。

満足したところで一度ホテルに戻って出かけるぞ、と思い来た道とは少し違う道で帰ってみようと
思ったら、案の定いつもの方向オンチぶりを発揮して道に迷う!
私が泊まっていた地区はホテルがたくさんあってどの路地を曲がるかわからなくなってしまいました。
なんとなくの方向は合っていると思って歩いていたら、駅の近くに出ました。

今回のレンタサイクルがあるという公園はくろばいが事前に入念にリサーチしてくれて
(といってもタイ出張が決まったのは出発二日前だったのですが)
ホテルの最寄駅から地下鉄で一駅のところにあることは頭に入っていました。
駅とホテルは徒歩10分程度の距離、ここまで来たのにホテルまで往復するのも面倒な気持ちになり
思い切ってこのまま目的地に向かってみることにしました。
この後、この選択を後悔することになるとは…

ホテルに戻って出直すつもりだったので、財布だけ持ってあとは手ぶらだったため
当然ながらガイドブックも持っていません。
向かう先は確か「なんとかセンター」という駅だったなということで
まずは切符を買おうと自動販売機に並んでみると
駅名がタイ語で読めない!
とあせっていましたが、よく見たら表示を英語に切り替えるボタンがありました。ホッ。
向かう先は「クイーン・シリキット・センター」という駅だったようです。



切符代わりにこのようなコインのようなものを使います。

さて、一駅だけ地下鉄に乗って降りた先にある
クイーン・シリキット・センターというのは日本で言うと「幕張メッセ」のような
大きなコンベンションセンターです。
事前に地図で見るとこのセンターとお目当ての公園はとなり合っているので
行けばすぐ分かるだろうなと思っていましたが、甘かったです。
大きなコンベンションセンターのため、どちら側に行ったらいいかいきなりわかりません(><)

駅にあるざっくりした地図には端っこの方に公園の一角かもしれないものが書かれていましたが
それを頼りに片方の道を選びました。
向かう先もなんとなく緑があったので、きっと公園に違いないと思って歩いて行きましたが
歩いていくうちにどうも様子がおかしい気がしてきました。
あきらめて駅に戻ることにします。

ガイドブックを持ってきておけばと思いましたが後の祭り。
途中で標識を見つけて進むとどうやら最初の道の選択を間違えていたみたいです。
そちらに進むと比較的すぐに辿り着くことができました。



30分以上ムダに炎天下を歩き回った末、ようやくベンジャキット公園に着きました。
この公園は一周1.5kmほどの大きな池を囲む形になっています。



「本当にレンタサイクルは借りられるのか?」「貸出場所はどこにあるのか?」というのは
ガイドブックにも書いてなくて不安ではあったのですが、公園に入ると早速ナンバーをつけた
自転車に乗っている子供たちを発見!
これは確実に借りられそうです。
貸出場所もヘタすると反対側まで歩くのかなと思いつつ歩いていると
程なくそれらしき建物が見えてきました。



かなりの台数がそろっていますが、ほとんど利用されている感じがありません(汗)
しかも子供用のサイズがかなり多いんですよね。



1時間で40バーツというのはお手ごろ価格ですが、タイでの物価を考えると少し高いのかもしれません。

大人が乗れそうなのは一車種しかなさそうなので、シンプルなママチャリのような
こちらの自転車にしました。
今日の相棒です。



ギアもなく車体も重いし、見たところ整備が行き届いているとも思えなかったので、
「これで走るのは少しキツイかも」と思わないこともなかったのですが、
いざ走り出してみるとペダルも軽くスイスイ走れます。
旅先でハイになっているせいか、妙に軽く感じます。

公園内は自転車用のコースがきちんと決まっていて全体的にほぼ平坦で気持ちよく走れます。
事務所(?)から少し離れたところで改めて自転車の写真を撮ろうと思ったところ、
なんか見覚えのあるマークが…



って、あなたはラレーさんではないですか!
まさかバンコクでわが愛車(くろまるくん)と同じラレーの自転車に巡りあうとは。
こういう一期一会(というと大げさですが)もレンタサイクルの醍醐味です。





公園は池の周りなので水辺を走る気持ちよさもあり、花が咲いていたり、
なかなか快適です



途中あちこちに駐輪スペースもありましたが、どこも一台も止まっていませんでした。

本気でスポーツサイクルに乗ってる方が一人いましたが、それ以外は最初に見かけた
レンタサイクルの親子連れ、あとは普通に通り道として利用しているような地元の方が
自転車に乗っているのを二人ほど見かけただけで、自転車道もあまり使われていない様子でした。

のんびりと4周ほど走って、これで週一5kmのわが家のポタ規定もクリアしたところで
自転車を返します。

なんだかんだとお昼を過ぎたので昼食を食べようと思ったのですが、ガイドブックもなくて
どうしようかと思っていると公園に面したレストランがあってなにやらバーベキューのような感じで
いろいろ焼いているようです。



入口を見ると559バーツでブッフェ形式で食べ放題のようです。
他に当てもないので入ってみました。

ホテルのブッフェのようなきれいな雰囲気の場所で、種類も豊富。







お刺身や生牡蠣も。(マグロの刺身は正直イマイチでしたが)



ビールなんかも頼んじゃいました(80バーツ)。
タイのローカルビールSHINGHA(シンハー)です。



バーベキューも食べたいものを頼むのですが、頼み方がよくわからず
適当に頼んだら、エビが大量にやってきました。
これで一人前!とあせっていたら・・・




続いてカニがどーんと丸ごと二匹やってきました。
こんなに食べられるかなと軽く心配になりましたが、
結構食べられるものですね。(^^)v



デザートのアイスクリームまでしっかりいただいて大満足でホテルに帰りました。

今回もなんとかバンコクでレンタサイクルに乗り、海外でのレンタサイクルはハワイ、台北に続き
3ヶ所目を制覇することができました。
なお、今回は公園内だったので安全に走ることができましたが、
公道はかなり混沌としているので危険だと思いますのでご注意ください。

いいレンタサイクルに出会えて、唯一の休日も充実して過ごせました(^^)


ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
タイ土産
長いようで短く、短いようで長かったような気もする約2週間のタイ出張から
昨日無事に相方が帰って来ました。

あちらでは早朝に会社からバスのお迎えが来て、夜遅くに送られホテルに帰って来る、
そして休みは1日しか無く、おはようからお休みまでほぼ仕事という労働条件、
その上、帰国日は早朝ピックアップで、せっかくタイに行きながら周辺観光どころか
周辺探索すらほとんどままならない状況だったらしいです。
(まあ、仕事で行ったので仕方ないのですが・・・)

相方はどちらかと言わなくてもお仕事大好き人間とは言い難いので、
慣れない外国でそのような労働を課せられたら精神的に痛めつけられた帰ってくるだろうと、
ちょっと心配していたのですが、帰って来た相方は意外と元気でして・・・
その元気の一旦は本場のタイ料理が美味くて安かった事にもあるようです。

いーなー、本場のタイ料理。

わが家のポタのモチベーション成分の多くは、食い意地で形成されているところがありますが、
食い意地がはっているとある意味救われる部分もあるのですね。

そんな良好とは言い難い労働状況だったので、正式に土産物なんぞは買う暇もなく、
買って来てくれた土産はコンビニ等で買った製品なのですが、

タイ土産

現地の地名が入っているだけで、その実、どこでも買える感じのチョコやクッキーなどよりも、
かえってこのようなお土産の方が面白くてありがたい。

日本企業のお菓子もあるようで、アジアのどこでもある気がする定番商品「プリッツ」の他、
カールもありました。
なんかめちゃくちゃカールおじさん全面押し。

タイ土産

タイ版カールだからさぞかし辛いのかと覚悟していたのですが、
意外にの辛い味でなくむしろ薄ら甘い感じで、どこかコーンポタージュ味のよう。

あの軽い膨らみがカールの最大の特徴にして醍醐味だと思うのですが、
日本のカールに比べ、タイカールは若干平べったい感じで、

タイ土産

軽い食感はタイの方にはウケないんですかね?

そして現地の商品には違いないが、見た目では良くわからないこれ。

タイ土産

マンゴーと書いてあるのでマンゴーのドライフルーツのようですが、
見た目だといわゆるドライフルーツというよりも干しただけの物。

タイ土産

ゴボウの干物のような感じで、正直、不味そう。

私の感覚からすると見た目は超微妙ですが、
いやいやかえってこういう食品の方が美味しかったりするだよな。

と口に運んだところ、日本では食品としてはあまり使われない系の異臭香りがっ!

その異臭香りにやられ相方も私も軽く悶絶。

食品以外ではどこかで嗅いだ事があるのですが、それが何だか思い出せません。
確かゴムとか化学薬品系で嗅いだような臭い?

鼻から5㎝のところまで持って行くのも至難の業だったのですが、
取り敢えず味は確認したかったので、食べてみたのですが、
この香りを押してまで食べる感じの味とも思えず・・・

日本と外国とでは味覚の違いもありますが、臭いに関しても感覚の違いがあるんですね。
外国の方が納豆とかタクワンの香りを嗅いだ時の感覚はこうなのかも。

そうしてもう一つ惹かれたのが、タイの菓子パン。

タイ土産

つーか"お菓子パン”と日本語で書かれているので、日本式のパンなのかもしれませんが、
それにしてもパンダナスって何?!

この食品の名前なのか、それともタイではパンをパンダナス(ちょっと響きが可愛い)というのか?

どの道聞いたことねぇ。という言語ですが、どうやらパンダナスとは、果物の種類のようです。

薄く切られた2枚の緑色の食パンの何故か一枚目だけに、
パンダナスと思われるジャムが塗ってあります。

タイ土産

パンダナスが甘すぎて、食パン1枚では対処できないという事だろうか?

予想外にパンダナスジャムはさほど甘くなかったのですが、
また香りがちょっと日本では食品に使われていない系の香りでして・・・
(こちらは悶絶するまでの香りではありませんんでしが・・・)

具体的に言うなら子供の頃に駄菓子に売っていた風船玉(非食品)の臭い。

食べる前に香りでちょっと気力が削がれるのはアレですが、
味自体はそんなに悪くない味でした。

行く前はあまりにバタバタなタイ出張でしたが、一時は諦めていた週一ポタも
タイで達成できたのも良かったです。

そうは言ってもこの後もタイ出張があるという話もあったりなかったりするので、
年末も近いのにどうなることやらです。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事
リアルママチャリ号deポタ
早いもので明日は相方帰国の日になりましたが、私は未だしょう油の街市にいます。
(明日には帰りますが)

しょう油の街市はこのところお天気が最高潮に良好で、秋晴れの日が続いていますが、
本日は両親が旅行に出掛けまして、ちょっとご近所まで頼まれごとをされたので、
ここぞとばかり母の新自転車を試乗してきました。

こちら「電動ニューリアルママチャリ号(中古)」

清水公園

棚から降ってきたような頂き物の中古品なので、最新式よりもちょっと型落ち感は否めませんが、
まだまだ立派に走る電動ママチャリです。

古いタイプゆえか車体が重く、車体の重さと電動が作動した時の軽さおギャップに、
最初はハンドルが取られるような感じがしましたが、問題なくすぐに慣れました。

ギアも3段階あり、貧脚な私には最重ギアなど普段は縁のないシロモノで、
自分の自転車も最重ギアは蜘蛛の巣がはりそうなレベルですが、
やはりここは最重にするのが電動アシストの醍醐味。

ギア1から順々にギア3に入れると、確かに1→3はペダルが重くなりますが、
その分、電動アシストががんばってくれるので問題はなく疾走できます。

坂道になると見えない天使が現れて、ペダルを一緒に漕いでくれるように軽くなるので、
いつものように坂道にビビって遠回りする必要もなく(ホント絵に描いたようなヘタレだな、自分)
むしろかかって来いやー。

普通の坂道ならばあまりスピードも落ちずに疾走できるので、
うっかり自分の力を過信してしまいそうです。

普段、坂道をヘーコラしながら漕いでいる時、涼しい顔をした高齢の女性に抜かされ、
「電動とは卑怯なり!」と(心の中で)逆恨みする事がありますが、
今、私は、あきらかにそっち側になってるぅ。

母から言いつかった用事を済ませた後は、快適ついでに脚を延ばしまして、
しょう油の街市だったらここだろ(つーか、ここ以外ないだろ)な「清水公園」に向いました。

そろそろ紅葉シーズンなので、清水公園の木々も紅葉してきているはず・・・

心配なのは燃料切れだけでしたが(電気が切れた場合、通常のママチャリより悲惨な事になりそうだし)、
片道分の電気は余裕で残して、快適なまま清水公園に到着。

いろいろな種類の木が植えてあるので、種類によってはそこそこ紅葉しているものの、

清水公園

紅葉界の帝王もみじの紅葉ははまだまだな感じでした。
(市報によると11月下旬から12月上旬までが見頃?)

清水公園

でも普通の赤い紅葉とは種類が違うのか、黄色い紅葉は綺麗に紅葉していて、これはこれで綺麗。

ここ数日、しょう油の街市近辺を車で走っていると、今年は気温の変動ぶりが
紅葉にぴったりだったのか、町中の街路樹も綺麗に紅葉している場所もあり、
特に桜並木の紅葉は、いつもの年より綺麗に紅葉しているように感じられました。

なので、桜で有名な「清水公園の桜の紅葉も今年は綺麗かも」とその辺も期待して行ったのですが、
何故か清水公園の桜並木はすでにハゲ山(の一夜)でした。

清水公園

そして秋と言えば私が好きな植物はススキなのですが(恐らく色が金目の物っぽいから)、
昔はその辺に普通に生えていたススキも、最近は少なくなっているようで、
子供の頃は実家の近所でも見掛け過ぎる程見掛けたのですが、
開発の影響もあってか近頃はめっきりと数が少なくなってしまいました。

ラベンダーとかコスモスならまだしも、わざわざ植えとくような人気の植物でもないし、
ススキの群生地というのはあまりないので、ちょっと寂しく思っていたのですが、
清水公園からの帰り道、ふとみると清水公園近くの川にススキの群生地が・・・

清水公園

青い鳥はこんな近くにいたんだね。

車でこの辺りを走る時は通らない道なので、こういう発見も自転車ならではですね。

ブログランキングに参加中です。よかったらポチッと二つ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 人気ブログランキング
関連記事


広告



カテゴリー

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
人気ブログランキング



プロフィール

くろばい

Author:くろばい
愛車ビアンキ・パッソ
【愛称:ビンちゃん】
愛車2ビアンキ・ミニベロ9
【愛称:ベロンチョ(ベロちゃん)】
激情にながされ1週間で購入に至る
愛車3ママチャリ
【愛称:ソルジャー・チャーリー】
現在自転車3台を所有。
あまりの自転車の増殖率に
恐れおののく日々。
これ以上、増えることはないと
思いつつも、自分が信じ切れない
今日この頃・・・。

相方(くろばいB)
愛車:RSR-4(ブルー)
【愛称:ルイちゃん】
愛車2:ラレー・RSW SPECIAL
【愛称:くろまるくん】
新たにミニベロを購入して、
自転車わが世の春を謳歌中。
自己開発のアンゴラダイエットの
お陰で(いまのところ)メタボリック
危険水域を脱出。
しかし現在、ポタ時はポタメシを
思いっきり解禁しているので、
リバウンドに王手か?



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カウンター



ブログ内検索



RSSフィード

  • seo



おすすめの自転車本

わが家の自転車メンテナンスのバイブル!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。